英語独学虎の穴  そうだ、海外行こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

そうだ、海外行こう

5月の連休をからめて10日間ほど海外に旅行に行こう。

ここまで積み重ねたことが、本物の英語環境でどこまで通じるか
を知りたかったし、

非日常的な経験をして脳が刺激を受けることで、また学習意欲が
沸いてくるかも知れないという期待もありました。

目的地はもちろん英語圏。

それまでずっと北米英語を勉強してきたので、行くならアメリカか
カナダかなと思っていたのですが、きれいな海が見たい(そして
入りたい)というよこしまな気持ちにどうしても勝つことができず、
結局オーストラリアを選びました。

ネットで検索すると、オーストラリアの東海岸沿いに海がきれいな
ところが多く、中でもバイロンベイという小さな町には、季節によって
はイルカや鯨が現れるとのこと。
 
ブリスベンからサーファーズパラダイスを経由してバイロンベイまで
行こうと決めました。


旅に際して、自分に二つ課題を課していました。

一つ目は日本語を一切使わないこと。

もちろん英語環境に身を浸せば英語が口から溢れて出て来ると
いうような幻想は持っていませんでしたが、多くの方がやるように、
それを信じてまったく準備なしで行くわけではありません。

たった3ヶ月とは言え集中トレーニングを積み、一応土台と言えるも
のを作った上で行くわけですから、そりゃ何がしらのことが持たら
されると期待したってばちは当たらないでしょう。

もう一つは航空券以外はホテルなど一切予約せずに、現地について
から色々聞きながら全て決めようというもの。

もともと旅は好きで、大体の目的地だけ決めたら体一つでその地に
行き、地元の人に色々話を聞きながら次の行き先地を決めるという
スタイルで47都道府県すべてまわったほどです。

いざとなれば野宿もいとわないという、「ホテルのランクがどうたらこう
たら」というのとは対極の貧乏旅行ばかりでしたが。

旅は自由だ、人とのふれあいだ、などとえらそうに言いながら

海外となるとパック旅行専門で、入国審査以外は出来る限り英語を
避ける、結果的に旅行中ほとんど誰と話すこともなく旅を終えるという、
テレビの画面を見ているのと変わらないような味気ない旅ばかりでした。

どうですかこの内弁慶ぶり。それもこれも英語ができなかったことが
原因でしたが。

せっかく英語を勉強したのですから、いつも国内でやっているスタイル
で海外も旅してやろうと思ったのです。

安全な日本と違ってさすがに野宿は危ないでしょうが、オーストラ
リアにはバックパッカーズと呼ばれる旅行客用の安宿がたくさんあ
るということは知っていました。

いざとなってもなんとかなるはず。男の子ですし。

-続きます。


応援していただけますと更新の励みになります。
英語学習 ランキング


.03 2009 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索