英語独学虎の穴  自分へのごほうび

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

自分へのごほうび

ここまでのあらすじ

大学卒業以来、ほとんど英語と縁のない生活を送っていた私
中島正博が、英語を使えるようになりたいと10年以上ぶりに勉強
を開始したのは2003年1月1日のことであった。

「ネイティブスピーカーと同じスピード・発音で自分の口から英語を
発せられるようになれば、彼らが話す英語が聞き取れるようになる
のでは」という仮説のもとに

一月は映画のDVD、二月はNHKの英語講座教材、三月はTOEICの
問題を使って、来る日も来る日もひたすらシンクロ読みを繰り返した
結果、初めて受けたTOEICで920点を獲得。

3ヶ月前まではゼロだったはずの英語の聞き取り力は、リスニング
セクションで495点中485点取れるまでに成長していたのであった。
(メチャメチャはしょっています。ここまでの詳しいことは本に書いて
ありますので、興味がある方はそちらをお読みください。)

----------------------------------------------------------

初めてのTOEICでとんでもない結果を出すことができてテンション
は上がっていましたが、

もともとだらしない自分が、これまでの3ヶ月間のようなレベルの集中
力で取り組み続けることなんて不可能だということは最初からわか
っていました。

だからこそ集中学習を選んだのですが。

大げさに言えば一種の燃え尽き症候群のような状態で、なかなか勉
強をしようというモチベーションが上がりませんでした。

とは言ってもせっかくそこまで身につけたものが失われるのは嫌な
ので、それを維持するための最低限の努力は毎日やっていました。

具体的に言うと、全然やさしくないと評判の「やさしいビジネス英語」
を使っての音トレ(音読トレーニング)、つまりディクテーション・
シンクロ読み・シャドウイングです。

決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)
(2003/03)
杉田 敏

商品詳細を見る


なんだやる気がないと言いつつそんなに大変なことをやっているじゃ
ないかと思われるかも知れません。

しかしそれまで3ヶ月間、数え切れないほどの音読をこなしてきた当
時の自分にとって、これらの一連のトレーニングはまさに朝飯前で
こなせるものとなっていました。

ただし以前のような燃えるような情熱はすっかり陰をひそめ、淡々と
ルーティーンをこなすような状態でしたが。

トレーニングの成果は「捧げたエネルギーの大きさ×かけた時間
の長さ
」という式で表されると思っています。

「捧げたエネルギーの大きさ」とは、どれだけ集中して取り組んだか
と言うことです(だから僕はいわゆる「~だけで」系の教材の効果を
信じていません)。

すでに自分の中でだけ伝説と化したあの3ヶ月間の集中度を100とする
なら、4月の集中度は10にも満たなかったでしょう。

そんな状態でだらだら時間だけかけたって、大きな結果は期待できま
せん。そんなことは十分にわかっていましたが、どうにもこうにも
やる気がおこらんのですよ。

そんなある日、これまでの自分の頑張りにごほうびをやろうじゃない
かと思いつきました。

なにしろ3ヶ月もの間、遊びにも行かず、酒を一滴も飲まずに勉強す
るという修行僧のような生活を送ってきましたからね。ここらで人間
らしい喜びに触れたっていいじゃないか。

そうだ、旅に出よう。

-続きます。


ランキングに参加しています。下の青いアイコンがクリックされた数が
一日に一度カウントされて、一週間の総得票数によって順位が決まる
という形式です。

英語学習 ランキング

上位に行けばより多くの方に読んでいただけるようになるので、それを
目標にしています。今は圏外にいますが、一歩一歩上がっていきたいと
思っています。応援していただけると嬉しいです。
.01 2009 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment3 trackback(-)

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.01 20:28
バッシー
虎さん、お久しぶりです。バッシーです。

お久しぶりのブログ更新、すっっっごく嬉しいです。
ブログが更新されたのを見つけた時、
「ん?んぅぉおぇあ~!!」
と訳のわからない言葉を発しながら、加藤茶顔負けの「二度見」をしてしまいました。
そして、なぜか体が熱くなってきたので12月なのに部屋着を脱いでTシャツ一枚で正座してブログを読みました。
ちょっと自分でも意味不明ですが、それくらい嬉しかったです。
もちろん更新がない間もちょくちょく見させてもらっていました。
なにせ、このブログこそが僕の英語学習の原点ですから。

今回始まったシリーズは「アウトプット編」。
虎さんの本にも載っていない分野なので凄く楽しみです。
虎さんの失敗談もいろいろと聞けるのかな?こりゃ要チェックだ!

僕個人としても、来年(来月から)は「単語」と「アウトプット」に重点を置いたトレーニングを実行しようと計画を立てていたので、まさにグッドタイミングです!
今からワクワクワクします。興奮しすぎて「ワク」が一回多いですけど。

ブログ更新とても大変だと思いますので、虎さんのできる範囲でかまいませんので続けて頂けると非常に嬉しく有難いです。

それではまたちょくちょくコメントさせて頂きます。
2009.12.02 00:05
英語の虎 中島正博
バッシーさん こちらこそお久しぶりです。

早速のコメントありがとうございます。

> なぜか体が熱くなってきたので12月なのに部屋着を脱いでTシャツ一枚で正座してブログを読みました。

なるべく暖かい格好でお読みください。でもそこまで喜んでいただけるとこちらも嬉しいです。

> なにせ、このブログこそが僕の英語学習の原点ですから。

力になる言葉をありがとうございます。時間をかけて書いた甲斐もあるというものです。

> 虎さんの失敗談もいろいろと聞けるのかな?

本当に苦労したので、失敗も多々あります。それについてもお話していきます。

> 僕個人としても、来年(来月から)は「単語」と「アウトプット」に重点を置いたトレーニングを実行しようと計画を立てていたので、まさにグッドタイミングです!

こうして勉強を継続している人がいるということが嬉しいです。

このブログを読んでいる方の中から、バッシーさんのように「一歩踏み出して続けられる人」を一人でも多く増やせるように、僕も頑張ります。
2009.12.02 09:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索