英語独学虎の穴  内因動機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

内因動機

-前回からの続きです。

高い目標を持つと。そしてもう一つ大切なのがそれを
思い続けることです。

池に大きな石を投げ込んだと思ってください。
大きな水しぶきが立ちますよね。これが最初の決意です。
その直後は大きな波が立っているはずです。
これがやる気に満ちた状態です。
本やブログを読んでやる気になったと言ってくださっている
方は今ここにいます。

でも最初は力強かった波も、少しずつ勢いをなくして
いきますよね。そしてしばらく放っておいたら以前と同じ
石を放り込む前の静かな状態になります。まるで何も
なかったかのようにシーンと。これがモチベーションが
失われた状態です。

心の中に波がある状態を保つには、石を投げ込み続ける
しかないんですね。つまりなるべく頻繁に自分の目標を
意識するということです。英語が使えるようになって夢が
かなった自分の姿を明確にイメージすることです。

いつまで精神面の話してるんだと思われるでしょうけど、
諦めずに続けられるか、そしてどこまで上達できるか
結局全てはここにかかっていると思うんですよ。

歴史上もっとも成功したと言われるアメリカ陸軍の兵士に
対する外国語学習プログラムでは、いい成績を収めたら
昇進という報酬が、逆に成績が悪いと前線に送られると
いうペナルティがあったそうです。まさにアメとムチですよね。

このように外から自分を行動に向かわせるものを外因動機
と言います。外因動機は強力ですが、長続きしないという
欠点があります。また、これだけに支えられているとその
行動自体が虚しくなります。義務感に追われ続けている
状態ですからね。バーンアウトを起こしやすいのです。

これに対して自分の内側から行動に向かわせる欲求が
内因動機です。内因動機に支えられていれば、同じ行動を
していても心持ちがまったく違います。誰かに強制されて
やっているわけではないですからね。

試合前のアスリートのようなもので、きついトレーニングにも
前向きに取り組めるんですよ。だってその目標はワクワク
するものであるはずですからね。「おっしゃここでまた壁に
挑戦してやろうか」っていうテンションになるんです。

「やらなきゃならない」よりも「やってやる」という気持ちで
取り組めるわけですから燃え尽きることもありません。

いいこと尽くしでしょ?だから皆さんも誰に遠慮することなく、
ワクワクするような高い目標を立てて英語学習に臨んで
いただきたいのです。そしてその思いを強く持ち続けて
いつかその場所に立ってください。

この長いシリーズで僕が伝えたかったのはこれに集約され
ます。ここまで書いてきたことを、どうしたら諦めずに続け
られるのか、どうしたら上達できるのかということを考える
きっかけの一つにしていただければと思います。


-ひとまずここで終わりにしたいと思います。
 ここまで読んでくださってありがとうございました。


英語学習 ランキング
.07 2009 「続けること」と「上達すること」 comment29 trackback(-)

comment

青猫
こんにちは、はじめまして、青猫と申します。
ランキングがお隣さんなので、あいさつを兼ねて読ませていただきました。

やる気を波に例えることで、直観的にわかりやすい説明ですね。ためになります。

私も常に自分の中の小池に、石(意志)を投げ続けたいと思います。
お、決まった!なんつって。

初めてなのに、失笑させてしまい、失礼しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2009.03.17 12:36
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.10.16 10:41
英語の虎 中島正博
青猫さん、はじめまして。

お返事がこんなに遅くなってしまって申し訳ありません。

>やる気を波に例えることで、直観的にわかりやすい説明ですね。ためになります。

そう言っていただけると嬉しいです。

>私も常に自分の中の小池に、石(意志)を投げ続けたいと思います。
お、決まった!なんつって。

失笑なんかしていませんよ。自分の場合、極端に意志が弱いので、
そうして意識していないと波が収まってしまいます。
その自戒の意味で書きました。

こちらこそよろしくお願いいたします。
2009.11.21 21:48
英語の虎 中島正博
トップページを削除したために、そのページに頂いたコメントを
こちらに移させていただきます。
2009.11.30 15:57
Tim
英語の虎,いや,中島正博さん

本を出版されていたんですね!本当におめでとうございます。
是非拝見させて頂きたいと思います。
昨日,休日を利用して大きな本屋に行っていたのですが,その時に気づけばよかったのですが。主にTOEICのコーナーを回っていたので置かれていた事に気づきませんでした。また行ってみることにします。

それにしてもこれまでブログをお休みされていた期間は本の出版に向けての準備期間でもあったのですね。形として世に送り出すということがどんなに大変なことか私には想像すら出来ませんが,そのご努力に頭が下がります。

何はともあれ,まずはこの本を読ませて頂きたいと思っています。本当に楽しみです。そして本当におめでとうございます。
私の中では中島さんはいつも「虎」です。これからも強いメッセージを是非お願い致します!
2009.11.30 15:59
中島正博
Timさん

>昨日,休日を利用して大きな本屋に行っていたのですが,その時に気づけばよかったのですが。

もっと早くお伝えするべきでした。すみません。ただ、恐らくTOEICコーナーに置かれるはずですから、もしかしたらもうその書店からは返品されたのかもしれません…いくらなんでもそれはありませんね。入荷していない可能性があります。

>形として世に送り出すということがどんなに大変なことか私には想像すら出来ませんが,そのご努力に頭が下がります。

僕にとっても想像を絶していました。その歩みについてもブログでご紹介しますのでよかったらお読みください。

>私の中では中島さんはいつも「虎」です。

ありがとうございます。復帰して一番に感想を下さったのもTimでしたし、本当にいつも励まされています。本に書いてあることが少しでもお役に立てればと思います。
2009.11.30 15:59
kei3
初めまして。今日、TOEICの結果を見てへこんでいた私の目に、「三か月でTOEIC920」という文字が飛び込んできました。そして、たどりついたのが、中島さんのブログです。まだ、ちゃんと読んでいないので具体的にこれからどうしたらいいかわかっていませんが、参考にしたいと思います。私は、今回875(L450,R425)でしたが、もう2年くらいずーっとこんな調子なんです。。でも次回こそ(来年3月のTOEIC)、900を超えたいので、中島さんの本の購入検討中です。これからも、日本人の英語力向上のために参考になるブログ宜しくお願いします。
2009.11.30 16:00
中島正博
Kei3さん

はじめまして。コメントを頂きましてありがとうございます。

TOEICで得点を上げようと思ったら、基礎となるリーディング・リスニング力・文法力を養成してから、模試で得点力をつけるというのが王道だと思います。

875もあれば十分だとも思いますが、900を取りたいのであれば、基礎力か得点力のどちらかが欠けていると難しいですよね。このブログでは基礎力のことについてはかなり深く書いています(リーディングについてはほとんと触れていませんが)ので、まずはブログを読んでみて、何かお気づきになることがないか確かめてみてください(現在配布中のプレゼントではもっとコンパクトにより深くお伝えしていますので、もしよろしければそちらをご覧ください)。そこで得るものがないようであれば、本の三章の終わりと九章を立ち読みしてみてください。その上で役立ちそうだと思ったら購入していただければと思います。

参考にしてみてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。
2009.11.30 16:01
Chie
中島さん、はじめまして。
実はずっと前からブログを拝見しておりましたが、コメントするのは初めてです。
本のご出版、おめでとうございます!
早速、楽天ブックスから注文しました。
年内に手にできたら、1月1日から中島さんと同じ道を歩むことに挑戦したいと思います☆
待ち遠しいです^^
2009.11.30 16:02
中島正博
Chieさん

はじめまして。コメントいただきましてありがとうございます。

>早速、楽天ブックスから注文しました。

楽天ブックスもやはり送料がかかってしまうんですよね。申し訳ないです。

>年内に手にできたら、1月1日から中島さんと同じ道を歩むことに挑戦したいと思います☆

かなり情報量の多い本なので、じっくり読んでいただきたいと思っています。ただし、自分はいきなり映画を教材に使うという暴挙に出ました。その極端にレベルの高いものに鼻血を出しながらついていったことがいい方向に出たとも思うのですが、かなり継続は難しいです。基礎力をつけるためにやるべきトレーニングは全てご紹介していますので、すでにお持ちの教材を使ってお試しいただければと思います。

また読んでみての感想も聞かせてくださいね。
2009.11.30 16:02
中島正博
masaさん

はじめまして。本をお読みいただきましてありがとうございます。

>ここ数日ずっと読んでいます。

すみません。かなり長いですからね。じっくり時間をかけてお読みいただけるとありがたいです。

>英語の勉強本を読むのは好きなのですがその中でも方法と考え方がとても自分に合っていると感じています。

そう言っていただけると嬉しいです。

>中島さんのやり方を取り入れようと思っています。

自分なりに手順を一から見直して、かなりわかりやすく説明したつもりですので、参考になさってください。

読者プレゼントを使っての音読トレーニングもぜひやってみてくださいね。
2009.11.30 16:03
しげ
英語の虎さん、はじめまして。

30代の会社員の者です。

先日、某書評サイトにて著作の紹介があり、すぐに興味を持ち、購入し3回読みました。

元NHKアナウンサーの吉田たかよしさんが著書の中で書かれていましたが、知識を体系的に理解するには、①主題は何か→②その主題がどうしたのか?→③どういう条件で成り立つのか→④その理由はなにか→⑤その他の補足情報は?の順で覚えていくとスムーズに理解が進むそうです。

英語の虎さんの本は特に③と④の部分が他の類書よりも優れていて、「この方法は信頼できる」と納得できる部分が多々ありました。

英語を学ぶ上で、これほどまでに発音の重要性を英語学習初心者にもわかるように説明した本に出合ったのは初めてでした。

英語の習得法が書かれた本では、「リスニングを重要視せよ」「音読が大事」とよく書かれていますが、最初にネイティブの母音や子音の発音の重要性についてはサラッと書かれている程度で、それほど深く注意したことがありませんでした。その結果、カタカナ英語での発音のまま音読を繰り返し、ネイティブの発音が全く聞き取れない受信装置を自分の中に作っていました。発音からやり直していこうと思います。

英語の虎さんの提唱する方法が、英語を初めて学ぶ全国の中学1年生に数多く伝われば、日本の英語学習の効率や効果も変わっていくかもしれませんね。

今回は素晴らしい本を出版していただき、ありがとうございました。また、今後ともよろしくお願いいたします。長々と失礼いたしました。
2009.11.30 16:04
中島正博
しげさん、はじめまして。コメントいただきましてありがとうございます。

あの文字数の多い本を三度も!

自分の言いたいことをよりわかりやすく伝えるにはどうすればいいのかと、執筆にあたっては「表現の仕方」に関する本もかなり読みました。吉田たかよしさんの著書もその中に含まれています。それが少しは生きたのでしょうか。

>「この方法は信頼できる」と納得できる部分が多々ありました。

単に勉強法を羅列するのではなく、それがどうして必要なのか、そしてどう役に立つのかというところは一番力を入れて書いたところですので、そう言っていただけると本当に嬉しいです。 

>英語の虎さんの提唱する方法が、英語を初めて学ぶ全国の中学1年生に数多く伝われば、日本の英語学習の効率や効果も変わっていくかもしれませんね。

それは僕の大きな夢の一つでもあります。その実現のために励んでまいりますので、これからも宜しくお願いいたします。
2009.11.30 16:05
Nao
TOEICの勉強方法を模索していたところ、某ランキングサイトでみた”3か月でTOEIC900点”という言葉につられてこちらのサイトにお邪魔しました。
ブログを1から拝見しまして、大変感銘を受けました。
ぜひ実践させていただきたいと思います(燃)

やる気にさせていただいて、お礼をいいたくコメントさせていただきました。
2009.11.30 16:06
中島正博
Nao さん はじめまして。コメントありがとうございます。

モチベーション上がっちゃいましたか?それこそがこのブログの狙いです。

その勢いを大切にしてくださいね。そして一気にいけるところまでいっちゃってください。

また経過など聞かせてもらえると嬉しいです。
2009.11.30 16:06
Ryuukai
はじめまして。英語の虎 中島正博さん。
Ryuukaiと申します。以前からブログは、拝見させていただいていましたが、コメントを残させて頂くのは、初めてです。
本屋さんには、頻繁に足を運んだりしているのですが、中島さんが出版された本に気付きませんでした。この週末に本屋さんに足を運んで、中島さんの出版された本を購入したいと思います。また、英語学習法についも参考にさせて頂きますね。
この度は、本の出版おめでとうございました。
2009.11.30 16:07
中島正博
Ryuukaiさん はじめまして。コメントありがとうございます。

>本屋さんには、頻繁に足を運んだりしているのですが、中島さんが出版された本に気付きませんでした。

これは結構多くの方に言われます。表紙が白地に黒で目立たないんでしょうか。小さいですしね。もしかしたらそのお店ではもう返品されてしまっているのかも知れませんが。

本にはどうやったら英語を会話で使えるようになるのか、その第一歩として何をすべきかについて、役に立つだろうと思われることをこれでもかと詰め込んでいますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
2009.11.30 16:08
キョロ
英語の虎さん、お久しぶりです。
覚えていますか?
出版できるかどうか、今か今かと待っていましたが、
やっと本になったんですね。
おめでとうございます♪\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/

お仕事とのやりくりもあって、大変だったことでしょう。
お疲れさまでした。

早く買ってじっくり何度も読みたいです。
2009.11.30 16:08
中島正博
キョロさん、お久しぶりです(最近は「さん」で統一させていただいています)。

もちろん覚えています。実はブログを再開するときに、以前メールを下さった方にはご連絡差し上げたのですが、キョロさんへのメールはあて先不明で戻ってきてしまっていました。こうしてまた訪れてくださって嬉しいです。お子さんの英語はいかがですか?

>お仕事とのやりくりもあって、大変だったことでしょう。

おっしゃる通りなんです。本当に「やっと」の思いでここまでたどり着きました。そのあたりのお話はブログに書いてきていますので、もしよろしければお時間があるときにでも読んでみてください。
2009.11.30 16:09
やま
もうすぐ19歳になる英語素人です。
一年ほど前に読ませていただいてました。当時は大学に入ったら利用するつもりで流し見程度でしたが… 
一年ぶりに来たら、出版されたということだったので、購入しました。
今、やる気になっていて英語を身につけたいと強く想っています。
ですが、自分は人の評価にすごく作用されるところがあり、
本の中で紹介されている「英語耳」と「英語の発音がよくなる本」が
amazonの書評で間違いが多いと書かれていてすごく不安になっています。一冊で発音が完璧になるわけではないと思いますし、完璧な本でなくても行くしかないのは、わかってはいるんですが… 背中を押してもらいたいだけなんだと思います。
2つの本、またその他の発音本にたいして虎さんがどのように考えているのか教えてください。よろしくお願いします
長々と失礼しました。
2009.11.30 16:09
中島正博
やまさん はじめまして。コメントありがとうございます。

自分自身の場合は、発音に関してはド素人でしたのでとっつきやすさという観点でUDA式を選びました。あちらも今になってAmazonのレビューを見ると、専門的に見ると間違いがあるという指摘がされています。でもどの本を選ぼうとネイティブの手本がついていますので、耳でそれをよく聞いて真似をするというプロセスさえ持てば大丈夫だと思っています。特に「英語の発音がよくなる本」はDVDもついていますので、発音時の口の動きもよくわかりますしね。僕自身の考えとしては、発音については一通りざっと知っておいて、あとは音読を繰り返すプロセスで向上させていくものだと思っています。正確さを期すのであれば、音声学の専門書を選ぶのがいいと思います。以上参考になさってください。
2009.11.30 16:09
ran
近くの書店の英語の棚をよくチェックしているのですが
英語の虎さんの本、平積みされてました!

「本気の英語力をみにつける」のようなポップも付いてました。
売れているみたいですね!
自分がパッと本を見た印象は白黒で文字ぎっしりの本だったので
初心者はとっつきにくいかもと思ってましたが、思い違いでしたね。
本気さが出ている本は、皆さんちゃんと見逃さないようです。

ちょっとした情報でした。
ちなみに、神奈川県内の書店です!
2009.11.30 16:10
中島正博
ranさん

嬉しい情報をありがとうございます。

平積みだけでも嬉しいのに、わざわざポップまでつけてくださっているお店があるなんて…しかも「本気の英語力をみにつける」なんて熱いメッセージを。ranさんのこのコメントを読んだだけでウルっとしたぐらいですから、もし自分でそんな様子を目にしたらその場に崩れ落ちてしまうかも知れません。

気にかけていただいてありがとうございます。お陰さまで元気が出ました。
2009.11.30 16:10
shoo
英語の虎さん、お久しぶりです。

ペラペラ英語マスターへの道のshooです。

最近ブログを再開し、久々にこちらにお邪魔したところ、本を出版されたことを知りました。

本当におめでとうございます!!

しかも、学習当初から本を出版し、世間に本当の英語学習法を広めようという強い思いがあったことを知り、本当に素晴らしいと思いました。

意志の力というのはすごいものですね。こうなりたい、というはっきりとしたイメージを自分の中に持ち、それに向かって努力していった結果、夢を実現されたわけですから。

大切なのはあきらめないこと、夢を持ち続けることなんでしょうね。

また、人の役に立ちたい、世の中をいい方向に変えていきたいという思いは、やはり何よりも強いのだと感じました。

私も自分の中の”夢”をかなえるため、頑張っていきたいと思います!
2009.11.30 16:11
中島正博
shooさん、お久しぶりです。

>学習当初から本を出版し、世間に本当の英語学習法を広めようという強い思いがあったことを知り、本当に素晴らしいと思いました。

ありがとうございます。かなりの生みの苦しみを伴いましたが、なんとか出版をすることができました。そのあたりのこともブログに書いてきていますので、もし興味がありましたらお読みください。

>大切なのはあきらめないこと、夢を持ち続けることなんでしょうね。

本当にその通りだと思います。まだまだ途中ではありますが、これからもそこに向かって努力していきたいと思っています。

shooさんもぜひご自身の夢をかなえてくださいね。お互いがんばりましょう!
2009.11.30 16:11
kanae
虎さん、こんにちははじめまして。

以前より、こちらのブログを拝見させて頂いていましたが、
一瞬やる気は起きましたが、そこでストップしていました。

その後1年近く経ち・・。
最近また色んな勉強法を読んではやる気を出そうと思いましたが、
気の遠くなるような時間が掛かるとなっているので、このたび虎さんのやり方一本で絞ってみようと決意しています。3ヵ月後にトイックを受けようと思います。

また、本を出版されたとのことすごいですね。
ブログを一気に一日かけて全て読ませて頂きましたが、英語を広めるということに関してのお気持ちにすごく好感を抱いております。
こちらの本も購入させて頂きたいと思います。

3ヵ月後に結果をご報告します!
2009.11.30 16:12
中島正博
kanaeさん、コメントいただきましてありがとうございます。

>気の遠くなるような時間が掛かるとなっている

確かに英語学習には気の遠くなるような長い時間がかかります。
それはどのやり方を選んだとしてもです。でも3ヶ月集中することで
ある程度上達が実感できるところまではたどりつける、だからまずは
そこを目指そうというのが僕の伝えたいことです。

ご承知のように、やる気を保って何かを続けるということは大変なことです。
そのために何が必要なのか、そしてどうしたら効率よく学習を進められるか
ということにも本の中で触れていますので、よかったら参考になさってください。

がんばってくださいね。ご報告を楽しみに待っています。
2009.11.30 16:12
X-er13
なんだかんだいっても続ける事が大事ですね!
この方法ならなんとかなると思いつつ、つい目移りしてしまって
います。
また今やってる方法と兼ねてやってみたいと思います!
2009.11.30 16:13
中島正博
X-er13さん お返事が遅くなって申し訳ありません。

>なんだかんだいっても続ける事が大事ですね!

本当にその通りだと思います。

>また今やってる方法と兼ねてやってみたい

これはあまりお勧めしません。なぜならシンクロ読み自体が負荷が高いトレーニングですから、本気で取り組もうとすると他のことに手を回す余裕がなくなると思うからです。

また、色んなことに手を出すよりも、一つ信頼できる方法に集中したほうが、成果は出やすいと思います。今やっている方法があるのなら、そしてそれが信頼できるものであるなら、そこで全力で取り組むのがいいのではないでしょうか。

がんばってくださいね。
2009.12.01 08:54

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索