英語独学虎の穴  スキルを身につけてさらに上達するには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

スキルを身につけてさらに上達するには

-前回からの続きです。

サーフィンの場合、この集中特訓の機会が最初の一回しか
ありませんでした。

大切なことなので何度も言いますが、最初の集中特訓は
楽しめる権利を手に入れるための、いわば入場券みたいな
ものです。

集中特訓と言うと、そんな根性ないよとおっしゃる方がよく
いらっしゃいます。しかし上達の実感なしに続けることのほうが
遥かに根性がいることなのです。

なんでも新しいことを始めたばかりのときって、気持ちはワクワク
していますよね。しかしその対象から得られる楽しみは浅いもの
でしかありません。何しろ基本的な技術が身についていなくて、
できることが限られていますからね。

それでももしそのワクワクがずっと続くのならば誰でもいつかは
成功するはずなんですけど、ご承知のようにはそれは永遠には
続きません。永遠どころか結構すぐに消えます。恋愛と一緒です。
最初は会うだけでワクワクしていたのに、いつの頃からか…って。

そうして最初のワクワクが過ぎてしまっているのに相変わらず
初歩段階にいると、英語から受けられる楽しみが低いままとなり、
継続を支えるものがなくなってしまいますよね。

これが典型的な挫折のパターンです。

だから「ワクワク期間」にいる間に、基礎動作を一通り覚えたり
という「つまらないゾーン」を、もう目をつぶって「えいっ」と全力で
駆け抜けてしまう、これこそが成功への第一歩だと思うんです。
そしてその目安は最低3ヶ月。

そうするとある程度「楽しめる」ところまで到達できます。つまり
「お客さん状態」ををいかに早く抜けるかが一番大切で、勝負は
それからなんですね。 

もちろんそんな集中トレーニングはいつまでも続きませんから、
そこからペースを落としながらも毎日触れ続けることで、学んだ
ことを自分のものにしてしまうのが第二段階。

ここですでに学んだことを意識せずともできるようにします。
継続することによって、最初はたくさんのチェックポイントを意識
しながら一つ一つやっていた動作を、ほぼ自動的にこなせる
ようになるのです。車の運転と一緒ですね。

ここまで来たら体で覚えることができて、ブランクがあってもその
スキルを忘れなくなります。 

しかしすでにお話したようにただ継続しているだけでは大きな
上達はありません。そこからさらに伸びるためには、折を見て
挑戦できる対象を作り、それに向けて集中特訓を積むという
機会を持たなくてはなりません。

-続きます。

今日の記事を読んで「なるほどなぁ」と思ったという方はポチっと押してください。

英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記人気blogランキングへ
.25 2009 「続けること」と「上達すること」 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索