英語独学虎の穴  TOEICに挑む 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEICに挑む 後編

第九章 「TOEICの傾向と対策」その2

-前回からの続きです。

つまりあの問題に対応できる人は、同じように余裕のない
状況である「会話」の場面でもちゃんと聞き取れるでしょう
っていう判断なんでしょうね。

リーディングでも、英検一級のように難解な文章を正確に
理解できるかではなくて、簡単な文章をとにかく大量に 
こなせるか、その中から必要な情報を限られた時間内に
きちんと見つけられるかが問われます。

こちらも時間的な余裕がない状況ですよね。もちろんただ
読むだけではなく、設問で問われている部分を文中に探す、
選択肢を吟味して正解を選ぶなどの複数の作業をこなす
ことが求められます。

じっくり考えればわかるという日本人に対して、英語を会話
で使おうと思ったらスピードの意識を持たなきゃいかんでしょ、
追い詰められた状況で色んなことを同時にできないとだめ
でしょ、っていうことをがつんと認識させてくれるテストだと
思います。

ですから別にTOEICのスコアなんて必要ないという方も、
一度は(本気で)取り組む価値があると思うんです。

というのは、このテストに対応しようとする中で、「あぁこれ
ぐらいいっぱいいっぱいの状況でこなせてようやく会話で
使えるんだな」っていうのが体感できるからです。

これを知っているか知らないかは結構大きいと思います。
CDをただ聞くことだけに集中していられる、いわば温室の
ような条件で勉強していてはなかなか気づきません。

また、TOEICの対策本はたくさん出版され、得点を上げる
ためのテクニックもあまた存在しますが、まずはリスニング
とリーディングの基礎力をつけることに集中するのが得点
を上げるための近道です。

なぜなら基礎体力がない状態でテクニックを追おうとすると、
肝心のリスニング・リーディングが疎かになってしまうからです。

だってすでに見たように、それぞれが複雑な作業の組み合わせ
でただでさえ大変なのに、テクニックを意識することでさらに
新たな作業を加えることになるわけですからね。普通なら脳が
オーバーヒートしてしまうでしょう。

自分の場合は二ヶ月間(一日3時間以上)ただひたすら基礎力
をつけることに専念したというお話をしましたが、結果的にそれが
よかったのだと思います。

まずは基本となるリーディングとリスニングしっかり鍛えるのが
もう大前提で、その上で具体的にTOEICにどう対応するか。

この章では自分が試験を受けているときに意識していることを
全て言葉にして書き出してみて、その中から使えそうなものを
パートごとの攻略法として詳しくご紹介しています。

もちろんこれらのことも模試をたくさん受けるなどしてわざわざ
意識しなくても使えるところまで持っていかないと本番では
使えませんが。ぜひ参考にしていただければと思います。

-続きます。


 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ



.18 2009 本の内容について comment3 trackback(-)

comment

-
はじめまして。
出版おめでとうございます。以前からブログ拝見してましたが、パソコンを持っていないため携帯で見ていたので過去の記事を見るのにかなり時間がかかっていました。常々「本になれば…」と思っていました。約一年ブログの更新されなかったので「まさかもう更新しないつもりなのか!?」と思ったりもしました(すいません)。そこで今回のこの出版。とても嬉しく思います。当然買いました。私も30歳越えてから英語を勉強し直した内の一人としてかなり参考になります。「シンクロ読み」実践しています。挫折しそうな時もありますが、この本を読み返すと「やるぞ!」という気持ちが蘇ってくるのです。まだまだ時間はかかると思いますが、諦めず続けていきたいと思います。
寅さんのより一層のご活躍期待しています。
2009.01.19 01:00
ryo
先ほどコメントした者です。あまり馴れていないため名前を入れ忘れました。失礼しました。
2009.01.19 01:07
英語の虎
ryoさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

携帯で!それはさぞ大変だったことと思います。パソコンでも読むの疲れると言われるほどの分量ですからね。

>「まさかもう更新しないつもりなのか!?」と思ったりもしました

ご心配をおかけしました。僕が読む側でもそう思っていたことでしょう。一年以上ですからね。

>挫折しそうな時もありますが、この本を読み返すと「やるぞ!」という気持ちが蘇ってくるのです。

本を読んでいただきましてありがとうございます。そういう言葉を聞くと本当に嬉しくなります。読んだ方がモチベーションを高められる、そのお手伝いができればと思いを込めて書きました。

シンクロ読み頑張ってくださいね。きついですが、やったらそれだけ力がつくトレーニングですから。
2009.01.19 06:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索