英語独学虎の穴  熱い感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

熱い感想

読者の方から本を読んだ感想をメールでたくさんいただいております。
本当はその全てをご紹介したいところですが、今日はその中から
「バッシーさん」という方から頂いた、とても熱い感想のメールを
ここにご紹介させていただきます。

引用ここから
--------------------------------------------------

僕はブログが休止していた1年間も「シンクロ読み」
を中心としたトレーニングを毎日毎日続けていましたよ。
今年はやっと学習時間1000時間を越えることができました。
虎さんの「シンクロ読み」と「熱い想い」に大きな影響を
受けた人間がここにも一人いますので、虎さんのますますの
ご活躍を期待しています。

まず始めに感じたこと、みなさん同じだと思いますが
すごく中身の詰まったボリュームある一冊だなと思いました。
巷には文章よりも空白のほうが多いのではないかと思う本も
多々ありますが、この一冊は、どのページを開いても左右に
ぎっしりと文章が詰まっています。

英語学習者に役立つ内容を一文でも多く伝えたい
という虎さんの思いがひしひしと感じられました。
おそらくこの内容(ボリューム)でも虎さんにとっては
泣く泣く削除しなければならなかった内容がたくさんあった
のでしょうね。

「これも削るの?これも削るの?」
「どないっせーっちゅうねん!」
と苦労している虎さんの様子が容易に想像できますよ(笑)。
(しかもおまけのレポート「旅のしおり」だけでも70ページ!後でじっくり
読まさせて頂きます。)

次に感じたことは、ブログにはないTOEIC対策に関する
勉強法がたくさん書かれていたことです。
僕が今度TOEICを受ける時には、その勉強法をもちろん参考に
させていただきます。

個人的に一番興味深かったポイントはリーディングのパートでした。
これはブログにも詳しくは書かれていないポイントでもあり、
今の僕に欠けているトレーニングでもあったからです。
本を参考に2009年はリーディングにさらに力を入れて学習しようと思っています。

また、ブログにない事といえば、今日(27日)のブログ記事でも
書かれていた通りイラストが挿入されていた事による効果ですね。
イラストが挿入されたことで、ちょっとしたアクセントが加わり確かに
読みやすさ感が上がってましたね。

忘却曲線のグラフなども新たに加わっていて、直感的に分かりやすくて
とても良かったです。
さらに「この章のまとめ」がある事によって各章の学習ポイントが
まとめられているので、読み返す場合にとても役立つので有難いです。

本全体のイメージとしては、これまで虎さんが実践してきたトレーニングの
具体的な内容を詳細に説明してくれたものに、トレーニングの効果
についての科学的根拠・論理的説明が加わったというイメージがしました。
右脳的内容と左脳的内容が一つになった一冊、というイメージでした。

全てのブログ記事を読んだ僕でも新鮮な気持ちで読むことができました。
本当は、ブログの内容を知っている僕にとって、この本は一日で読み終わる
ことが可能なんじゃないかと読む前には思っていました。

無理でした。ごめんなさい。何度も言うように、やはりこのボリュームは
他の英語教本にはないものです。それだけに虎さんの苦労が尋常ではなかった
事が十分伝わってくる本でした。お疲れ様でした。本が出版され店頭に
並んだのをみて一番嬉しかったのは、やはり誰より虎さん本人でしょうね。

虎さんもご存知のように、僕は英語学習の初心者であり、特別な才能を
もっている訳でもなく、大金持ちの家に生まれた訳でもない普通の人間です。
ブログを観ている読者、本を読んでいる読者の大抵がそうだと思います。
英語の教本を1冊買うのでさえ出費が痛手です。

ですからタイトルだけ立派で中身の薄い本なんて買っている場合ではないんです。
けれど、本当に内容の濃い、英語学習において本当に役立てる本であれば
出費を惜しまずに買います。才能がない以上、努力も惜しみません。

虎さんの本を全ページ読んでこの本が本物だということを確信することが
できました。ありがとうございました。英語学習の手助けとなるアイテムが
また一つ増え、学習意欲もさらに沸いてきました。
もちろん一回読み終わって終了ではなく、現在の自分に重要となるポイントを
何度も読み返し、効率の良い学習に役立てたいと思っています。

以上が僕の本に対する感想です。またまた長々とホントにすいません。
読んで下さって有難うございました。

P.S.
ちなみに僕が一番好きなブログの一文(下文)が本には載ってなかったのが
唯一の心残りです。残念でした(笑)。

「へぇ、ダルビッシュって手だけじゃなく球も抜群に速いんだなぁ」


.04 2009 本の内容について comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索