英語独学虎の穴  リスニングは発音から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リスニングは発音から

あしたのためにその21 「ものまねの大切さ

突然ですがみなさんはジャイアント馬場のモノマネが出来るでしょうか(正確には日本人のするジャイアント馬場のモノマネの9割は関根勤さんのする馬場さんのモノマネのモノマネだと言われていますが)。


なぜこんなことをいきなり聞くかと言いますと、人の声を聞いて、その音が口や舌をどうやって動かして出されたものかを想像して自分で再現するという能力は、発音の習得の際に大きく役に立つものだからです。あのジャイアント馬場のモノマネが出来る人はRの発音に苦労しないはずです。

今までモノマネはやるより聞くほうだったという方は、その能力の開発を怠ってきている可能性がありますので、発音を練習する際、ネイティブの方や日本人でしっかり発音を勉強していらっしゃる方にきちんと発音が出来ているかをチェックしてもらうことをお勧めします。

この段階で正確な発音を習得することが後のリスニングの伸びを左右するといっても過言ではありません。もちろんある程度の年齢から発音の勉強を始めてネイティブ並の発音を獲得することはほとんど不可能です。

それでもそれぞれの音をどうやって発音するかを身をもって知ることは、リスニングのときに必ず役に立ちます。

例えば「L」は前歯の根元に舌の先を添えて、舌の両側から空気を出しながらうなることで発音します。「L」が語尾に来る場合(例えばpull やschoolなど)、それはダークエルと呼ばれ、日本語のように「ル」ではなくあえて言うなら「オ」に近い音に聞こえます。

pullをプル、schoolをスクールと思っている限り、これらの単語を聞き取ることは難しいでしょう。無理やり日本語で表すとそれぞれ「プオ」「スクーオ」に近い音になるからです。ちなみに「nail」や「feel」は語尾の「L」を発音する時点で、口が前の母音の影響で「イ」の形になっているので、「ネイョ」「フィーョ」に近い音になります。

自分でこの音の発音の仕方を理解して、練習を繰り返すことでその音を出せるようになって初めて、ネイティブスピーカーが発音した「L」を「ああ、あの音だな」と捉えることが出来るのです。

苦労して身に着けた音ほどしっかり聞き取れるようになります。全てはモノマネから。

明日に続きます。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。
     ↓           ↓            ↓
みんなの英会話奮闘記d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへ


.15 2006 発音修行編 comment3 trackback0

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.12.15 21:41
TOEIC最強の学習法 森泉 晃
外国語を身につけるためには、きたことをそのまま口に出す、物まねって大切ですよね。

そのためにもリスニングとシャドーイングは重要ですね。

応援ポチ!!!
2006.12.16 22:54
英語の虎
森泉さま

コメントありがとうございます。

その通り、そのまま口に出すことが大切なんですよね。でも「そのまま」という言葉にすると簡単なことこそが一番難しいことでもあります。

これからもよろしくお願い致しますね。
2006.12.17 00:36

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/21-548e3347

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索