英語独学虎の穴  選ぶための基準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

選ぶための基準

日本人の英語熱は相変わらず高く、英語の上達に
関するメソッドはこれだけ溢れているのに関わらず、
大人になってやり直して、実際に「使える」ところまで
たどり着ける方の数は実は多くないのです。

新年になって新たにこれから始めようと考えている方
には厳しい話でしょうが、この現実をまずは認めて、
「そうならないためにどうすればいいか」を真剣に
考えなくてはなりません。

成功までたどりつく方が少ないことの理由はいくつか
考えられますが、その一つとして「選択肢が多すぎる」
ということが挙げられると思います。

英語は絶対勉強するな、いや絶対勉強しろ、
文法はいらない、いややはり文法が肝だった、
毎日5分聞き流すだけ、高周波の音を聞き続けろ、
ネイティブに直接教わるのが一番、留学しろ、
赤ちゃんが言葉を身につけるプロセスを真似しろ、
英語「耳」「舌」「脳」「口」「鼻」「尻」…

ネットにも書店にも、魅力的なメソッドがこれでもかと
言うほど並んでいます。

いったいどれを信じたらいいのでしょうか。

中には効果の怪しげなものも多くあります。

信頼できるものであっても、すでにある程度「使える」人
がさらに上達するための方法と、全く「使えない」人が
最低限「使える」ようになるために必要な方法とが
ごちゃまぜにされて並べられているという問題があります。

今度こそ迷うことなく「英語を使える」ところまでたどりつく
ために、あまた溢れる魅力的な勉強法の中からどうやって
本当に効果があって、かつ自分にぴったりなものを選ぶか。

第一章は、その「選ぶための基準」について述べています。

また、章の後半では書店で初めて手にとってくださる方に
対して、どうして華麗な経歴を持たない自分のような無名の
人間の言うことを聞く必要があるのか、ここをわかって頂く
ために、自己紹介を兼ねて本を書いた理由を紹介しています。

この部分はタイトルが「たった3ヶ月で920点取った
私のTOEIC(R)TEST最短攻略法」に決まってから増やしました。

本に書いてあることは単なる個人的な体験談ではなく、
多くの方が試して実績を出してきた勉強法であることを
伝えようと、けっこう必死になって書いています。

後の章に行くとややこしい記述も増えていきますので、
その前の準備運動ぐらいの気持ちで読んでいただければ
と思います。

-続きます。

 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ
.02 2009 本の内容について comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索