英語独学虎の穴  仕上げ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

仕上げ

11月には原稿作成の最終段階に入りました。

「ここはどういう意味か」「この説明はわかりにくい」などと
小野田さんからの細かいチェックが入り、指摘された部分を
修正して戻すというやり取りを何度か繰り返しました。

本来は10月の原稿がほぼ完成形で、11月の最終段階で
許されるのは誤字脱字の修正と、わかりにくい部分の補足
だけなのですが、この期に及んでも新しいアイディアが
浮かんで、それを書き加えるという病気は治まりませんでした。

本当にご迷惑をおかけしたと思います。

なお、この直したい病は締め切り後も続き、「どうしてこれを
入れなかったんだろう」と後悔するようなアイディアもたくさん
思いつきました。現在プレゼント中のレポートにはそれを
収めていますので、興味があるという方はこちらからどうぞ。
プレゼント

特に「どうして最初にリスニングの向上に集中すべきか」(P.33~)、
「音と文字の結びつきに関する話」(P.49~)、「知識の自動化」(P.55~)
「技術の基本講習」(P.59~)はぜひ読んでいただきたいです(本を
買っていただいた方には読者プレゼントと一緒にお送りしています)。

11月末になって最終の原稿チェックが終わりました。

もう手を加えたくても加えられません。ここに至ってやっと
精神的に解放されました。

とにかくこの一年半、本のことが24時間頭から離れることは
ありませんでした。

寝ている最中に突然目が覚め、自分が書いた文章が頭を
ぐるぐるよぎり出すということもしばしばでした。

「あれだけじゃわかりにくいから、この説明が必要だな」などと
様々なアイディアが浮かび、そうして夜中に思いついたことを
すぐに書き留められるように、いつもメモ用紙を枕元に置いて
眠っていたほどです。

気になって眠れなくなり、結局深夜にまた起きだして推敲を
始めるということも一度や二度じゃありません。一時は不眠症
に陥ったこともあります。

でももうその必要はないのです。長きに渡って自分の全てを
捧げてきた仕事がようやく終わったのですから。

もうしばらくなにも考えたくありませんでした。



 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ

.29 2008 出版への道 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索