英語独学虎の穴  イラストの必要性?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

イラストの必要性?

12月の出版に向けての原稿の見直しが続いている中、
もう一つ難しい問題が持ち上がりました。

それはイラストです。

本の中のスペースにイラストを載せることを
提案されたのです。

正直イラストの必要性がわかりませんでした。

ブログでは文字が多すぎという文句を時々頂きながらも
文章だけで勝負してきたんだという自負がありました。
それがなんで今さらイラストなのかと。

そして原稿の締め切りが差し迫った11月の終わりに、
どういうイラストを載せるのか、そのイラストの原案を
送ってほしいと言われました。なんとその際に自分の希望が
伝わりやすいように自作の絵も添えてというリクエストが。

これには困り果てました。なんと言っても絵を描くの
なんて小学校以来です。気が進まないまま描きあげた
イラスト案は園児の落書きにも劣る出来でした。
しかしそれ以上にやりようもないのでその落書きを
FAXで送りました。

イラストに関しては本が出来上がるまで見ることは
できませんでしたが、完成形を見て驚きました。

「ユーガットメールのラストシーン」など、かなり勝手な
ことをお願いしていたにも関わらず、どうしてあの落書き
からこんなこんな素敵なイラストが出来上がるのか。

イラストレーターの方のプロとしての技に感動したほどです。
あれだけでも見る価値はあると思います。買うつもりはない
という方も、立ち読みでイラストだけ見てみてください。

そして完成した本を読んでみると、文字数が多めの本で
疲れたところにイラストが入ることでそれがいいアクセント
となり、格段に読みやすくなっていました。

タイトル、1ページあたりの文字数、そしてイラストと

すべて素人としての自分のこだわりが プロの決断に覆される
結果となりました。もし自分の作りたいままのものが出ていたら、
とても読みづらいものになっていたでしょう。

タイトルも地味過ぎて、誰にも手にとっていただけなかった
かも知れません。

そうなると結局、自分の考えを本によってより多くの方に届けたい
という思いもかなわなかったでしょう。

多くの方が関わることの難しさを感じていた自分ですが、実際は
そのお陰でよりいいものを作ることができたわけです。

-続きます


 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ


.27 2008 出版への道 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索