英語独学虎の穴  TOEIC利用法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEIC利用法

ほとんどの英語学習者も、最初から英語が好きで好きで
しょうがないなんていう人は少なくて(続けていく過程で
好きになっていくことはあるでしょうが)、

スキルアップに必要だからとか、映画を字幕なしで理解
したいからなど、他にやりたいことがあって、そのためには
英語の勉強をやらざるを得ないというケースがほとんど
だと思うんです。

僕にとっての「走る」ことのように。

そういう方が「ただ漫然と頑張る」っていうのはやはり難しくて、
やはり何かしら目標があったほうが、モチベーションを高く
保てます。その意味で英語学習の最初の段階で、TOEICを
ペースメーカーにするのは賢いやり方だと思うんです。

自分自身の場合も、最初に「3ヵ月後にTOEICを受けよう」と
決めていたことが、すぐに逃げそうになる自分を抑えるのに
ずいぶん役立ちました。

あれが「力がついたらいつか受けよう」だったらそこまでの
集中はできなかったことでしょう。

このブログの中でも何度もお話しているように、最初の段階
での集中学習は成功を左右するほどのインパクトを持ちます
からね。

いったん申し込んでしまえば、「まだちょっと自信がないから
一週間後に延期して」なんて勝手なことは言えません。

そういう自分にはどうにもできない外的な要素を使うことで、
集中できる状況を人工的に作り出してやる、そしてそれに
後押ししてもらう。

とにかく「どうやったら諦めずに続けられるか」、しかも
「できるだけモチベーションを高く保って」というのが
英語学習にとっての最重要課題ですから

そのためのモチベーターとして、そしてペースメーカーとして
TOEICを最大限利用してやろうと言うわけです。

このような視点で書いたものであれば、今までのTOEIC
の本にないものになるのではないか。

そして特にTOEICのスコアを必要としていないという方
にも読んでいただけるのではないか。

以上のことを念頭に、自分の熱意と、この本でやろうと
していることがきちんと伝わるように企画書を大幅に
書き直し、原稿のサンプルを添えて、再び提出しました。

もう出してしまえばできることはありません。ただ結果を
待つのみです。これでだめだったらまた1からやり直しです。

それからしばらくして、担当の小野田さんから
連絡がありました。

編集会議の結果、出版が決定したとのことでした。

2007年7月のことです。

-続きます。

 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ


.18 2008 出版への道 comment2 trackback1

comment

ラーメン(´ー`)

やはり中島さんだったのですね、本を出されたのは。今日、偶々、自分が何となく感じていた(しかし明確には言えない)事と同じことを見事に文章化されている本を見つけ、購入したら、このブログと似たようなものだったので、中島さんの最新のスレ(記事)を読んでみました(16日くらいのスレ)。いや~、一番古いスレから少しづつ読ませて頂いていたので、まだ出版に関するスレまでたどり着いてなかったんですな。。

明日香出版にされたことにも感激しました。私はまず明日香のものを手にとります。そして、一応、他の出版社のものともちょっくら比較しようかなって感じでした。どちらかの出版社の書物で悩んだら、迷わず明日香出版にします。

それくらい、素晴らしい勉強本、英語本ばかりだと感じています。会社がシッカリしていて、社員が素晴らしいのでしょうね。機会があれば、この、文章では表現しきれない思いを伝えておいてください(笑

実は中島さんの書物にたどり着いたのも、明日香出版という名前が目に留まり、無差別に手にしたからでした。

お勧め図書には私の使っている書物が無いのですが、1冊1冊をしっかりやれば何でも平気ですよね?
2008.12.18 20:24
中島正博
ラーメンさん

コメントいただきましてありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ありません。

>自分が何となく感じていた(しかし明確には言えない)事と同じことを見事に文章化されている本を見つけ

英語学習に関して、そして英語の上達に関して「それまでは漠然と考えていたことを言語化する」というのが、この本の出版にあたって自分が一番時間をかけた部分でもありますので、そう言っていただけると嬉しいです。

>私はまず明日香のものを手にとります。

僕も明日香出版社さんにお世話になることができて本当によかったと思います。ラーメンさんのその思い、伝えておきますね。

>お勧め図書には私の使っている書物が無いのですが、1冊1冊をしっかりやれば何でも平気ですよね?

もちろんです。「一冊を繰り返し」が基本ですからね。役に立たない本なんてないはずです。

記念すべき本の感想の第一号をお送りくださいましてありがとうございます。その言葉に励まされました。

これからもよろしくお願いいたします。
2008.12.22 09:26

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/198-03c55cda
海外に長期滞在することのメリットの一つとして当地の語学力が身につくことがありますが、高校生という年齢なら十分な語学力を身につけることができます。16歳から一年間留学した知人の話ですが、始めはコミュニケーションをとるのもやっとの状態から、半年後には会話はま...
2008.12.29 01:57 高校生からの海外留学

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索