英語独学虎の穴  TOEICの必要性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEICの必要性

しかしその答えは意外とあっさり見つかりました。

もともとTOEICとは受験者の英語力がコミュニケーションで
使えるレベルにあることを確かめるためのテストですからね。

自分が一番伝えたい部分である、英語を使えない人が
使えるようになるために最初にやるべきことと、TOEICで
求められることは、実は大部分で重なっているのです。

このブログの中で3ヶ月とよくお話していますけれど、実際に
自分がやったのは2ヶ月間の基礎固め(音読中心)+1ヶ月
(実質は3週間)の実戦練習です。

TOEICのことは頭の片隅ぐらいにはありましたが、最初の
2ヶ月間はただひたすら基礎力をつけることに集中しました。

これがよかったのです。ここが弱いままテクニックを追おうとすると、
結局中途半端になり、スコアもアップしていきません。

多くのTOEICに関する本はその最後の部分である、「得点力を
どうつけるか」というテクニックに終始しています。

しかし幹を太くしてから葉をつけるというのが本来の順番ですよね。
TOEICのあの大量の問題に対応できるだけのリスニング力と
リーディング力をどうつけるか、ここを伝えようと思いました。

こういう視点で書くことができれば、自分が伝えたいこととの
整合性もありますし、他のTOEICの本とは明確な差別化が
図れるはずです。

もちろんその中心となるのは、たくさんの方を教えてきた中で
たどりついた「再現性の高いメソッド」です。

あともう一つ、TOEIC受験を意識することにはモチベーションの
維持という効果も期待できます。ここは軽視ないところです。

実は最近になって走り出したんですよ。

もともと走るのは好きじゃないというか、大嫌いだったんです。
でも運動の機会が減ってきたから体力維持のため、というより
歳のせいかお腹の周りに贅肉がつきやすくなったので、
もう仕方なく始めたんです。

でも何しろ「ただ走る」なんて20年以上やっていません(いや、
「走る」ことすら電車に乗り遅れそうなとき以外なかったぐらい
です)し、体もできていませんでしたから、最初は無理をしないで
「疲れたらやめる」というやり方で走っていました。

でもそのやり方だと続かないんですよ。すぐに飽きてきちゃって。

そこで「昨日は30分走ったから今日は35分走ってみよう」
というように目標を作ることにしました。そして一ヶ月以内に
45分間走り続けられるようになろうと。

そうして目標があると、気持ちに張りができて続くんですよ。
ただぼーっと頑張るっていうのが一番難しい。目標なしで
ただ頑張れるのは、尋常じゃない根性の持ち主だけだと
思います。


-続きます。

ようやく30位が見えてきました。応援してくださった方、ありがとうございます。

 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ

.17 2008 出版への道 comment5 trackback0

comment

sinrotensyoku
ずっと読ませていただいています。
とことん「シンクロ読み」いいですねー!
50過ぎて、私も挑戦しています。

PS:私も何冊か本(エッセイなど企画出版)を出していますが、
どんなきっかけやチャンスで本になるかはわかりません。
地道に、誠実に、ご自身の信念を貫いていると、
ひょんなことからチャンスが巡ってくる、
そんな気がします。

頑張ってください。
2008.12.17 14:41
Tim
こんにちは。
かつての英語の虎さんの調子が戻ってきましたね。本当に嬉しい限りです。

「目標があると気持ちに張りが出来て頑張れる」
まさにそのとおりだと思います。目標を見失わずにいるということは前に進むためのエネルギーです。
目標があるからこそ頑張れるんです。
私も今は大きな大きな目標があります。そのために毎日トレーニングを続けています。

英語の虎さんからのメッセージも私を後押ししてくれます。
これからも是非続けて行って頂きたいと思います。
2008.12.17 19:05
英語の虎
sinrotensyokuさん

はじめまして。コメントいただきましてありがとうございます。

>50過ぎて、私も挑戦しています。

こういう言葉を聞くと本当に嬉しくなります。
自分自身もいつまでも新しいことに挑戦できるような人間で
ありたいと思っています。

>地道に、誠実に、ご自身の信念を貫いていると、
>ひょんなことからチャンスが巡ってくる、

本当にその通りだと思います。もう何冊も本を出版されているんですね。
この出版への道のりもブログで公表しておけばよかったと今になって
思います。そうすれば出版の経験のある読者の方にアドバイスを
いただけたのではないかって。

まだしばらく出版への道のりは続きますが、お付き合いください。

これからもよろしくお願いいたします。

2008.12.18 08:04
英語の虎
Timさん

こうして戻ってきたことを喜んでくださる方がいるほうが嬉しいです。

>私も今は大きな大きな目標があります。そのために毎日トレーニングを続けています。

僕の言葉に励まされたという方が頑張っていらっしゃることで、
今度はこちらが励まされています。ありがとうございます。

>かつての英語の虎さんの調子が戻ってきましたね。

「英語が使えるようになるための道のりを」などとうたいながら
自分の出版の話が続いていることで、どこかで申し訳なさを
感じていました。

また少しずつ自分の色を出していけたらと思っています。
2008.12.18 08:13
naoto
やっと半分弱までブログを読み終えました(^^)
2012.09.07 15:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/197-61d79441

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索