英語独学虎の穴  夢のオンライン英会話レッスン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

夢のオンライン英会話レッスン

あしたのためのその183 「恥ずかしい話、略して…

前回の「ブレイクスルー」に関する記事の拍手数がなんと50に迫る勢いでびっくりしてしまいました(間があきすぎただけですね)。

皆さんはオンライン英語レッスンをご存知でしょうか?実は以前こっそりあれに参加していたことがあります。

当時の僕は順調に上達できていたリーディング・リスニングと、相変わらずヨチヨチ歩きレベルのスピーキングのギャップをなんとか埋めようと、必死で英語で話す機会を探していました。

そんなときに見つけたのがオンライン英会話レッスンだったのです。自宅のPCで受講できるのでわざわざ学校に通わなくていい、しかも何時からでも受けられるという点で面倒くさがりの自分にぴったりだった上に、何より授業料が安い!6ヶ月分だかをまとめて払えば一回当たり500円程度になったような(すいません、だいぶ前のことなんで正確なことは覚えていません)。

そんな素敵な宣伝文句にまんまと乗せられて半年分を一括で払い、早速レベル分けテストなるものを受けました。しかしそんな会話力を測らないテストでは、僕のスピーキングのしょぼさは伝わらないのですよ。

その結果、全く分不相応な高いレベルのクラスに入れられてしまい、あわててメールで説明したら「何度か授業を受けてみてレベルが合わなければどんどん勝手にクラスを変えてよい」とのこと。なんのことはない、形だけのテストだったんですね。結構いい加減なもんです。

授業は、まぁ授業と言っても名ばかりで、十人ぐらいの参加者に教師役のネイティブスピーカーが一人いて、毎回「仕事」やら「幸せ」やらの漠然としたテーマを与えられて、みんなでそれについて話し合うっていう形式なんですわ。

話し合うって言ったって生徒はそんなディベートなんてできるレベルにはいませんから、他の人の意見なんて関係なく、みんな順番に自分が言えることを勝手に発言するという。それで生徒の使う英語の中に単語やら文法の間違いがあったら教師(のようなもの)が、それを訂正するんです。まぁ、でもそれも人によりけりで。ああいうところって正確さよりも流れを重んじますからね。

発言したいときは、挙手のアイコンみたいなのをクリックすると、早く押した順に番号がついて、順に答えていくってスタイルのため、クイズイントロドン(知らないですよね、早押しクイズです)みたいになって結構盛り上がるんですよ。

いろんな国の人が生徒として参加しているために、聞こえてくる英語も、国によって特徴があるのもわかって楽しかったんです。それまではCDに録音されたアメリカ英語しか聞いてこなかったわけですけれど、色んな国の人が英語を話すんだからそれに慣れるいいチャンスだなんて前向きにとらえたりして。

英語だけではなく答え方にも特徴があって、例えば南米の人は一を聞かれると十以上返すんですよ。中国人も負けていません。例えば「仕事を選ぶ際に一番大切なのは?」なんて聞かれると、日本人はだいたい「お金」とかせいぜい「お金が大切だと思う」で終わっちゃうんですけど、彼らはどうしてそう思うのか、そしてそう思うに至った僕らが知らない親戚のエピソードまで紹介してくれちゃって。

日本人は英語が苦手なだけでなく、自分の意見を論理立てて人にわかりやすく説明するっていう練習やってきていないのが丸見えで、自分の発言1に対して聞いている時間99ぐらいの割合で授業時間のほとんどを待つことに費やしていました。

僕はそんな彼らが歯がゆくて、日本人のおとなしいという印象を一人で打破すべく南米人ばりに話しまくってました。同じ日本人から見たらさぞかしKY(嫌な言葉ですねぇ)だったろうと思いますけれど、なにせ当時は必死でしたし、何よりあそこではそれがスタンダードだったんです。食うか食われるかの世界でしたから。

そんなこんなで結構楽しんでいたんですけどね。結局やめてしまいました。

おいちょっと待て、しゃべれないから受けたくせになんでそんなにしゃべってんのかってお思いでしょう。なぜそれほど話せたのか、そしてどうしてやめてしまったのか。全てのなぞの答えは次回に…

久々に確信を持って言います。続きます。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記


.28 2007 今度こそ英語をものにするために comment10 trackback0

comment

Tim
こんにちは。

私も随分前ですが,オンラインにチャレンジしたことがあります。
とにかくスピーキングをしたいと言う理由だけで始めた記憶があります。
基礎的な学習は何もせずに。
なので,数回参加しただけですぐに根を上げてしまった気がします。

オンラインの良いところは,まず何より安いところが挙げられると思います。
そして通う時間も不要,自宅でノンビリと受けられると言うこと。
上手く使いこなせる人は本当に有用なツールだと思います。

しかし,その一方でモチベーションを持続させるのもまた難しいことと思います。
本当に熱心に取り組まないといつでも辞められちゃいますからね。

私は日本人向けのものでしたが,色々な国の人と話が出来るというのもまた興味深いところです。
実世界では必ずしも教科書どおりの英語だけではありませんから。

うーん。なるほど。
私ももう少し余裕が出てきたら再チャレンジしてみたいと思います。
2007.10.28 15:18
はなぶさ
>おいちょっと待て、しゃべれないから受けたくせになんでそんなにしゃべってんのかってお思いでしょう。

はい、もちろんそう思いました。

>なぜそれほど話せたのか、そしてどうしてやめてしまったのか。

なぜ? どうして?

>全てのなぞの答えは次回に…

す、すべてのなぞの答えっ!
わあ~、待ちきれな~い!!!!

2007.10.28 16:11
かいちゃん
日本人代表として、いろいろな国の人たちと話し合う…。大げさに言えば国を背負って発言する。なんか国際シンポジュームみたいでかっこいいですね。

でも、なぜ辞めてしまったのでしょう?

続きにとても興味があります!
2007.10.30 06:35
キョロちゃん
英語の虎さん、お久しぶりデス\(^ー^)/

待ちに待っていましたヨ♪今回のオンラインレッスンは興味深いお話で、続きが非常に待ち遠しいです!

キョロは今、NHKBS2で放映中の海外ドラマ「アグリーベティ」を聞き取りしながら、会話に使えるフレーズをひたすらインプット中です。時々、虎さんの教えを思い出していますo(^-^)o

2007.10.30 15:04
英語の虎
Timさま

>しかし,その一方でモチベーションを持続させるのもまた難しいことと思います。

おっしゃる通りで、便利さと続けやすさは比例しないんですよね。そのあたりの難しさを自らの情けない経験から伝えたいと思っています。

ただ、「色んなタイプの英語が聞ける」のは普通の英語学校では体験できない、すばらしいところだと思います。

2007.10.31 08:02
英語の虎
はなぶささま

どうしよう…あんな期待させるようなこと書くんじゃなかった。ちょっと長くなりすぎるので二回に分けただけなんです、ほんとにごめんなさい。最初に謝っておきます。

2007.10.31 08:03
英語の虎
かいちゃんさま

>国際シンポジュームみたいでかっこいいですね。

本当にこれは言いすぎで、他の人の発言に関係なくただ好きなことを話すだけなんですけどね。もう少し参加者(特に自分)にスキルがあったらそういう発展性もあったかもしれません。

それをやめてしまったのも情けない理由によるものです。

2007.10.31 08:17
英語の虎
キョロちゃんさま

「アグリーベティ」聞いたことがあります。去年カナダに行ったときに確か近日放送開始っていうCMを見たような…。結局放送が始まる前に帰ってきてしまいました。見たかったなぁ。今テレビないんですよ。

こちらの続きは本当にしょうもないんで期待せずに気楽な感じでお待ちください。
2007.10.31 08:26
セーナ
私も 今1年間 ネイティブではなく フィリピンの先生 で マンツーマンで WEBカメラ 英会話をしています。 いろいろなコースがありますが 私 月15回 一回1000円です。
発音は気にならないの?と人から言われますが、 私は英語を話す機会を作りたかったのです。 ただ これで スピーキングが伸びたとは思いません。 ある人に 基礎できていないうちに スピーキングをしても 伸びない!
その時間を 基礎を固めた方が良いと言われたことがあります。 確かに私もそう思いました。 でも 楽しくて楽しくて 辞める気にはならないので、続けることにしました。
平行して シンクロ (シンクロになってないと思いますが)文法をやっています。 毎日少しづつですが 続けています。 なので WEBカメラの英会話は そこで勉強ではなく 普段 勉強していることを実践する場と思っています。
でも マンツーマンって良いようで、他の人のいいまわしとかが まるっきり聞くことはできないので、 最近 グループでやった方が良いのかなと思ってきました
2007.10.31 13:01
英語の虎
セーナさま

>他の人のいいまわしとかが まるっきり聞くことはできないので、 最近 グループでやった方が良いのかなと思ってきました

なるほど、マンツーマンもグループもそれぞれいい点・悪い点があるんですねぇ。

僕が読んでいて嬉しかったのはこの部分です。↓

>楽しくて楽しくて 辞める気にはならないので、続けることにしました

この気持ちが一番ですよ。楽しまなくては上達はありませんからね。

しかもシンクロも文法もやっているって、基礎固めだってちゃんとやっているじゃないですか。

凄くいいペースで進められているようで安心しました。これからもがんばってくださいね。



2007.11.03 09:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/185-fac74e11

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索