英語独学虎の穴  知っているものと使えるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

知っているものと使えるもの

明日のためのその181 「習熟度

ここまで単語についてはかなり詳しく見てきました。これは自分がボキャビルに苦労したためです。

単語の習熟度という問題があります。

以前もお話したように、僕はずいぶん長い間単語を軽視していました。全て覚えるのは無理なんだからと、最初から覚えることよりも文脈から推測することに重点を置いていました。そしてリスニングやリーディングではその推測力が威力を発揮したのです。

さらに初めてのTOEICで結果が出てしまったことで、「やっぱりこのやり方でいいんだ」と自分の中でこの方法が絶対化されました。

インプット(リスニングとリーディング)の際は、なんとなくニュアンスがわかる程度の単語が数多くあれば対応できます。広く浅い知識です。その広くて浅い知識を増やすことのみに集中したのです。

アウトプット(ライティングとスピーキング)の中でもライティングの際は、辞書を引いて調べながら書くことだってできます。ですからこのやり方で問題が出てくるのは、そのような余裕のないスピーキングの場合です。

当然ながら読んで意味がわかるものと、会話のような切羽詰った状況で瞬間的に出すことができるものとの間、つまり知っているものと実際に使えるものとの間には大きな壁があります。

なんとなくニュアンスがわかるものをたくさん知っているよりも、数は限られていても確信を持って使えるものがあるほうが、自分で発話するときには遥かに役に立ちます。bookやflowerと同じぐらい楽に使えるものを増やすことが必要なのです。

自分の場合は上の理由で、広く浅く知っている単語が極端に増えてしまい、読んだり聞いたりする場合はかなり高いレベルのものを理解できても、話してみると3歳児レベル、というような状況が長く続きました。

そりゃ3歳児レベルという烙印を押されて、その屈辱に耐えながらちんたらしゃべるよりも、そこそこできる読み聞きで触れられるもののほうが遥かに面白いですし、自己満足も得られるものですから、よりいっそう聞くこと・読むことに集中する→さらにそのギャップが広がってしまうという悪循環に陥りました。

その後、英検一級のために単語を一からやり直して、ようやく自分が本当に言いたいことが言えるようになってきました。それまで「なんとなく知っていた」レベルの単語に対する習熟度が上がって、自分でも使えるようになったためです。

このような偏った上達の仕方をする方はなかなかいらっしゃらないでしょうが、文脈からの推測に役立つ広く浅い単語を増やすとともに、アウトプットで使えるぐらい習熟度の高いものもバランスよく増やすのが理想です。

もちろん全てを「使えるレベル」にすれば言うことないのですが、それはかなり難しいですよね。ですから実際の会話で自分が使えそうな(使ってみたい)単語に出会ったら、念入りに覚えて自動的に出るレベルにまで高める、そうでないものは「これは読んでわかれば十分」と割り切って、だいたいのニュアンスを覚えるというやり方がいいのではないでしょうか。覚え方に濃淡をつけるわけですね。

そうやってバランスよく単語を増やすために、単語編で書いたことを参考にしていただければ、ここまで苦労した甲斐もあるというものです。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記




.30 2007 虎の単語退治 comment4 trackback0

comment

Tim
「アウトプットで使える知識」と言うのは重要ですね。
自分で分かっているつもりでも,いざとなるとアーとかウーとか詰まってしまいます。
実際の場面で使えるようになるためには,かなり習熟度を高めなくてはなりません。
本当に良く分かります。

身につけたと思ったところから,さらに1段,2段と高めて行くプロセスが欠かせません。これは本当に大切なことです。
私も今はそれが身に染みて分かるようになりました。

今は手持ちのテキストの内容をこれでもか,と言うぐらい繰り返しています。
繰り返して繰り返して,さらに振り返ってみてようやく使える知識になるんですね。
それでも忘れてしまいますから,また振り返ってみる姿勢が重要です。

まだまだ修行の道は続きます。
2007.10.01 13:02
あち
久しぶりにコメントさせてもらいます★
私は今英語の面接練習をALTとやってますが、本当に単語の重要性を感じます(><;)
しゃべれる単語が少ないため使う単語がいつも同じ…
これからはこの方法を使って、しゃべれる単語を増やしていきたいです(^^)
2007.10.02 19:47
英語の虎
Timさま

いつもコメント下さりありがとうございます。

>繰り返して繰り返して,さらに振り返ってみてようやく使える知識になるんですね。

本当にその通りだと思います。たくさん教材の教材に手を出すよりも一冊をじっくり何度もこなすほうが遥かに身になりますよね。僕も新しい教材につい手を出しそうになるんですが、「いやいやそれより前のやつをもっとしっかり」と思いとどまっています。

お仕事しながらの英語の勉強、大変だとは思いますが頑張ってくださいね。
2007.10.03 01:40
英語の虎
あちさま、お久しぶりです。

>しゃべれる単語が少ないため使う単語がいつも同じ…

そうですね、習熟度が深い単語が少ないと、当然会話で使えるものも限られ、表現に幅が出ません。

単語の覚え方についてはたくさん書いてきましたので、いろいろ試してみて自分にあったものを見つけてくださいね。
2007.10.03 01:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/183-bf64b5bc

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索