英語独学虎の穴  覚えにくけりゃ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

覚えにくけりゃ

あしたのためのその176 「使ってみるべし!

前回からの続きです。

こうして見てくると、抽象的なものや自分との関わりが薄いものは覚えにくいわけですね。自分とは縁がない上に抽象的な単語ならば、覚えにくさは最強でしょう。ではこれをどう覚えるか。

理想を言えば、ある単語を覚えた直後に、たまたま読んでいた本の中ででもその単語にばったり出会えば、「あーお前あのときの!」と運命的なものを感じて、また反復の効果もあいまって強く記憶に残るでしょう。

この「偶然」を狙って、単語の増強をやった直後にたくさんの文章に意識的に当たるようにすればその確率を少しは上げられるかもしれません。でも、まぁ高(たか)が知れていますよね。

こんな場合、そういう偶然に頼るよりも、自分でそういう機会を作ったほうが手っ取り早いです。具体的にはそのどうしても覚えられない単語を使って英文を作るのです。辞書でどういう使い方をするのかをきちんと調べて、英作文するのです。

そしてその際に、脳の性質を逆に利用して記憶に残り易い文を作ればいいのです。つまりなるべく自分に関係した、あるいは自分の身内・知り合いが実際に体験した、なるべく具体的な、そのシーンが頭にくっきりイメージできるような文を作るのです。

なじみが薄くて抽象的な言葉を、自分にとってなじみの強い具体的な文脈の中に入れてしまうわけですね。こうすればその単語は当然文の中に入ることになりますから、文脈のパワーも利用できます。

全部についてこれをやっていたら大変なので、どうしても覚えられないものに限ってやりましょう。

英作文をするのに便利なのが、アルクの英辞郎 on the WEBです。いくつもの例文が載っていますが、そのままパクらずに自分で作りましょう。あくまでもどうしても覚えられない単語を覚えるための手段なのですから。自分で作るというのが大切なポイントです。

例えば上の英辞郎を使って、「obtuse」(鈍い)という形容詞を覚えるために英作文するとします。するとこれがどんな名詞を修飾するのかも一緒に調べることになりますよね。

実際に英辞郎で調べると「~ angle」(鈍角、)「~ mind」(鈍感)、「~ pain」(鈍痛)といったところが出てきます。英文を作ろうとすることで、その単語を使うのに必要なほかの単語とつなげることができるわけです。するとまた付箋が増えますよね。

そして出来た英文を、そのシーンを頭の中にできるだけ鮮やかにイメージしながら何度も音読して耳と口になじませるのです。もちろんその単語にハイライトを当てながらですよ。なるべく多くの感覚を使いながら覚えたほうがいいんでしたよね。

続きます。

今日も長くなってしまいました。最後まで読んでくださってありがとうございます。なるほど、ちょっとやってみようかなと思われた方はクリックをお願いいたします。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記


.04 2007 虎の単語退治 comment6 trackback0

comment

セーナ
久しぶりにコメントします。でも毎回 読ませてもらってます。ポチもしてますよ! 本当に単語を覚えるって 根気いりますよね!今 DUO3.0
を通勤時に聞きいたり、和訳していますが、今は通勤時のみで、家で音読や精読をしてないので、本当に覚えることができません。ただ今家ではシンクロと文法をやっているので、時間がなく、単語は通勤時にやっています。 でも 虎さんの英語退治を読んでるうちに やはり 付箋をたくさんつける為には、家で15分でも良いから やろうと思いました。 そして今回書かれてます。 覚えにくい単語を自分で英作文する これはいいと思いました。 すぐ実行して見ようと思います。 いつも モチベーションあげて頂いて有難うござます。
2007.09.04 10:27
秋穂
はじめまして。秋穂と申します。

自分で文章を作って覚える、という方法、
私も身に覚えがあります。
大学時代に第2外国語で学んでいた中国語なのですけれど、
その時の先生が「間違っても良いからとにかく喋りなさい」という方でした。
結局、あれからもう8年以上も中国語は使っていませんけれど、
あの時に頑張って喋ってみた文章や単語などは今でも覚えています。

自発的に使ってみるのって、
記憶に残すのにはとても良い方法ですよね。
私ももっと、覚えたことを自分で使ってみようと思います。
2007.09.04 17:00
かいちゃん
語彙を増やすということは、語学をする者にとって永遠のテーマですよね。

私の経験をお話させていただくと、一時期集中的にボキャビルをするのは大切なことだと思います。市販の単語集を買ってきてダーっと覚える。でも、8割くらいは忘れちゃうんです。でもそれでいいと思います。人間は所詮忘却の動物ですから。

単語と格闘をしているうちにいつの間にか、自然に本の内容などに意識が集中してくる。そのうちに語彙の問題を気にしなくなってくると、あ~ら不思議、いつの間にか不自由しないくらいの語彙力がついてくるんです。

でもここまで来るには、ボキャブラリーと格闘する時期が絶対に必要なんです。なんか禅問答のようですが、これが私の経験から得たことです。

ところで、またブログを再開しました。お時間がありましたら、覗いてみて下さい。
2007.09.04 22:42
セーナさま、お久しぶりです。

シンクロと文法でかなりの時間がとられてしまいますよね。以前も書いたように、僕の場合は文脈の中で知らなかったものを覚えるというやり方でずっと通してきました。ここに書いてあるやり方は、その後いきづまってからのものです。

シンクロを繰り返すうちに口に馴染む単語も多くありますよね。最初のうちはそうやって覚えていくので十分だと思います。全てをいっぺんにだと嫌になってしまうような気もしますから。
2007.09.05 21:29
秋穂さま、はじめまして。コメントありがとうございます。

どの言語でも一緒ですよね。主体的に取り組むことで頭に残り易くなるというのは。書いてあるものをただ読むよりも自分で苦労して作ったほうがなじみも深くなるというものです。それにしても8年経ってもまだ覚えているとは凄いですね。

2007.09.05 21:39
かいちゃんさま

>単語と格闘をしているうちにいつの間にか、自然に本の内容などに意識が集中してくる。そのうちに語彙の問題を気にしなくなってくると、あ~ら不思議、いつの間にか不自由しないくらいの語彙力がついてくるんです。

含蓄のあるお言葉です。文法の上達のプロセスも似ていますよね。最初はどれが主語でどれが目的語でっていろんな要素に気を配りながら読んでいるのが、量を読んでいるうちにいつの間にか気にしなくとも自然に使えるようになっていく。一度しっかり頭に入れておくと勝手に熟成されていくんでしょうか。ここではその格闘期間に知っておくといいということを書き連ねています。

いよいよ復活ですね!また遊びにいかせていただきます。
2007.09.05 22:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/178-51d917e7

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索