英語独学虎の穴  ストーリーの威力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ストーリーの威力

あしたのためのその173 「全部ひとまとめ

ストーリーの凄いところは、複数の単語にまとめて強力な付箋を貼り付けてくれることです。

例えば「arrogance(傲慢さ)」「spite(意地悪)」「condescension(人を見下すこと)」は全て「ユーガットメール」の中でトムハンクスが自分の中の嫌な性質として並べているものなのですが、もう4年以上経ちますけれど、いまだに僕の中ではそのシーンの記憶とともにしっかりと頭に残っています。

つまりそれらすべてが「ユーガットメールのあのシーンで使われていた」という付箋で強力につながれているのです。そのシーンの流れを思い出すことでその単語の意味も浮かびます。

ストーリーにインパクトがあればあるほど、ああ、あの話で使われていた単語だ。と思い出しやすくなるわけです。

そういう意味で以前ここでもご紹介した「速読英単語」は、受験用の教材ですけれどやはりいいです。それぞれのトピックがなるほどと思わせる内容で、しかもそれが重要単語によって構成されていますから、話の中でスムーズに必要な単語を覚えていけるはずです(ただしCD別売り)。

速読英単語1 必修編速読英単語1 必修編
(2004/11)
風早 寛

商品詳細を見る

NHKの「新3ヶ月トピック英会話」という番組をお勧めしたのも、一つのストーリーの中で単語のネットワークを作るということを意識的に目指しているのが伝わってきたためです。

この番組ではトピックの中心となる基本英単語を足がかりに、他の単語をネットワーク状につなげることで、10,000語の語彙力を身につけることを目標にしています。

例えば第一話の携帯電話(cell phone)の話では、「mobile」「portable」といった携帯電話の別の呼び方、それに関連した形容詞「ubiquitous」「interractive」などに加えて、使い方が「figure out」できなくて「lost」したり「frustrated」あるいは「embarrassed」な状態になるなどの感情を表す言葉までつながって出てきます。

これら意味の次元の違う単語が、一つのストーリーに登場するものとして無理なく覚えていけるように作られています。

そしてストーリーの中に登場した単語がネットワーク化された図で視覚的におさらいできるようになっています。

それに利用されているのがマインドマップです。マインドマップとはトピックの中心となるワードを中心に置き、そこから放射状にキーワードをつなげて伸ばしていくノートのとり方です。文を並べた従来のノートのとり方よりも脳の記憶のシステムにマッチしていて、これを元に覚えると記憶に残り易いと言われています。

イメージが沸かないという方はこちらをご覧下さい。

続きます。

書き続けるって大変ですね。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング にほんブログ村 英語ブログへ


.27 2007 虎の単語退治 comment6 trackback1

comment

はなぶさ
毎回「うん、うん」と頷きながら読ませていただいています。

>もう4年以上経ちますけれど、いまだに僕の中ではそのシーンの記憶とともにしっかりと頭に残っています。

「ユーガットメール」には、ばりばり最強の付箋が付いているんですね~。
これは本当にスゴイことだと思います!
だからこそ、虎さんのおっしゃることには説得力があるんですよね。

その虎さんが、PASS単で単語を覚えたとおっしゃったときにはちょっとびっくりしましたけど、やっぱり例文集を活用していらしたんですね。
それで納得がいきました。

マインドマップは、以前に神田昌典さんが紹介していらっしゃったときにちょっと興味がわいたものの、そのままたち切れになっていたんです。でも、虎さんが教えてくださった番組で実際に使われているのを見ると、確かにとってもわかりやすいですね。
早く自分でも活用できるようになりたいです。

2007.08.28 17:09
Mit-chan
今まさに実感中です。
DVDと英語の論文だとどうしてもDVDの単語のほうが身に付きやすいです。そのシーン丸ごと覚えちゃうんですよね。
そしてもう一度出てきた時に聞き取れると最高に嬉しいです。この感動がまた付箋になって、そうなるともう忘れられません。(笑)
2007.08.29 08:47
フォニックスあきつぐ
こんにちは。久々にきたら、ちょっと雰囲気がかわりましたね。

なるほどなるほど、そういえば、記憶するために色々リンクさせると、脳の神経がたくさんつながって覚え易くなるとかなんとか習ったことがあります。

この記事のおかげで思い出しました。頑張ります。
2007.08.29 14:14
はなぶささま

「ユーガットメール」の場合は、数え切れないほど音読しましたからね。そして映画の場合は映像も加わることもあってやはり頭に残り易いです。

マインドマップについては考案者であるトニーブザンの本をけっこう読んだんですよ。なるほどなという部分もあったのでそれ以来、本を読むときはああいう形でメモをとったりしています。

あの番組ではとてもうまく利用していますよね。
2007.08.29 23:09
Mit-chanさま

>DVDと英語の論文だとどうしてもDVDの単語のほうが身に付きやすいです。

ストーリーに映像も加わりますからね。やっぱり強力ですよね。

>そしてもう一度出てきた時に聞き取れると最高に嬉しいです。この感動がまた付箋になって、そうなるともう忘れられません。

そう!「感動」という付箋は最強ですよね。いいですねぇ、そのプロセスを楽しめているのがこちらにまで伝わってきます。

2007.08.29 23:26
あきつぐさま

そうなんですよね。何かを覚えるときになるべく多くのことと関連させる、それが既知情報であるともっといい、ここを伝えたくてここまで書いてきています。この記事がその記憶をよみがえらせるのに役立ったのでしょうか。
2007.08.29 23:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/174-a6b51695
英文法を学習する時はコレだけは押さえておいて!・CNNでしょっちゅう流れている、85万人以上が使った超人気教材・「英語+日本語」音声なので、聞いているだけで英会話表現が学べる・無料試聴可能、1日5分のネイティヴとの電話英会話サービス 私も実際に使いました! 体...
2007.09.01 13:27 英会話口コミ教室

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索