英語独学虎の穴  単語のネットワーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

単語のネットワーク

あしたのためのその170 「既知情報

付箋(ふせん)を多く貼ればいいとは言っても、同じ次元のもの同士は避けるようにすることが大切です。例えばある単語に意味が二つ以上あるときって、すごく覚えにくかったりしません?あれは「意味」という同じ次元にあるものをいっぺんに覚えようとするために、それぞれが記憶の邪魔をし合うのです。

ですから次元の違うもの同士を、つまり例えば「意味」を覚えるのであれば「発音」「品詞名」「どんな文脈で使われていたか」などバラバラのものを組み合わせれば、それぞれが記憶を邪魔することもないため、それほど苦労なく覚えられるはずです。

最初は一つの単語に対して一つの意味を覚えれば十分です。それを先に定着させて自分の中で「既知のもの」になったら、今度はそれを足がかりに新しい意味を覚えるほうがスムーズにいくと思います。

また、ある単語を覚えるときに「類義語」や「対義語」の付箋を貼るときは、それらがすでによく知っているものである必要があります。もし未知のものであれば、「新しい単語を覚える」という負荷の高いタスクを新たに加えるだけでなく、前述の記憶の干渉も加わるため、普通よりはるかに難しくなります。ここは欲張る必要ありません。

このように、何かを覚えようとするときに既知の情報と結びつけるというのは、記憶に残すための大切なキーワードの一つですよね。少々無理やりにでも、自分にとってなじみの深いこととくっつけて覚えるようにすると、忘れにくくなるはずです。でもこれ、何かを覚えようとするときに、誰でも無意識にやっていませんか?

例えば「assiduous」という単語を覚えるときに「意味は(勤勉な)かぁ、確か「diligent」もそんな意味だったよな」というように、もともと知っているものに結びつけることで忘れにくくするということを。

そしてこうやって覚えると「assiduous」と「diligent」の間にはネットワークが作られますよね。「assiduous」を言おうとして出てこなかったら「diligent」で代用するということも可能になります(なじみ度の高い単語のほうが当然出てき易いです)。

さらにすでに「diligent」の対義語として「lazy」や「idle」を知っていれば、それらの単語との間にもまたネットワークができます。

こうして出来た単語同士のネットワークが強ければ強いほど、記憶に深く刻まれ忘れにくくなります。

続きます。

いつも応援いただきましてありがとうございます。励まされております。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング にほんブログ村 英語ブログへ


.20 2007 虎の単語退治 comment8 trackback0

comment

yo
質問ですが、このブログに書かれている勉強法はセンター試験にも使えますか?
2007.08.21 13:52
くぅ
虎さま、こんにちは。

確かに無意識にたくさん付箋を貼っている気がします。
そして、やはり、付箋をたくさん貼った単語は覚えてますね。
なかなか覚えられない単語も「覚えられない」という付箋を貼ることにより、
今度出会った時はゼロからのスタートではなくなる気がします。
意味は覚えられないけど、発音だけが妙に頭に残っていたり、、、なんてこともあります。

> 最初は一つの単語に対して一つの意味を覚えれば十分です。

こう言っていただけると、気が楽になります。
単語本には1つの単語に対して、たくさんの意味や既知でない類義語や反意語が
載っているので、「これを全部覚えなければ」と思うだけで脳が覚えることを
拒否していました。
今回のブログを読んで、付箋を貼りながら、コツコツと覚えていけそうな気がしてきました。
2007.08.21 16:18
YOJIRO
こんにちは、久しぶりにコメント書かせていただきます。
私は前にNHKでやっていたイメージで覚えるという本を使って単語をやっているんですがイメージを虎さんの方法で覚えると効率がいいもしれませんね。今度やってみます。私は今までは何回も復習して覚えていたんですがこのやり方だと繰り返しやるよりも少ない回数で覚えられるのでいいですね。あと忘れにくくなるのでその点でもいいですね。次回の更新も楽しみにまっています。
2007.08.21 16:54
yoさん、こんにちは。

最低限あいさつはしましょう。大人は質問に自動的に答えてくれるマシーンではありません。感情を持った人間です。英語だけでなくそういうことも勉強していってくださいね。

僕は高校生を教えていますが、彼はセンター試験の過去問ではほぼ満点をとれるようになりました。もちろん僕が教えているのですからここに書いてきたことをきっちり伝えています。実はそういうことも過去に書いてきています。
2007.08.23 19:59
くぅさま

>なかなか覚えられない単語も「覚えられない」という付箋を貼ることにより、今度出会った時はゼロからのスタートではなくなる気がします。

そうなんですよね。どうがんばっても忘れるものは忘れてしまいますけれど、それでも一度会っておくというのが大切なんですよね。次に見たときに「そういえば前に調べたな」って思うだけでも印象が違います。

>「これを全部覚えなければ」と思うだけで脳が覚えることを拒否していました。

いっぺんに全部覚えなきゃいけないってなると嫌気がさしてしまいますよね。一個ずつでいいんです。少しずつ「おなじみ度」を深めていけば。
2007.08.23 20:10
YOJIROさま、お久しぶりです。

そうですね、イメージはかなり印象に残り易いですよね。今のやり方に応用できるようでしたらぜひ試してみてください。英語ができるようになる人は、いろんなことを参考にしながら最終的に自分流の勉強法を確立しているように思います。
2007.08.23 20:22
yo
虎さん、大変失礼いたしました。大変切迫した状態でして最低限のマナーすら守れていませんでした。ごめんなさい。僕は実は大学生なのですが、かなり安易に選んでしまい、一浪したのにも関わらず偏差値50以下の私立大学に入学しました。しかし、このままではダメだと思い大学をやめて勉強して神戸大学に入ろうと思いました。そのため、まずはセンター英語の勉強に使えるのかを聞こうと思いました。とても長文になってしまいましたが、虎さんの勉強法を参考にしたいのでちょくちょくブログを覗きたいと思います。失礼しました。
2007.08.23 21:05
yoさん

ここに書いてきたことはそのほとんどがインプットの能力に関することです。センター試験でもその能力が試される以上、このやり方で対応することは可能です。特に音読をしっかりやると力がつきます。教材選びなどに関して工夫は必要ですけれどね。

実は僕もいま大変切迫した状況にいます。このブログが続けられるように応援してくださいね。



2007.08.23 23:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/171-1f952222

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索