英語独学虎の穴  音読を妨げる要素

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

音読を妨げる要素

あしたのためにその17 「勇気ある後退

二日目もチャプター2を同じプロセスでこなしました。しかし登場人物のスピードに合わせて読めるようになるまで、どうしても20回以上かかってしまいます。

しかもこのチャプター2で以前お話したトム・ハンクスの友人役の黒人俳優が登場して、そのセリフの聞き取りが尋常じゃなく難しいんです!

もちろん始めたばかりの訓練ですから体が(というより口が)慣れるまでしばらくは我慢しなければいけないのはわかっていましたが、スピードを上げるためには根本的に何かを変える必要があると感じました。

実際にこの訓練をやってみて、もっとも大きな障害になりそうだったのが発音です。始める前は、登場人物の発音の仕方を真似しながら読むことで発音も学べると考えていたのですが、カタカナ発音のままで速く読む練習を続けたら、発音が上達する代わりにカタカナ発音で物凄く速く読めるという特殊技能が身についてしまうのではないかという恐れを抱いたのです。

それはそれで凄い特技ですが、ネイティブスピーカーに近づけて発音をすることでリスニング力を上げるという当初の目標から大きく外れてしまいます。映画でにこやかに会話するメグ・ライアンとトム・ハンクスが急に遠くに感じられたものです。(この時点で二人はまだ実際に出会ってさえいませんでしたが。)

そこで計画を変更して変な癖がついてしまう前に集中して発音を学ぶことにしました。これは浮気ではありません。当時の僕がまだ相手に見合うだけのものを持っていなかったのです。

次の日、早速発音の教材を書店に探しにいきました。手本となるCDが付属していて、口と舌の動きがわかり易く図で説明されているものであればなんでもいいという思いで探していたのですが、そこで偶然手に取ったのが「UDA式30音」でした。

また明日に続きます。

ランキングに参加しています。応援していただけると大変励みになります。

d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへみんなの英会話奮闘記


.10 2006 DVDを使った勉強法 comment4 trackback0

comment

かいちゃん
娘がまだ中学校3年生だったころ、遊び半分で友人のイギリス人に colorとcollar や cards と cars といったまぎらわしい発音のテストをしてもらったことがあります。実を言うと娘の前でいい格好をしたかったのです。30問くらいやったのですが、英検1級の私は8割近くできました。英検2級の妻は7割くらいでした。英検準2級の娘は6割くらいかと思ったら、全問正解でした。

娘は当時私立中学に通っていたのですが、英語音声学というのがあって、1年生のときから生外人から徹底的に発音を矯正されるとのことでした。まさに後世おそるべしです。(詳しくは当方の「オジサン英語の進むべき道」ご覧下さい)

私は20年英語を勉強してきていまだに映画の英語が完全に聞き取れ得ないのは本当の英語の発音を身につけていないからかもしれません。

いまからでは遅いかもしれませんが、英語の虎さんのブログを参考にさせていただきます。ブログの続きをお願いします。

いつも長いコメントですみません。
2006.12.11 22:02
英語の虎
かいちゃんさま

コメントありがとうございます。

私にはアメリカの大学・大学院を卒業した友人がいますが、彼の英語力を以ってしても、映画は英語字幕なしでは完全にはわからないそうですから、やはりある程度の年齢にいたってから英語の勉強を始めてから完全な発音を身に着けてリンスニングをネイティブレベルまで上げるのは不可能なんでしょうね。ちなみに彼は思いっきりカタカナ発音ですから、それも大きく影響しているのかも知れません。

それにしてもかいちゃんさまの娘さんが羨ましいです。環境の与える影響は大きいですね。語学学習の臨界期が訪れる前からきちんとした英語に触れていたのがよかったんでしょうね。

「オジサン英語の進むべき道」、是非読ませていただきます。



2006.12.12 21:51
Monsier
発音の良し悪しは、その人が持って生まれた素質とも関係しているかと思います。音感が良い人は、リスニングの上達も早いのでは?

結局、単語を発するには聞こえていないとマネできませんから、年齢とともにその聞こえる領域が狭まっているのでしょうかね。
2006.12.16 00:16
英語の虎
Monsierさま

コメントありがとうございます。

おっしゃるように音感と発音の上達は深く関係しているでしょうね。

年齢から来る耳の衰えも、発音のメカニズムを頭で理解して練習することによりカバーできるとは思いますが、第三者にチェック・修正してもらうプロセスが、若いとき以上に大切になると思います。

これからもよろしくお願いいたします。
2006.12.16 09:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/17-2f386ee8

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索