英語独学虎の穴  イチローと私たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

イチローと私たち

あしたのためのその160 「高い意識

ちょっと前の話になってしまいましたが、メジャーリーグのオールスターゲームで、イチロー選手がランニングホームランを打ってMVPを獲得しましたよね。

僕はそのニュース自体よりも、その後の彼のインタビューを聞いて驚きました。驚いたのは6年もアメリカでプレーしていながらいまだに通訳をつけてインタビューを受けていたことではありません。

僕が驚いたのは、彼が日本人メディアに対するインタビューで言った、「昨日今日と走りこんでいなかったから、最後はバテバテになってしまった」という言葉です。

体の大きいメジャーリーガーの中であれだけのパフォーマンスを続けるにはコンディショニングが命と言っても過言ではありません。

彼は日本にいる時代から試合には常に万全の準備をして臨んでいましたし、彼自身もそれを公言していました(唯一、1999年のオールスター戦のときは、「何もしていない状態の自分の反応を試す」ために敢えて準備しなかったと言っていました。ちなみにその試合で巨人の上原投手からバックスクリーンにホームランを打ちましたが)。

つまり他の誰よりもコンディション作りを真剣に考え、キャンプでストイックに体をいじめ抜き、試合前の走りこみを10年以上に渡ってずっと続けている彼でさえ、一日二日休んだだけで(実際には普段より軽めというだけで、休んでさえいないと思いますが)、そういう状態になってしまう。

まぁこういう発言が出るのも、彼が常に意識を高く持っているからですよね。設定している基準が高いからこそ、そこに足りていない自分に気づくんだと思います。

でも一方で、あそこまで究極と言っていいほど肉体の能力を高めていても、ちょっと休むと状態は落ちてしまうということもまた事実なのでしょう。

そして同じことは英語学習でも言えるのではないでしょうか。

人間は(特に僕は)基本的に怠惰で、自分が居心地のいい場所にいつもとどまろうとしますよね。毎日がそういう弱い自分との競争だと思うんです。

ですから、まだまだ練習が足りないという方はもちろん上を目指して鍛錬を積まなくてはなりませんが、ある程度上手にできるようになったという人も、これでいいやとやめてしまっては後退してしまうかも知れません。そこで満足せずにより高い意識を持ってさらに上を目指し続けなければ。

もちろんイチロー選手のようなプレーをすることはできませんが、意識を高く持って取り組む姿勢は僕たちにも真似ができますよね。自分の最高記録を抜くぐらいの気持ちで毎日臨まないと、なかなか上達は見込めないのではないでしょうか。

がんばりましょうね。僕もやりますよ。昨日の自分を越えるのを目標にして。

昨日登録したばかりのランキングサイトで、わずか1日で11位にまで押し上げていただきました。本当にありがとうございます。まだベストテンに入るにはかなり高い壁がありますが、これからも少しでも英語学習に役に立つものを書いていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします。
     ↓          ↓           ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング にほんブログ村 英語ブログへ


.29 2007 今度こそ英語をものにするために comment10 trackback1

comment

ひで
この二日間の内容は、正直ドキっとするものでした。というのは、最近少し英語の勉強をする時の集中力が落ちてるなと感じていたからです。
例えば、シンクロ読みは虎師匠のおかげで、英譜をきっちり作ると当初と比べてかなり早くシンクロできるようになったので、以前と比べると負荷のかかり方が弱くなったんです。なので、さらに負荷のかかるWPM200越えの高速読みをしなければならないのですが、こっちの方はまだ全体的に圧縮というイメージがいまいち体得できず、うまくいかないので、自己申告で負荷の軽くなったシンクロ読みでよしとしてしまっているのが、現状です。
この3ヶ月で時間だけで言えば、300時間は勉強しました。ただ、素振りはやったけれど、なんか1回1回の素振りの内容がだんだん雑になってしまっているようです。
自らを戒め、高く目標を掲げて、こつこつと基礎を積み上げていきたいと思います。
やはりTOEICや英検などの受験をした方がモチベーションを維持できるのでしょうかねえ?
いつものやつ、やっときます。
2007.07.30 01:41
くぅ
今日の内容は耳が痛いです。。。。。苦笑
上達の秘訣はシンクロ読みや文法なども当然必要ですが、
「コツコツと毎日やりつづける」強い意志なんでしょうね。
意志の弱い私はありとあらゆる誘惑物に
負けてしまいますが。

以前、「誰にでも出来ることを誰にでも出来ないくらい続ける」
という言葉を聞いたことがあります。
偉業を成し遂げた人に対して「天才」「生まれ持った才能・センス」と
いう言葉を当てはめてしまいがちですが、そういう人ほど、
私達の想像を絶する地道な努力をされているのでしょう。

せめて昨日の自分は越えられるよう、頑張りたいと思います。
2007.07.30 14:09
tomie
先週ぐらいから、拝見させて頂いているものです。
イチローさんのお話、正直驚きました。
天才と言われる方でさえ、影の努力があっての実力であり、自信なのですね。
私はどうしても自分の英語に自信が持てずにいます。でも逆の発想でいけば、イチローさんほどにはなれなくても、努力をすれば報われるということでしょうか。。。結果をだせれば、自信につながると信じて
頑張りたいと思います。文法なんて必要ないといわれる方も多い中、本当に勉強になるBLOG有難うございます。私もいつか英語マスターになる日を夢見てがんばります!!日本の英語教育を変えてください!!お願いしますm(__)m
2007.07.30 15:43
sui
68でコメントさせていただきましたsuiです。
最近、ある資格を取得する為にネットを控えてました。
久しぶりに英語の虎さんのブログを覗いてまた気持ち新たに頑張らなければと励まされました。
正直、今の力では9月のその試験には受かりません。
来年までまた勉強しなおそうと決めると、自分に甘くなってしまい毎日なんとなく勉強して休んで・・・でした。
「昨日の自分を越える」
今日同じ意味の言葉を他のサイトでも見つけました。
佐々木かをりさんのイーウーマンというサイトで対談を読んだら
「毎日、自己ベスト更新」
とおっしゃってました。
同じ日に2度言われたのは、すごく胸に刺さりました。
ということで、これから勉強します!
また来ます!
ありがとうございました!
2007.07.30 23:08
ひでさま

僕の場合は根が怠惰なため、試験などの外的な要因で自分を追い立てないとがんばれないという事情がありました。内的な動機だけで3か月で300時間を達成するなんて本当に凄いと思います。その捧げた時間は裏切りません。

素振りが雑になるのは僕も体験しました。でもそれを自覚したならまたそこで修正すればいいのです。がんばってくださいね。応援していますよ。
2007.07.30 23:47
くぅさま

>偉業を成し遂げた人に対して「天才」「生まれ持った才能・センス」という言葉を当てはめてしまいがちです

そうですよね。これによって、そういう人は特別で自分とは別なんだと切り離してしまう。これを続けている限りずっと他人事であり続けます。自分の最高でいいんです。これが難しいんですけどね。
2007.07.30 23:55
tomieさま

>努力をすれば報われるということでしょうか

どんな道であれ、成功している人は例外なく努力をしていると思います。特に語学の場合、捧げた量が大きくものを言います。

>文法なんて必要ないといわれる方も多い中、本当に勉強になるBLOG有難うございます。

そう言っていただけると書いてきた甲斐もあります。ぜひ参考になさってくださいね。

>日本の英語教育を変えてください!!

僕一人の力では無理ですが、志を同じく持ってくださる方がもっと増えれば不可能ではないと思っています。応援してくださいね。
2007.07.31 00:01
suiさま、お久しぶりです。

>「毎日、自己ベスト更新」

同じ日に同じことをおっしゃる方が他にもいらっしゃるなんて。でも何をするにも言えることですもんね。

>最近、ある資格を取得する為にネットを控えてました。

そうですね、ネットも大きな誘惑の一つとなりますよね。僕も英語の勉強を再開したときはやはりネットはやめていました。勉強も大変でしょうが、たまにこのブログをのぞいてみてくださいね。厳しいことも書いていますのであまり息抜きにはならないでしょうけれど、やる気を取り戻す助けにはなるかもしれません。がんばってくださいね。
2007.07.31 00:07
ひで
すみません2度も書き込みして

少し、言葉足らずでした。勉強のやり直しを始めた去年の4月から今年の初めまでTOEICを受験していました。とにかく英語を正確に聞き取りたいという願望のもとに勉強を再開したものですから、リスニング力をはかるためにまあTOEICかなって感じで漫然と受験をしていました。しかし、その間リスニングのスコアはあまり伸びず、悩みの迷宮をさまよっていたところ虎師匠のブログに出会ったんです。そして、シンクロ読みに衝撃を受け、この3ヶ月はその練習にほぼ費やしました。気が付くと、まだまだですが、英語の聞こえ方が確実に変わってきました。ただ、これは既に書いたことですが、素振りが雑になってしまいました。頑張って修正します。

で、結局、どの程度リスニング力が上がったかやっぱりはかりたくなり、9月のTOEICを受験してみます。文法篇の威力を見せ付けてやろうと思ってます。
2007.07.31 02:00
ひでさま

>英語の聞こえ方が確実に変わってきました。

嬉しいなぁ。これに勝る言葉はありませんよ。僕はそういう言葉が聞きたくてこのブログを書き続けているんです。

これからも一人でも多くの方から、役に立ったよと言ってもらえるような記事を書いていきたいと思っていますので、応援くださいね。

9月のTOEICがんばってくださいね。
2007.07.31 22:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/161-a06f44d8
オールスターを終えて、後半戦に入ってイチローの調子がガクっと落ちましたが、前半は過去と比べてみてもすばらしい成績を残していたので、これから持ち直してくるのではないでしょうか。

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索