英語独学虎の穴  相乗効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

相乗効果

あしたのためのその158 「ありがとう文法

知らない単語でも、簡単に言い換えたあとで後置修飾で説明を加えることでなんとか伝えられるというお話を前回しました。

実際に英英辞書を読むと、限られたスペースで簡潔に説明するために、後置修飾を使って説明されている名詞がたくさんあることに気づくはずです。例えば「boundary」ならオックスフォード新英英辞典では「a line which marks the limits of an area」と説明されています。

ですから後置修飾の感覚が身についたら英英辞書の説明もすっきり入ってくるようになります。そしてまたその単語の説明を読むことで、後置修飾をより自然に使えるようになるという好循環を迎えるでしょう。

本当はこれらのことは単語編やアウトプット編で書こうと思っていましたが、全てのスキルは有機的につながっていますので、文法を強化することでスピーキングなど他のスキルにも好影響があるというのはごく自然なことです。

これはまた詳しくお話しますが、僕はTOEICで920点取ったとき、全く英語を話すことができませんでした。900超えているというと英語ベラベラみたいなイメージをみなさんが持たれているので、あまりにも恥ずかしくてしばらく自分のTOEICの点数を隠していたほどです。

そんな僕がなんとか話せるようになったのは、間違いなく五文型を学んで、そのフレームががっちり頭に入ってからです。これによって単語をどう並べようかといちいち考えなくとも、素早く英語の語順に並べられるようになりました。

それから骨だけの文に自由に肉付けができるようになって、さらに結論をまず言ってから詳しく説明を足していくというスタイルに慣れるにしたがって、英検1級で求められる程度のライティング力とスピーキング力もついていったのです。

またリーディングリスニングでも、それまでふわ~っとしかわかっていなかったものが、確信を持ってとらえられるようになりました。TOEICのスコアが伸びたというのはそのおまけみたいなもんです。

あともう一つ、以前お話した「文法の問題集の例文を音読しながらあわよくば覚えてしまおう」トレーニングでも、「ここが主語でこれが目的語で」と、文型のフレームを意識しながらやると暗記の負担が減りますから、ゼロから全て覚えようとするより遥かに楽になります。

どうです?これはテレビショッピングかって言うぐらい、いいことずくめでしょ。この便利さと大切さをぜひ皆さんにも知ってもらいたくて長いこと書いてきたわけです。以前の僕と同じように今まで軽視していたという方、ここで一度勉強し直してみてはいかがでしょうか。

さぁ、長かった文法編もここで一段落。次から何を書きましょうか。応援いただけると更新の励みになります。
     ↓          ↓           ↓
人気blogランキングへ英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記


.26 2007 文法苦闘編 comment13 trackback0

comment

しげ
ここ数日のブログ、最高ですね。
後置修飾の話、わかりやすくて
目から鱗が落ちました。
英語本とか買っても読者の立場で書いてなくてわかりづらいですし。
意識してリーディング、リスニングしていきます。
毎日ぽちっとしてます。
2007.07.26 22:20
ひで
いやあ、暑いですね。
そして、虎師匠の文法篇もやっぱり熱かったです。

>五文型を学んで、そのフレームががっちり頭に入ってからです。これによって単語をどう並べようかといちいと考えなくとも、素早く英語の語順に並べられるようになりました

これはゆっくり考えれば、文型がわかるという程度ではスピーキングでは使えないということですよね。
「素早く」これがなかなかできないんですよね。なんとかwpm200越えで読もうと思うのですが、苦手な「f」「v」「l」音が多く含まれてる文になると、もう口の中で舌がめちゃくちゃになってます(汗)。ただ、「音の脱落」「音の変容」「母音のシュワ化」で発音の省エネを学ばせていただき、「強調すべき母音」「ため」でイントネーションをとらえやすくなったおかげで、以前に比べると格段に速く英語らしい音読ができるようになったと思います。亀の歩みですが・・・。

これから厳しい暑さが続くようですが、お体に気を付けてください。暑気払いに例のやつやっときます。
2007.07.27 00:36
くぅ
虎様、はじめまして。

今年初めにそれまでやっていた勉強方法に疑問を持ち、
ネットで調べた所、貴サイトに辿り着きました。
以前のブログも全て読み、それ以降はかかさず毎回読んでおります。

皆さんがおっしゃる通り、毎回、目からうろこが落ちる内容で、
もっと早くこのサイトを知っていれば、遠回りせずにすんだのでは、と
悔やまれます。

今はシンクロ読みを中心に勉強を進めています。
目で読むと難なく読める文章でも音読となると、
すらすら読めない文章が意外に多いことに驚きます。

今回の文法のお話、非常に興味深かったです。
改めて文法の重要さを痛感しました。
ですので、文法の問題集の音読もやってみようと思います。

これからの内容も楽しみにしていますので、
大変だとは思いますが、頑張ってください。


2007.07.27 09:54
はなぶさ
>そんな僕がなんとか話せるようになったのは、間違いなく五文型を学んで、そのフレームががっちり頭に入ってからです。

これ、よ~くわかります。
私も、「文法なんか考えるから、英語がしゃべれないんだ」から
“「文法」は、英語を話すときのありがたい「裏技集」だ~!“ に変節した人間です。
そんな題名の記事も書きました。
でも、なかなか虎さんみたいに効果的には
伝えられないんですよね~。

なので、その記事に
虎さんの文法編を参照するように
(またまた勝手に)加筆しておきました~(笑)
(http://eigotsukai.com/article/28362910.html)

いつも事後承諾ばかりですみません。
(でも、それだけ虎さんのブログが優れている
ってことですから……)

2007.07.27 11:11
しげさま、お久しぶりです。

確かにおっしゃるように学習者の立場で、実際に使うときにどうするかという観点で文法を説明したものって少ないと思うんですよね。それができたら文法で困ってる人を助けられるんじゃないかって思って挑戦してみました。そう言っていただけるとこれまでの苦労も報われます。
2007.07.27 20:42
ひでさま

毎日応援いただきましてありがとうございます。

>「音の脱落」「音の変容」「母音のシュワ化」で発音の省エネを学ばせていただき、「強調すべき母音」「ため」でイントネーションをとらえやすくなったおかげで、以前に比べると格段に速く英語らしい音読ができるようになったと思います。

そういう言葉を聞くと本当にここまで書いてきてよかったと思います。そうやって一つ一つ武器を身につけることによって、最初に聞いたときはとても無理だと思うような速度のものにも対応ができるようになります。200越え目指してがんばってださいね。200越えたら相当なもんですよ!

2007.07.27 20:48
くぅさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

>毎回、目からうろこが落ちる内容で、もっと早くこのサイトを知っていれば、遠回りせずにすんだのでは、と悔やまれます。

そう言っていただけると嬉しいです。でも遠回りなんてありませんよ。そこまで積み重ねたことは、いつかなんらかの形でくぅさまの役に立つはずです。

シンクロ読みやってらっしゃるんですね。負荷が高いトレーニングですけれど、じっくり取り組めば必ず力がつきます。がんばってくださいね。これからもよろしくお願いいたします。
2007.07.27 21:10
はなぶささま

>“「文法」は、英語を話すときのありがたい「裏技集」だ~!“ に変節した人間です。

僕と全く同じプロセスを辿りました。勉強してみると本当に便利ですよねぇ。それが少しでも伝わるといいのですが。

優れているだなんてとんでもない。本当は何度か文法編をやめてしまおうかと思っていました。中途半端な形で終わるのが嫌だったのでここまで続けましたが。

そういうときにいいタイミングではなぶささまから優しいコメントをいただいて、ずいぶんと勇気付けられました。感謝しています。

またこのブログをご紹介頂いたとのこと、ありがとうございます。その記事もぜひ読ませていただきますね。

2007.07.27 21:51
teeJ
流れ着いてやってきました。
虎さんのブログを読んで、浅はかな自分のブログの
内容が恥ずかしくなってしまいました。
正に、文法なんて・・・という考えに陥ってしまっていました。
2007.07.28 02:22
teeJさま、はじめまして。

僕も以前は「文法なんて」って思っていました。でもやってみると本当に便利で、これを毛嫌いしてたなんてもったいなかったなと今は思います。

以前の僕と同じように「文法なんて」って考えている方に「やってみようかな」とちょっとでも思ってもらえたらとここまで書いてきました。もしそう思っていただけたなら嬉しいです。
2007.07.28 12:30
nimsel
はじめまして。『大学受験勉強法 ~合格への階段~』というサイトを運営しているnimselと申します。

「英譜作り」がすごい参考になりました。強弱をつけることにより、留学生に通じやすくなりました。

受験後に「話せる英語」を勉強したいと言う人が多いのですが、僕自身がまだまだ勉強ですので、虎さんのサイトにリンクを貼らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

もしよろしければ、相互リンクしていただけましたらと思います。よろしくお願いします。
2007.07.28 14:31
nimsel さま、はじめまして。

>「英譜作り」がすごい参考になりました。強弱をつけることにより、留学生に通じやすくなりました。

英譜を作ることの一番の利点は、作る過程で英語を慎重に聞くようになることです。どうしてここでイントネーションが上がり調子になっているのか、どうして間ができているのかを意識して細かく聞き取るようにすると凄く力がつきます。試してみてくださいね。

相互リンクの件、了解いたしました。ただ一つ、ここで紹介していることは受験勉強と十分両立できます。むしろこれを意識しないで変な癖をつけてしまうと修正するのが大変になります。多くの方がそうであるように。ぜひ受験後と言わずにすぐにでも実行するようにアドバイスなさってください。
2007.07.28 22:33
nimsel
ありがとうございます。
2007.07.28 23:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/159-dd648176

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索