英語独学虎の穴  TOEICだって…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEICだって…

あしたのためのその154 「後置修飾で

ここまで見てきたように不定詞・分詞・関係詞をばらばらにとらえるのではなく、名詞を後から詳しく説明できる道具シリーズというふうにまとめて扱うとすっきりするのではないでしょうか(もちろん他の使いかたもありますが)。

後置修飾が頭にあるだけで、一見複雑に見える文の構造を見抜くのがずいぶん楽になるはずです。ぜひ皆さんの「武器」の一つに加えてくださいね。

慣れないうちは構造の把握をわかりにくくするだけの後置修飾ですが、ここがばしっとわかっていると、いくつかのごほうびがもたらされます。一つ目はもちろん読む場合も聞く場合も、「動詞っぽいもの」にまどわされずに正確に構文を把握できるようになることです。

二つ目はそれと関連して、TOEICなどの英語試験の文法問題に強くなります。TOEICでは、動詞の形を文脈に合うように正しく変えるという問題がけっこう出題されますよね。

TOEIC900点越え作戦」というおおげさなサブタイトルを持ちながら初めてTOEICに触れたような気がします。皆さんもすっかり忘れていたことでしょう。たまにはこんなのも。

例えば以下の問題にぱっと答えられるでしょうか。

The forethought and care (    ) to the problems which such a small institution must deal with will strike a lot of analysts.

a. have given  b. will give  c. are given  d. given

さぁ考えタイムスタート!

…考え中

…考え中

…考え中

それでは一緒に見ていきましょう。

まず最初の単語の意味がわからなくとも、Theで始まっているので名詞だとわかりますよね。そして次の単語もandでつながっているので同じでしょう。まぁ「care」は「配慮」ぐらいの意味だとわかりますね。そうなると主語(名詞)の後だから、カッコ内には述語(動詞)が入るのかなと考えながら読み進めます。

すると「problems」という名詞のあとに「which」があるので、後置修飾が始まったと気づき、それがどこまでか考えますよね。これが「deal with」の後で切れるのはわかるでしょうか。元の形は「deal with the problems」だったはずです。つまり、

The forethought and care (    ) to the problems ( which such a small institution must deal with ) will strike a lot of analysts.

という形で、名詞「problems」を後ろから説明しているわけです。ということは…

うーん、残念!ちょうど時間となりました。このあとは皆さんお考えください。なんて引っ張るほどのお話じゃありませんけれど続きは明日。応援していただけると更新の励みになります。
     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.18 2007 文法苦闘編 comment2 trackback3

comment

かいちゃん
おや?今回はコメントがありませんね。読者はいち早く夏休みに入ったのでしょうか?

今回のような問題を最初はじっくり考えることによって、英文の構造を理解していくのだと思います。

これは私がやってきたことなのですが、このような苦労して解明した複雑な構造の英文は、問題を解いてそれで終わりにせず、ノートに書き取って毎日一週間くらい意味の塊ごとに読む訓練をすると、自然に英文構造を体得していけます。

最初は意味ごとの塊で逐次訳して読む。慣れてきたら意味ごとに即解して読む。こんな訓練をしていけば、本当に読むということに一歩近づけます。
2007.07.20 08:20
コメントいただきありがとうございます。

またブログ開設当初の交換日記状態が訪れました。

僕もノートに書き取るまではしていませんでしたが、構造が取れるようになった文を何度も高速読みして、時間をかけずとも意味ごとのかたまりを意識できるようになるまで繰り返して読んだりしていました。そうやって対応できるパターンを増やすことが肝心なんですよね。
2007.07.21 09:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/155-fa2c7f82
TOEICだって…あしたのためのその154 「後置修飾で」 ここまで見てきたように不定詞・分詞・関係詞をばらばらにとらえるのではなく、名詞を後から詳しく説明できる道具シリーズというふうにまとめて扱うとすっきりするのではないでしょうか(もちろん他の使いかたも ...[関
2007.07.22 16:05 独学英会話上達法
本当に長い間 god knows how long「TOEIC 850点突破しました!」 「TOEICリーディングだけで100点近く上がりました!」 「英語がブロックで見えるようになった。」 「英語がとても楽しくなった。」 と、引き続き、大好評いただいておりまして、第11期も多くの方からお申し込
2007.08.11 19:30 アルクtoeic 申込
TOEIC CHAMPIONS TOEIC Part 7 形式の問題海外旅行を ...今週の問題はTOEIC Part 7(長文問題)の問題ですが、内容は海外でのお楽しみ情報です。皆さんは、この遊びをやりたいと思うでしょうか? そんな視点で英文を読んでみましょう。問題を解いて、答え合わせが
2007.08.14 00:38 TOEIC

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索