英語独学虎の穴  補足説明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

補足説明

あしたのためのその153 「心構え

前回、後置修飾を見つけるためのしるしについて書きました。

でも頭ではわかっていても、漫然と読んで(聞いて)いると、ついしるしを見落としてしまって、その部分が後置修飾の役割を果たしていると気づかないことがあるはずです。

修飾語の後に名詞が来る日本語ならなんとかなりますが、英語の場合その名詞が先に出ていますから、特に聞き取る場合、ここに気づかないと手遅れになりかねません。

これを防ぐためには、名詞が出てくるたびに、もしかしたらこの後に「なんちゃって動詞」を含んだ後置修飾語が続くかもということを常に頭においておく必要があります。

下の例を見てください。

There was insufficient information.

名詞で終わっているので後ろに修飾語をつけます。

There was insufficient information contained in the appendix.

また名詞が出てきたのでさらに修飾します。

There was insufficient information contained in the appendix attached to the paper.

またまた名詞がでてきたのでもひとつ修飾。

There was insufficient information contained in the appendix attached to the paper that had been submitted to the committee.

名詞の後にどんどん修飾語がくっつくのがわかるはずです。それにより文がどんどん長く、複雑になっていきますよね。

この場合、後置修飾には全てなんちゃって動詞が含まれていますから、最終的に出来上がった文では、主語と対応した本当の動詞を見つけるのが難しくなっていきます(実は最初に出てしまっています)。

There was insufficient information (contained in the appendix )(attached to the paper)(that had been submitted to the committee).

下線を引いてあるのが名詞、( )で囲われている部分がそれを修飾している部分です。名詞が出てくるたびに後置修飾で説明をするということを繰り返してあるのがわかりますよね。言ってみれば補足説明です。話し出して名詞が出てくると、それを詳しく説明しなおすことができるのです。

続きます。

     ↓         ↓          ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.16 2007 文法苦闘編 comment4 trackback1

comment

ひで
英語の虎さん、こんばんは。
どうしてもブログ続けていただきたいので、微力ならが、いつものやつやっときました。(拍手って何か意味あるんですか?)

後置修飾を極めれば、英語の表現が豊かになるんですね。
リスニングの時はしるしを常に意識し、スピーキング・ライティングの時は積極的に使って、なんとか武器にできたらなあと思っています。

言葉遊びのようなものですが、NHKラジオ講座の徹底トレーニングのテキスト掲載のエッセイの中で
The man the woman the boy the girl loved hated kissed left.(少女が好きだった少年がきらっていた女性がキスをした男が去っていった。)
という文章が出てました。読むとなんとか分かりましたが、これ聞いたらなんのことやらです(笑)。
2007.07.17 02:04
かいちゃん
英語と日本語は発想方法が違うんですよね。

英語の発想方法は、英語の虎さんがおっしゃるように、まず最初に大切な名詞を前に持ってきてから、そのあとに不定詞、分詞、関係代名詞といったもので、その名詞の追加説明をしていくんですよね。日本語の場合は説明が最初にきてから最後に説明の本体となる名詞が登場するので、まったく逆です。

最初の頃はこの英語の発想方法に慣れなくって、英文はとても読みにくいです。ところが、構文を解明できた文章をもとに、意味の塊ごとに逐次訳あるいは即解をして、頭から読む訓練を意識的にしていくと、ある時から逆に英語の方が読みやすくなってくるから不思議です。なにか複雑なことを説明する場合は、日本語より英語の方が適しているように感じるのは私だけでしょうか?

ところで遅ればせながら、150回達成おめでとうございます!英語の虎さんのブログは日記風ではないので、毎回読者のためになる題材を捜さなければなりません。150回続けられた努力は大変なものだと思います。これからも1回でも多くこのブログが続くことを切望しております。がんばって下さい。
2007.07.17 07:19
ひでさま

有名なのでは "I thought that that "that" that that writer used is not correct". (あの作家が使ったあの「that」は間違いだと思う)ってのがありますよね。

拍手はよくわかりません。僕の中では「へぇ」だと思っています。文法編になってなかなか「へぇ」と言わすことができずにいますが。でも負けませんよ。
2007.07.18 00:44
かいちゃんさま

ありがとうございます。なんとか150回続きました。これからも今までやってきたように、「これを知っておくと便利ですよ」ということを書き続けていきたいと思っています。

英文を頭から理解していくには、最初に結論を言ってから、追加説明していくスタイルに慣れる必要がありますよね。それをぜひこのブログの読者にもわかっていただきたいと思っています。
2007.07.18 00:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/154-a36d42bb
補足説明あしたのためのその153 「心構え」 前回、後置修飾を見つけるためのしるしについて書きました。 でも頭ではわかっていても、漫然と読んで(聞いて)いると、ついしるしを見落とし、その部分が後置修飾の役割を果たしていると気づかないことがあるはずです ...[関連
2007.07.17 10:47 独学英会話上達法

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索