英語独学虎の穴  しるし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

しるし

あしたのためのその151 「主語と述語にはさまれて

前回からの続きです。

これらの「動詞っぽいもの」は名詞を後ろから説明すると言いました(他の使い方もありますがここではこの後置修飾だけを考えます)。

そうすると主語はもちろん名詞ですから、主語の直後にこの「動詞っぽいもの」が入ってくる可能性もあるわけです。つまりSVの間に、S(  )Vのような形で(  )の中に述語っぽいものが入りうるのです。

この、主語・述語の間に「それらしきもの」が挟まる形に弱い人は多いでしょう。中級者ぐらいでも読む分には理解できても聞く段になるとわからないという方はいるはずです。

主語の後には当然それに対応する動詞が来ると予想しながら読み進めるわけですけれど、述語になるべき動詞の前に「動詞っぽいもの」が出てきてしまうと、形は変だけどもしかしたらこれが述語かなと。それで無理やり解釈して進んでいくとまた動詞(今度は本物の述語動詞)がでてきて、え!じゃあさっきのはなんだったんだと。

例えば  The new medicine developed in the US will help many people.

ならば  The new medicine (developed in the US) will help many people.

と、( )内は前の「medicine」を後ろから修飾している「動詞のようなもの」なのに、それを本来の述語動詞だととらえてしまうように。

こうなると混乱してしまい全体の構造がつかめなくなってしまいます。読んでいるときなら前に戻って確認すればいいだけですけれど、聞いているときはそうもいきません。

しかし読むときだって戻らなくても頭から理解できるようにならなくては、聞いてわかるはずはありません(実際には会話では、それだとわかるように一瞬間を入れたりしますから、むしろ聞く時のほうがわかりやすい場合もありますが)。

この主語と述語の間に修飾語が挟まれたパターンでは、後置修飾という日本人には馴染みの薄い修飾の仕方に加え、主語と動詞の対応を見えにくくするという性質があるため、特に切羽詰った場面で対応できない人が多いのだと思います。

しかしもちろん混乱させようとしてやっていることではないのですから、見分けられる(聞き分けられる)ようにきちんとしるしがついています。そのしるしを見逃さなければいいのです。

続きます。

今NHKテレビの英語講座で「新3か月トピック英会話」という番組をやっているのをご存知ですか?あれは久々のヒットですね。本当はボキャブラリーの話をするときにこの番組に触れようと思っていたのですが、まだしばらく文法編が続いてしまうため、ここに書きました。

本放送は木曜の午後11時10分から30分まで、再放送は水曜の午前6時40分から7時と、午後0時10分から30分までです。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/3monthnew/index.html

色んな単語をストーリーに関連させながら記憶していこうとする「単語ネットワーク」が秀逸です。あの方法なら効率的に単語を覚えられると思います。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記




.12 2007 文法苦闘編 comment9 trackback1

comment

英語道
「動詞っぽいもの」。それこそ、不定詞・動名詞・分詞などの「準動詞」です。

準動詞は、英語の虎さんが言われるように、英語の特徴である後置修飾の最たるもの。準動詞をモノにすることで、英語力は格段と伸びると確信しています。

The girl called Mary called her mother.
塾で指導している高校生に、この英文の意味を言わせても、8割以上の生徒は正しく解釈できません。

2007.07.13 12:51
かいちゃん
確かに!
準動詞の体得なしには、英文の構造を瞬時に把握することはできませんよね!
2007.07.13 20:21
ひで
英語の虎さん、こんばんは

いつもながらの「ここ痒いでしょ」と指摘しつつ、次回に続くというパターン。私は大好きです(笑)。

今回は「しるし」という言葉にドキっとして、早速英譜を見てみました。I found it!(だと思うんですけど)。次回楽しみにしています。

「新3か月トピック英会話」私も視聴しております。アメリカンコメディ風で見ていて、楽しいですし、私のレベルだとリスニングの練習にも使えて、重宝している番組です。
2007.07.13 21:39
ひで
追加コメントすみません。

後置修飾の準動詞の中でも、to不定詞、現在分詞は形で、動詞との聞き分けができるのですが、過去分詞はそうはいかないので、難儀してます。

英語の虎さんが、過去分詞を例に出してくれたのは本当に有り難いです。
2007.07.13 21:46
英語の虎
英語道さま、コメントありがとうございます。

>準動詞をモノにすることで、英語力は格段と伸びると確信しています。

僕もそう思っています。ここでは特に形容詞的用法にしぼって説明していますが、準動詞を使いこなせるようになると表現の幅、理解の幅ともに一気に広がりますよね。その大切さをいくらかでも伝えられればと考えています。
2007.07.14 14:51
英語の虎
かいちゃんさま

今回のシリーズで、少なくとも準動詞の形容詞的用法への苦手意識を軽減できればと思っています。ただ、単に使い方を知っているだけでなく、それを実際に瞬間的に使えるようになるにはやはり量をこなさなくてはいけませんよね。
2007.07.14 15:01
英語の虎
ひでさま

>いつもながらの「ここ痒いでしょ」と指摘しつつ、次回に続くというパターン。

いつもそうやってます?わざとじゃないんですってば(笑)。書き始めるといつも予定より長くなっちゃって、泣く泣く途中で切ってるんですよ。

「しるし」で思い当たるフシがありましたか!でもそれは本当に英譜を丁寧に作っている証拠だと思います。面倒ですけれど、きちんと作ると、ネイティブスピーカーはそうやって間を入れることで相手が理解しやすいようにしているんだってことに気づくはずです。そこも細かくまねしてシンクロ読みをすると、自分で話すときにもそれができるようになります。
2007.07.14 15:11
キョロ
記念すべき150回、そして今回、見事にブログがリニューアルされていますね(^0^)/
夜明けのイメージですか?「どんなに暗い夜でも朝は必ずやってくる」という気持ちになります(笑)

英会話でも準動詞を何気に使えるようになってくると、表現がシンプルでスマートな感じになりますよね。キョロも早くそうなりたいですo(^-^)o

2007.07.14 15:34
英語の虎
キョロちゃんさま

そうなんですよね。特に自分で話すときに準動詞を使えると、それなしでは and などを使っていくつかの文をつなげて伝えるしかなかったことが、とてもシンプルに伝えられるようになります。

このテンプレートは「町はまだ眠りの中にいるけれど、空を見上げる僕らにはもうそこに光が見えている」というメッセージを込めて選びました(笑)本当は光の感じが好きだっただけですけど。

>「どんなに暗い夜でも朝は必ずやってくる」

という気持ちになっていただければ幸いです。
2007.07.15 00:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/152-77d4e643
先日、英会話・TOEICご専門のO先生に、TOEIC初級コース(400点~500点程度)の授業をオブザーブさせて頂きました。O先生は、経験豊富で「楽しくて分かりやすい」と定評がある人気講師で、とても尊敬しています。
2007.07.12 20:50 Mの英語道場

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索