英語独学虎の穴  はじめてのディクテーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

はじめてのディクテーション

あしたのためにその15 「高すぎる壁 前編

ご覧になってわかるように、この勉強法では頭での理解よりも、とにかく反復練習によって体に染みこませることが重要になります。

頭で理解してたってコミュニケーションの現場で英語が使えるようにならないことは、長年の受験勉強で証明されているんですから。

僕がとりつかれたかのように素振りの重要性を説いてきたのはこのためです(まだ読んでない方は、あしたのための「その2」から「その9」までを読んでください)。

しかし実際やってみたら、考えていたよりも遥かに大変でした。皆さん、ここで紹介したからといっていきなり「ユーガットメール」を買わないようにして下さい。特に当時の私ぐらいの英語初学者が、英語教材としてこれを選んだら、待っているのは地獄です(もちろん、楽しんで見るぶんには天国です)。

最初の段階で、教材が自分のレベルに合っているかどうかチェックをすることは本当に重要です。何度も繰り返して聞いても3割も聞き取れないものは途中で挫折してしまう可能性が大きいです。そしてそれは実際に買って聞いてみるまでわかりません。

ご存知のようにDVDはいくつかのチャプターにわかれています(ユーガットメールの場合は全部で30です)。そしてそれぞれのチャプターはおよそ2~3分程度のいくつかのシーンから成っています。1日1チャプターを目標に進めることにしました。順調に進めば1ヶ月で終わらせることができます。

早速チャプター1の最初の1分ほどのシーンを一時停止と巻き戻しを使って何度も繰り返し見ましたが、かなり集中してやったにも関わらず、聞き取れた単語は全部でおよそ80語中のたったの8つだけでした。しかもメグライアンの恋人役の俳優がはっきりと言った「computer」「technology」「Sushi」というボーナスワードを含めてです。

もし今、繰り返し聞いても10分の1しか聞き取れないようなものを教材にしようとしている学習者がいたら間違いなく止めるでしょうが、そのときはそんなアドバイスをしてくれる人もいませんでした(それが独学というものです)し、せっかく思いついた勉強法の正しさを証明しようと必死でしたので続けるより他にありませんでした。

また明日に続きます。

おかげさまで新たに参加したランキングサイトの方でも50位あたりにたどり着きました。応援していただけると励みになります。

d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへみんなの英会話奮闘記


.09 2006 DVDを使った勉強法 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/15-2f7948f0

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索