英語独学虎の穴  文の構造理解 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

文の構造理解 後編

あしたのためのその147 「5文型の参考書

「文型を知らなくたって920とれる奴もいるんだからやる必要はない」と考えるのは早計です。

僕はどうしてそうなるのか口で説明することはできませんでしたが、例えば「What he said at that time made the crowd in the concert hall anxious.」と言う文を見たときに「What he said (at that time)」が大きな主語の、そして「the crowd (in the concert hall)」が目的語のかたまりである、ぐらいのことは文型の勉強をする前からつかめていました。

このブログをお読みの方のほんとんどは「何を当たり前のことを」とお思いでしょう。でも実はそういうことがわかっていない方は結構多いですよね。

「ここまでが長い主語でこの部分が目的語でここは補語になるんだ」という程度の分析ができれば十分ですから、僕と同様に全く敬遠してきて伸び悩んでいるという方はさらっと勉強してみてください、道が開けるかもしれませんよ。

僕はこの本を使って勉強しました。

NEW・山口英文法講義の実況中継―高2~大学入試 (上) NEW・山口英文法講義の実況中継―高2~大学入試 (上)
山口 俊治 (1998/03)
語学春秋社

この商品の詳細を見る

講義形式でわかりやすく説明してある大学受験用の参考書です。上下巻出ていますが、文型の理解だけが目的なら上巻だけで十分です。しかし読むうちにきっと他の文法事項の説明も読みたくなることでしょう。

ただ、基本が丸々抜けている方には少し難しいかも知れません。その場合はこの本がいいと思います。

白石の驚異の英文法―大学入試 ドキドキするほどよくわかる コアステップ20 白石の驚異の英文法―大学入試 ドキドキするほどよくわかる コアステップ20
白石 よしえ (2001/06)
水王舎

この商品の詳細を見る

僕の場合はたまたま5文型を学びましたが、7文型や8文型、あるいは動詞の使い方による分類なんてのもあります。とにかく文の構造がつかめればどれを使ったっていいのです。ただ動詞の使い方による分類は25種類あるものもあります。そういう意味では5文型が一番手軽なのではないでしょうか。

もちろん細かい文法論議に加わる必要はありません。「これは何文型かで議論がわかれる」なんてものもありますが、学習者が首を突っ込むことはないと思います。

目的は文型に分類することではなく文の構造を把握して意味を正確にとることなんですから。文型に分類するのはあくまでもそのための手段でしかありません。そういうのは「例外」として頭に置いておけば十分です。

続きます。

なんと人気ブログランキングでも2位に入り、一度はあきらめた英語ブログランキング3冠がまた見えてきました。杉本清さんなら「3冠に向かって視界よし!」と言うところでしょうか(ミホノブルボンの時の実況です)。一位との差は尋常じゃないですけどね。ここからの追い上げはなるのでしょうか。応援いただけると嬉しいです。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記



.04 2007 文法苦闘編 comment17 trackback0

comment

英語道
“目的は文型に分類することではなく文の構造を把握して意味を正確にとること”・・・全くもって同感です。

英文構造を瞬時に把握できる力こそ、真の英語力だと思います。
その力の礎になるのが、5つの文型です。文型の理解なくして、英語力の伸長はありません。

2007.07.05 00:12
ゆきうさぎ
こんにちは。
私も、この山口英文法講義・・・の本を使って勉強しました。
英語の虎さんと同じものを使っていたなんて嬉しいな♪
分厚くて小難しい文法書より、話しかけてくれているような説明が、
私には取っ掛かり易いのが一番の理由でした。
現に、分かり易くてお勧めです。
もう一度復習しよう。

これからも楽しみにしています。
2007.07.05 00:15
キョロちゃん
英語の虎さん、お久しぶりです(^0^)/
5文型シリーズ、楽しく読ませていただいています。文型は英語の骨組み、基本中の基本です。私が中学校の頃は、一通りの説明を聞いただけで、その重要性に気づかないまま通り過ぎてしまいました。いざ、大人になっていろいろな英文に触れると、その骨組みがわかっていた方が、読解の早さが違うように思います。また、文型理解は英作文で一番必要になると思います。イマージョンの学校に通う小3の息子に英作文を教えるときも、必ずSV、SVC、SVO、SVOO、SVOC、は押さえながら・・・です。その方が作りやすいし、不自然な英文にならずにすみます。
2007.07.05 01:46
sato
ありがとうございます。
さっそく文法の本、アマゾンで購入しました。
私も英文を目にして、分析できるようになりたいです。

ブログ応援しております。
2007.07.05 05:08
かいちゃん
目的は文型に分類することではなく文の構造を把握して意味を正確にとること…

前々回のコメントで長々といろいろ書きましたが、英語の虎さんのこの一言につきます。文型に分類することが重要なのではなく、文の構造を瞬時に把握して意味をつかむことが重要なのですよね。

初心者はもちろんのこと、英語を英語のまま読めるようになった方でも、主語・述語・目的語を強く意識して読書をすると、さらに書かれている内容をとらえやすくなります。このことを前々回のコメントで申し上げたかったのです。
2007.07.05 05:39
セーナ
私は 6ヶ月位前に やはり 文法は必要だと思い 中学1年生から やり直しをしました。
そして この頃 文の構造が分かってきたような気がします。まだ 瞬時にという訳にはいかないですが、 英文の把握が 前よりは 楽になりました。 やはり 瞬時に把握できるようになるには、英文法の繰り返しでしょうか?
2007.07.05 09:40
英語の虎
英語道さま、はじめまして。コメントありがとうございます。

>英文構造を瞬時に把握できる力こそ、真の英語力だと思います。

そうですよね。構造を見抜くための手段としての5文型。使い方がわかっていると本当に便利だと思います。そのあたりについてもっと伝えていけたらと思っています。
2007.07.05 22:27
英語の虎
ゆきうさぎさま、コメントありがとうございます。

「山口の実況中継」いいですよねぇ、取っ掛かり易いし、説明もすばらしいです。しばらく間を置いてからやるとまた新しい発見もあるはずですよ。
2007.07.05 22:30
英語の虎
キョロちゃんさま、こんばんは。

そうですよね、文型がわかっていると英作文が得意になりますよね。大人になってたくさん英文にあたってその大切さがわかるというのもよくわかります。

それにしてもお子さんはイマージョン教育を受けている上に文型にまで触れるのですか。ネイティブ式と日本式のいい面がうまく融合したら凄いことになりそうな。
2007.07.05 22:45
英語の虎
satoさま、その本にじっくり取り組んでみてください。これをこなせば基礎が固まるはずです。一回しっかり身についてしまえば一生使えますからね。
2007.07.05 22:50
海外大好き小池さん
こんばんは。

文法に5文型以上のカタチがあるとはしりませんでした。

でも、これさえしっかりとできればある程度の会話はOKかなと思ってます。

応援して帰途につきます。
2007.07.05 22:52
英語の虎
かいちゃんさま、いつもコメントくださいましてありがとうございます。

そのお気持ち、僕のブログを読んでくださっている方にもしっかり伝わったと思います。

文の中の単語のかたまりを見抜いてそれらがその文の中でどんな役割を果たしているのかを知るというのは、どのレベルに至っても大切なことですよね。「なんとなくわかったような」読み方・聞き方を脱却するためには不可欠だと思います。

僕もなんとかこのブログを通じてその大切さを広めていきたいと思っています。
2007.07.05 22:58
英語の虎
セーナさま

「瞬時に構文をとらえられる」ようになるにはやはり量をこなす必要がありますが、一度しっかり構文を把握した文章を速読で、つまりスピードの中で同様に構文をつかみながら何度も読むというのも有効です。やってみてくださいね。
2007.07.05 23:02
英語の虎
海外大好き小池さん、こんばんは。

そうですね、最低限5文型がしっかり身についているとアウトプットも楽になりますよね。応援ありがとうございます。
2007.07.05 23:04
トニー@英語でハッピー!
「実況中継」、懐かしいですね!
受験勉強していた自分を思い出しましたよ!ほかの科目でも「実況中継」にはお世話になりました。なかなか素晴らしいシリーズですよね。
2007.07.06 00:31
セーナ
早速 アドバイスして頂きまして ありがとうございます。 なるほどTRYしてみます。
2007.07.06 10:43
英語の虎
トニーさま

「実況中継」、名著ですよね。受験用ですが特に山口先生の英文法の本は今読んでも気づかされることが多くあります。


2007.07.06 23:03

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/148-b0d34029

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索