英語独学虎の穴  例文暗記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

例文暗記

あしたのためのその141 「覚えるためのあれこれ

前回、英文法の問題集の問題文を何度も音読することで、例文を覚えようと試みたというお話をしましたよね。

最近やらなくなりましたけど、昔電話かけるときに、電話番号を何回か復唱して、実際に口にしながらかけましたよね(僕だけ?)。だまって見て覚えようとするより、口にしたほうが記憶に残りやすい。

口にするだけでなく、なるべく多くの感覚を使いながら記憶したほうがいいそうです。音読する際には当然、目を使いますし、自分の音読を耳から入れることになります。できれば意味を重ねながらやるともっといいです。

単に例文が並んでいるものより、問題集の問題文のほうが「あーこれ間違ったよな」とか「これアを選びそうになってウに変えて正解になったやつだ」などと、もともと自分で問題を解く際に一度触れている上に、そういうエキストラな情報が加わる分、記憶に残りやすいように思います。

もちろん、これでは短期的に記憶できるだけで、長期的に覚えようと思えば以前お話したように、定期的に振り返らなくてはなりません。これは復習に任せることにします。また全て完璧に覚えようとしたら時間がかかってしまうので、この段階では「残ってくれたらもうけもん」というぐらいのスタンスで十分だと思います。

ですが、そこまでやらなくとも、すでに長期記憶に入っているものと思わぬところでつながって、消えずに残るものもいくつかあります。そうなれば、今度はそうして残った記憶が接着剤になって、また新しい記憶を残すという好循環も期待できます。そうやって記憶の網の目をだんだん細かくしていけばいいのです。

またどこかで、間違えた問題を集めたノート作りをするといいと聞いて、実際に試したこともありましたが、時間がかかるばかりであまり効果が感じられなかったのでやめてしまいました。

ただ、ノートまで作らなくても「書く」ことには意味があると思います。例えばある問題を何度も間違えて、「どうしてその答えに至るか」のプロセスを今度こそ忘れないように書くとします。その際、解説の全てを丸写しすると時間がかかってしょうがないですよね。

そこで自分の頭の中である程度まとめるわけですが、この、自分の言葉で置き換えようとするプロセスの中でもう一度、その知識を反芻(はんすう)することになるのですよ。これで記憶に残りやすくなるということはあります。

ですからきれいなノートではなく(ノートって書いてしまうと満足してしまってあんまり読み返さないでしょ)、チラシの裏ぐらいでいいので、書きなぐっておくと記憶に残す助けにはなるはずです。最近のチラシは裏もびっちり埋まっているので、書くスペース探すのが大変ですけど。

続きます。

今日の記事を書いていて思いましたけど、携帯電話の普及で電話番号を覚えようとする習慣もなくなり、漢字もキーボードでひらがな打って変換するだけで、日々の生活がどんどん便利になる一方で、僕らもどんどん頭も使わなくなってますよね。せめて英語の勉強して頭使いましょうかね。

知らぬ間にブログのランキングもずいぶん落ちてしまいました。また応援していただけると嬉しいです。
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記



.21 2007 文法苦闘編 comment6 trackback0

comment

riota
虎さんこんにちは。

いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます。また、公開された勉強法は全部参考にさせていただいてます。
もし、ご存知であればDUOについての質問させてください。これを音読、ディクテーション用に使用することはあまりお勧めではないでしょうか?また、単語習得には例文を和→英 丸暗記しておりなかなか前に進みません。単語習得時はまず英→和を先にするべきでしょうか?お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスいただければ幸いです。
2007.06.21 15:19
英語の虎
riotaさま、こんばんは。

DUOは僕も知っております。単語集としては素晴らしいのですが、音読には少し物足りないと思います。というのはそれぞれの例文が短いですよね。音読の際は、リズムに乗って読み進む練習を積むことが大切ですが、そのためにはある程度の長さが必要となります。また長い文を読むことでスタミナが養われるという点も見逃せません。

和→英で丸暗記というのは負荷が高いトレーニングでアウトプットの力がつきます。しかし英語学習に必要な最低限度の単語を身につけてしまうのが目的であれば英→和で何回か回すのも手です。ちなみに僕は単語集を使っての単語の暗記はある程度のレベルに達するまでやりませんでした。単語の勉強の仕方についてもこのブログで触れるつもりです。
2007.06.22 00:30
はなぶさ
うわ~、お帰りなさ~い!お待ちしてました~!

>電話番号を覚えようとする習慣もなくなり

確かにそうですよね。
私は今Gコード予約をするときに
声に出してやってます。
無言で入力してたときよりず~っと正確だし
何より一度で覚えられます。

なので、虎さんがおっしゃる「音読」は
絶対に効果があると思います。

(録画の予約も、もっと簡単な方法が出てきてるのかも
しれませんが、しばらくはGコードを声に出して
「音読」の大切さを確認するつもり……)

2007.06.22 11:14
riota
英語の虎さん


貴重なアドバイスありがとうございました!!
丁寧な回答をいただきすごく嬉しかったです。
いつか虎さんに、“英語上達しました!”と、お礼のコメントを書き込めるようにがんばりたいと思います。たくさんの英語学習者の支えとなっているこのブログ、お忙しいとは思いますが、ぜひ、つづけてください。いつも応援してます。
2007.06.22 15:20
英語の虎
はなぶささま

実はまだ帰り着いておりません。本当は今日の記事も帰ってから書こうと思ったのですが、それでは遅くなってしまう上に書く気力も残っていない可能性があると思い、こちらで書いてしまいました。

なるほど、Gコード予約で声を出す機会があるのですね。技術の進歩のおかげで油断しているとまったく頭使わなくても生活できちゃいますから、そういう機会も無駄にできませんよねぇ。頭使うために必要ない番組でもどんどん録画したりして。
2007.06.23 09:48
英語の虎
riotaさま

応援ありがとうございます。“英語上達しました!”コメント待ってまっせー。
2007.06.23 09:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/142-9bd17857

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索