英語独学虎の穴  薄く何度も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

薄く何度も

あしたのためのその139 「繰り返し

薄いものを短期間で終わらせることには、忘れてしまう前にもう一度触れることで記憶効率を高める、という効果だけでなく、達成感を持つことでモチベーションを上げるという効果も期待できます。

これは本を読むときもそうです。最初はなるべく薄いものを読みましょう。なんでも手をつけて途中でやめる、ということを繰り返すと挫折感が募って、英語自体が嫌になってしまう可能性があります。薄いものでも一冊終わらせると達成感が得られます。これがモチベーションを維持するのに大いに役立つのです。

また一つ一つ完璧に理解してからという気構えでいくとつまづきがちです。一回で100パーセント理解しようとしないのも大切な姿勢です。「薄く何度も」やることで理解を深めていけばいいのです。一回目にわからなくても二回、三回と当たるうちに少しずつわかるものだってあるのですから。

どうせ繰り返すときにまた触れることになるのだからという気持ちで、わからなくてもどんどん進みましょう。とりあえず全体像をつかむ、そしてわかるものとわからないものを選別してしまうのが一回目の目的です。

二回目は、わかるものについてはもう一度さっと確認することで、その記憶を確かなものとし、わからないものについてはここでじっくり取り組んで疑問を残さないようにします。Forestなどの参考書はここで参照するといいでしょう。

三回目以降は、すでにはもう間違えないという確信が持てるものについては×をつけて次からは当たらないようにします。

逆に何度やっても不安なものについては横に正の字を書いていき、どの問題が苦手かを明らかにし、繰り返すたびにその問題に集中的に当たるようにします。つまり集中に濃淡をつけて取り組むわけです。全部を100パーセントの集中力で当たるのは普通の人には難しいはずですから。

繰り返すほどにやらなければならない問題数は減っていき、負担もどんどん軽くなるはずです。この「負担がどんどん軽くなる」という感覚を持つときが、「成長している」と実感する瞬間です。これによってまたモチベーションが上がります。

続きます。

「拍手」ってなんのためにあるのだろうと思っていましたが、トリビアでいう「へぇ~」みたいなもんなのでしょうか。昔の記事にもいくつか拍手されていて、「お~、これに3へぇか」などと喜んでおります。いつも応援いただきましてありがとうございます。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.17 2007 文法苦闘編 comment10 trackback2

comment

Mojo
以前、文法書を三回読めと先生に教わった話をこちらでコメントさせていただきましたが、その先生がおっしゃっていた詳細と、英語の虎さんのお話が酷似しているので、一瞬、英語の虎さんはもしや元同級生?!と思ってしまいました。冷静に考えたら私は女子校出身なので、あり得ないんですが(笑)

しかし、如何せん20年近く前に聞いた話で、そのとき書いたメモもどこかに行ってしまい、部分的に忘れていたり、いい加減になっていたところもありました。4月から、文法のおさらいをしているところだったんですが、このお話を改めてインプットできて本当に良かったです。どうもありがとうございます。

2007.06.17 11:10
あっくんママ
今日の内容とは少し違いますが久し振りに生の英語に今触れてます。米軍でマネージャーとして事務職で働いてる日本人の友達が当家に子連れで滞在中。最近 英語の虎を参考にマーさスチュアートのオーディオブックを毎日1時間音読してきた私は自身を持って彼女を迎えましたが、、彼女が英語を話し始めると早くて7割ぐらいしかわからない!それでもスロースピーカーと言われてるそうです。
オーディオブックの倍近い速さでしゃべってるようにしか聞こえませんがスロースピーカと言われてるそうです。。
2007.06.17 11:45
YOJIRO
こんにちは
やっぱり虎さんの勉強方法はすごいですね。何回もやるということは理解度も増して記憶もされる。
文法というのは最初に全部やったほうがいいのでしょうか。それとも音読といっしょにやった方がいいんでしょうか。
2007.06.17 14:26
英語の虎
Mojoさま、こんにちは。コメントいただきましてありがとうございます。

また文法のおさらいをしていらっしゃるとのこと、頭が下がります。ブログの中でも紹介させていただきましたが、Mojoさまの英語に対する真摯な姿勢だけでもなんとか見習いたいと思っております。

このやり方の原型は僕も学生時代にどこかで覚え、以来、知識の取り入れが必要なたびに利用しています。どこかでMojoさまの先生とつながっているのでしょうか。

リーガもレアルの優勝で幕を閉じ、これでようやくまた音読に専念できそうです。
2007.06.18 07:55
英語の虎
あっくんママさま

オーディオブックも音声だけでわかりやすく伝えることを念頭に録音されていますからね。それでもオーディオブックレベルの英語をきちんと聞き取れれば、リスニングの下地はしっかりついていると言えると思います。やはりあとはスピードの意識ですね。

米軍基地で生の英語でもまれている、そういうご友人の存在には大いに刺激を受けるのではないでしょうか。
2007.06.18 08:03
英語の虎
YOJIROさま

ブログでも述べましたが、文法は単語とならんで英語学習の前提となりますので、できれば早い段階で基本的な部分をしっかり復習しておいたほうがいいと思います。音読は欠かさないほうがいいので、できれば並行して。
2007.06.18 08:06
英語の虎
さっちゃんさま

TOEICでは英語力のアウトプット面を計れないのは事実です。いつかブログでも触れるつもりですが、実際に最初に920をとったときはほとんど英語を話せませんでした。英検一級をとったのはそのためです。一次ではライティング、二次でスピーキングのテストがあります。

それでも前回も書いたように僕の英語力はたいしたことありません。これでようやく英語の世界の入り口に立てた段階でしょう。そういう意味では人様にアドバイスできるような立場にはいないのかも知れません。ただ、そこまでに至る道のりの途中で苦しんでいる方がたくさんいらっしゃるのもまた事実です。

自分がやってきたことを伝えることで、それらの方になんらかの道筋を示せたらという思いでこのブログを書いています。そうなると日本人に身近なTOEICや英検が話の中心になるのは避けられません。でもこれが現在の僕が出来る精一杯です。やはりご自身のモチベーションを高めるために、他人にそれを頼むのは少し行き過ぎではないでしょうか。

その上達したいという熱い思いを持ち続けたら、きっと今よりも前に進めます。がんばってくださいね。
2007.06.18 08:33
キョロちゃん
英語の虎さん、こんにちは。
私もようやく映画でシンクロ読み始めてみましたo(^-^)o とりあえず、冒頭から10分間。たった10分の内容ですが、分量がけっこうあって、何度も口に慣らすには1時間半くらいかかりました(大雑把に真似してこの時間・・・もっと丁寧にやったら、さらに時間が掛かったはず)。
それで、1~2分くらいの量に決めて、再度挑戦!5~10フレーズくらいだと、頭に入り、暗唱もスムーズで、シンクロ読みも細部にまで意識が働いてくれ、自分にはちょうどいい感じでした(*^_^*)。
『チャーリーズエンジェル』大好きな映画なので終わりまで頑張りたいです。DVDの字幕では省略されている部分もあるので、スクリーンプレイの対訳本で英語を確認しながらやっています。フレーズの解説付きなので、文法やスラングなど勉強になっています。
2007.06.18 10:09
英語UPxUP
(^-^*)/こんにちは!

英語は繰り返しですよね

応援のポチして帰ります~♪
2007.06.18 15:56
英語の虎
キョロちゃんさま

おー、いよいよ映画でシンクロ読みですか!かなり大変でしょう。その上暗唱まで!でもそうして全体をざっとやったあとに、気に入った部分を丁寧に見ていくっていうのは、うまいやり方かも知れませんね。

そうそう、字幕ってけっこう省略されてますよね。対訳本見て「ほらねぇ」って。それに気づくと嬉しかったりして。

『チャーリーズエンジェル』僕も観ました。ラストシーンまで頑張ってくださいね。
2007.06.19 08:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/139-ff679b72
アンソニー・ロビンズの講演をテープ起こししてます超早口っ!!!ネイティブでも聞き取れんわっ!と、ツッコミどころ満載のトニ~。何とかテープ起こしは完了~目下日本語翻訳中。ところで「テープ
2007.06.26 14:48 Mヲの英語道場
アンソニー・ロビンズの講演をテープ起こししてます超早口っ!!!ネイティブでも聞き取れんわっ!と、ツッコミどころ満載のトニ~。何とかテープ起こしは完了~目下日本語翻訳中。ところで「テープ
2007.06.26 14:49 Mヲの英語道場

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索