英語独学虎の穴  忘却との戦い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

忘却との戦い

あしたのためのその138 「復習

前回からの続きです。

最初に薄い文法の問題集を使って知識の見直しをやったというお話をしました。

例えば分厚い参考書を選んだとして、一回こなすのに半年かかってしまったら、たとえ繰り返したとしても一回目をこなすのに時間がかかりすぎてしまっており、学んだことをすでに忘れている可能性が高いはずです。これでは記憶効率を考えても望ましいとは言えません。

情報はいったん脳の中の短期記憶の領域に納められて、その中から大切だと判断されたものが長期記憶の領域に運ばれるといいますよね。

全ての情報が長期記憶に勝手に入るのなら言うことないのですが、そんなことはありえないので、短期記憶に入ったものを長期記憶に持っていけるように意識的に努力する必要があります。

そのためのポイントが反復です。要は復習ですね。知識を仕入れるときに復習をしないと、せっかく知ったことを知ったそばから忘れてしまうこととなります。これではあまりにももったいないですよね。それに費やした時間が無駄になってしまいます。

エビングハウスの忘却曲線については皆さんご存知だとは思います。あることがらを覚えた瞬間から忘却が始まり、20分後にはその42パーセントを忘れてしまうそうです。怖いですね。

復習することによって忘却は防げるのですが、そのタイミングとしては10分後・1日後・1週間後・1ヶ月後・6ヵ月後がいいそうです。なお、全く復習をせずに1ヶ月以上経ってから復習してもほとんど効果はないとのこと。

以上のことから、せっかく覚えたことを忘れないために①1日分を終えたら、直後に復習する②次の日の学習の前に前日分を復習する③週1回休みの日に、その週やったことの復習をする④なるべく期間を置かずに(1ヶ月以内)もう一度それに触れる、という作戦を立てました。

こうやって書くと復習ばっかりやってたみたいですけど。でも復習って面倒くさいですよね。きっちりこなすとそれだけで時間がとられてしまい、1日に進める量がその分減ってしまいます。すでにやったことを繰り返すより、先に進みたいというのが本当のところです。

ですから僕の場合は、上の①~③については問題文全体を音読するにとどめました。もちろん空欄があるものには答えをあてはめて。映画の音読トレーニングのおかげで音読のくせがついていましたのでこれなら可能だったのです。そして一ヶ月以内に一冊を終わらせて二回目を始めることで④も実現させました。

上の「復習」の部分に「音読」と入れてみてください。なんとかできそうでしょ。目安は目を閉じて軽く暗唱できるようになるまでです。発音・イントネーション・リズム・スピードも意識しながら。散々シンクロ読みをしたおかげで、この頃になると、手本の英語音声がなくとも「こう読むのではないか」と浮かぶようになっていました。

続きます。

応援していただけると励みになります。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記



.15 2007 文法苦闘編 comment11 trackback0

comment

ビショップ
こんなブログが存在していたとは・・・!
Absolutely outstandingですね。
最近英語の虎さんのブログを見つけ、一気に拝読させていただきました。さっそく音の化学変化等を参考に、シンクロ読みを取り入れ音読してみると自分の英語がいかに「しょっぱい」ものだったのかが、まるわかりになりました。自分の勉強で足りなかったものがはっきりとわかり、進むべき方向が見えてきました。感謝でいっぱいです。シンクロ続けます。 虎さんの内容で「厳しいこと・・」の文言がありますが、何が厳しいことなのでしょう。勝者は例外なく努力をしているものです。
中年オヤジゆえ、応援の仕方と言うものを知りませんでした。最近わかり、今は毎日ポチポチしています。今後のブログが楽しみです。
2007.06.15 10:49
セーナ
なるほど やはり 問題集の文も 音読ですね! そして復習で 定着させるんですね!良かったら 虎さんが使っていた問題集を教えてください。 参考にしたいです。
2007.06.15 14:14
かいちゃん
その日の復習、次の日の復習、一週間後の復習を音読ですませてしまうというのはいいアイディアですね。きっちりと復習すると、先に進まないし、挫折してしまう可能性があります。音読することで、理論を学んだものを身体で覚えることができます。

基本的な文法の学習は時間を掛けてはいけないと思います。私たちは文法学者になるわけではありませんから。ここは一気に駆け抜けたいですね。
2007.06.15 20:59
merimarron
はじめまして。いつも拝見しています。
最近の記事はまさに私が今悩んでいたことなのでめちゃくちゃ参考になります!
文法の本の音読はしたことなかったのでチャレンジしてみますね。
ありがとうございました♪
2007.06.15 22:45
YOJIRO
こんにちは
この前のコメントは名前を書くのを忘れてたしまいました。すみません。今度から気をつけます。
明日の更新楽しみにしています。
2007.06.16 16:06
英語の虎
ビショップさま

進む方向が見えてきたとのこと、なによりです。それにこのブログが少しでも力になれたのであれば、これほど嬉しいことはありません。

熱いメッセージをありがとうございます。読んでとても力が湧きました。こうして応援してくださっている方がいることを胸に頑張って参りますので、これからもよろしくお願いいたします。
2007.06.17 09:40
英語の虎
セーナさま

僕が使っていたのは「TOEIC TEST英文法スピードマスター」という本です。ただ、この本にはいい面・悪い面の両方があります。それについてもブログで触れるつもりですので、またお付き合いください。
2007.06.17 09:42
英語の虎
かいちゃんさま

>基本的な文法の学習は時間を掛けてはいけないと思います。

その通りだと僕も思います。実際、この文法トレーニングにかけたのは一ヶ月間でした。ただ、これを読んでくださっている多くの方が、文法で悩んでおり、その勉強法について知りたがっているのもまた事実です。自分が何を考え、何をやってきたかを書くことでそういう方々に勉強のやり方のヒントを提供できればと思っております。
2007.06.17 11:22
英語の虎
merimarronさま

はじめまして。コメントをいただきましてありがとうございます。

文法の問題集を使った音読、ぜひ試してみてくださいね。これからも文法の勉強の仕方について参ります。それが少しでもお役に立てれば嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。
2007.06.17 11:28
英語の虎
Sacchan-sama

Nice to chat with you. I don't think you are a loser and think that you are simply going through what all the non-native speakers have to overcome when their language skills hit the certain level. So let’s think positively that your pronunciation has got much better comparing with when you came to Australia and will be closer and closer to where you wanna be though it might take little longer than you once thought.

Like you do, I also think the more I study English, the less confident I become with my language skills. But I still need to move forward so that I can encourage lots of English learners in Japan. And so do you to make your dream come true.

We’ll step up together!
2007.06.17 11:32
英語の虎
YOJIROさま

やはりそうでしたか。いつもコメントをいただきましてありがとうございます。

昨日お約束したとおり、新しい記事を更新しました。こちらのほうもご参考になればと思っています。
2007.06.17 11:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/138-7885e58e

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索