英語独学虎の穴  最後のメッセージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

最後のメッセージ

あしたのためのその122 「受験と音読 最終章

12回に渡って続けてきた中高生に対するメッセージも今日で最後です。

前回までは情報の受信を中心にお話してきましたが、当然こちらから発信もできないといけません。

実は去年カナダを訪れ、そこでたくさんの外国人と話をする機会を持ちました。話題は多岐に渡り、国際情勢の話にもなったのですが、彼らと会話する中で一番ショックだったのは、僕が話をしたその誰もが、日本が憲法によって戦争を放棄していることを知らなかった、ということです。

その話をすると誰もが驚きました。特にアジアの方々はなかなか信じてくれませんでした。そこで僕が説明をしなかったら、少なくともその人たちにとって日本は、いつまで経っても「金は出すけれど犠牲を払わない国」のイメージのままだったわけです。

「いつかきっとわかってくれるだろう」と待っているだけでは伝わらないんですよね。こちらから出て行って、僕たちの国のことをわかってもらうように言葉を尽くして説明しなければ。彼らに伝わる言葉で。

もう一つ残念なお知らせを。滞在中、多くの外国人に一番よく言われたのが、「君は日本人なのに、どうして英語ができるんだ」という言葉でした。

ご存知かと思いますが、カナダはワーキングホリデー(一年間滞在できて、その間労働もゆるされる制度)を認めており、たくさんの日本人がいます。そのほとんどが英会話学校に通っているのですが、下のクラスは日本人で占められており、日本人の英語力が低いというのはもはやカナダにいる外国人の間で常識になってしまっているのです。みんな最低でも6年間の英語の授業を受けてきているのに。

こんなになめられてていいのでしょうか。相手の話がまったく聞き取れない、自分の言いたいことを言えない。とにかく日本人は会話で極端に弱いのです。

これも音声面を切り離して英語の知識の勉強をしているおかげです。10年以上の空白を含め、ずいぶん遠回りをしてしまいましたが、ようやく「使える英語」を身に付けるための方法にたどり着くことができました。それを一人でも多くの方に使ってもらいたいのです。それもなるべく早いうちから。これだけしつこくメッセージを送るのはそのためです。

6年以上も費やして外国人からなめられる程度の英語力しか得られないなんて悔しいじゃないですか。今やっている勉強に少し工夫を加えれば、将来も使えるようになるんです。書店に行けば教材もたくさんありますし、ネットで無料の教材も手に入ります。それらの教材を使ってどう勉強するかも時間をかけてお話してきました。

でもね、勉強する皆さんの意識が変わらないと、結局は変わらないのです。日本の将来はみなさんにかかっています。がんばってくださいね。

長らくお付き合いいただきましてありがとうございました。これで中高生へのメッセージは終わります。応援して頂けると励みになります。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.18 2007 受験英語を実戦英語に comment5 trackback0

comment

Nori
私は1年Vacouverへワーキングホリデービザを使い、留学していました。
英語の虎さんが言うとおり、私を含め、日本人の英語力は散々なものです。
1年の長期休暇と思い入国している人は気に留めませんが、中途半端な気持ちで入国した人が殆どです。

私もまだまだ未熟ですが、このブログでも勉強させてもらってます。

これからも楽しく読ませていただきます。
2007.05.18 11:10
Wakana
SDFというのが戦争をしに行くためのものだということを知っている外国人もたくさんいますが、イラクとかにいる時点で「名目だけだろう」と思われているかもしれませんね。
英語力のことですが、確かに日本人は英語ができない人が多いですね!あとは自己主張や説明の組み立て方が下手という所があるかもしれないですね。わりと話せる人でも、長く話した後に、相手から『何を言わんとしているのかさっぱりわからなかった』と言われる人を見ることがあります。。。
2007.05.18 22:20
かいちゃん
私にも同じような経験があります。今から16~17年前でしたでしょうか、イラク軍がクウェートに侵攻したとき、多くの国が多国籍軍の一員として軍隊を中東へ送りました。ちょうどそのころ、私はジャカルタで展示会に出展をしていました。

多国籍軍というと、私はアメリカ、イギリスおよびフランスのような大国ばかりかと思っていたのですが、インドネシアやパキスタンも数百人規模ですが、多国籍軍に軍隊を送っていたのですね。インドネシアやパキスタンのバイヤーさんたちと話したときに、そのことを知りました。「日本のような大国がなぜ軍隊を出さないのか」と、彼らは驚いていました。日本には憲法の制約があるのを知らないのですね。日本の平和憲法をもっとアピールしないと、「富める国はお金を払い、貧乏国は血を流す」的な反感を買う危険性があります。

ところで今回のサブタイトル「最後のメッセージ」を見てドッキっとしました。英語の虎さんのブログが今回で終わっちゃうのかと勘違いしたからです。中高生向けの話が今回で最後と知って安心しました。よかった~!
2007.05.19 07:32
英語の虎
Wakanaさま、コメントありがとうございます。

>SDFというのが戦争をしに行くためのものだ

というのは「戦争しに行くためのものではない」の間違いですよね?

>『何を言わんとしているのかさっぱりわからなかった』

これは英語力もそうですが、論理展開の仕方が日本語と英語とでは違うというのも影響しているように思います。

結論を先に言ってからその根拠を述べる英語の論理展開に慣れている方にとっては、最後に結論を持ってくる日本語の論理展開はわかりにくいのではないでしょうか。言いたいことを単に英語に直しただけではだめ、というのが難しいところですよね。
2007.05.19 10:25
英語の虎
かいちゃんさま、いつもコメントをいただきありがとうございます。

紛らわしいことを書いてすみません。しかし書き続けることの難しさを痛感しているのもまた事実です。

ディクテーションとシンクロ読みを中心とした音読トレーニングを広めたいというのが、このブログを始めた動機でした。それを伝え、僕が犯したような過ちを犯さないように若い世代に対するメッセージも送り終えた今、何を目標に書くのか。

ただ、最近になってこのブログを見つけてくださる方も多くいらっしゃいます。ランキングの上位にい続けることによって、より多くの方にメッセージを届けることができるものもまた事実です。ここでやめてしまっては、たまたまこの時期に英語をやろうと思っている方にしか伝わりませんからね。
2007.05.19 10:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/122-ab1312c6

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索