英語独学虎の穴  受験と音読 その8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

受験と音読 その8

あしたのためのその118 「大学生も大変

少し前のものですが、asahi.comでこんな記事を見つけましたので引用させていただきます。ソースはこちら http://www.asahi.com/life/update/1208/009.html

以下引用

2年生半数、留年危機 英語力検定が壁 横市大の学部

 横浜市立大学(横浜市金沢区)で、05年春に誕生した国際総合科学部の2年生の半数以上が留年の危機にひんしている。同学部の学生の英語力を就職時の売りにしたい大学が、英語力検定として国際的に使われているTOEFLで500点以上取ることを3年進級の必修単位にしたが、それが大きな壁として立ちはだかってしまった。

 「1年のときは余裕だと思っていたが、後がなくなりいまは必死。すでに進級をあきらめた友人もいる」。500点に達していない2年生の男子学生(19)は、大学の図書館やLL教室で連日英語漬けだ。

 「TOEIC600点以上」「英検準1級」でも進級を認めているが、1期生の2年生約740人のうち、到達した学生はまだ357人。

 商、国際文化、理の3学部を統合し、国際総合科学部を新設した大学は「国際社会で通用する人材の育成」を掲げている。「TOEFL500点」は英語教育の充実度を示す象徴として、学外にPRもしてきた。

 予想外の未達成者の数に、大学も頭を悩ませている。このままだと留年者が出るのは避けられないし、点数を緩めれば学部の評判が落ち、志願者減につながりかねない。このため、この夏には2週間で67・5時間もの補習を実施した。

 藤野次雄・国際総合科学部長は「TOEFL500点は専門知識を大学で学ぶうえで出発点でしかなく、基準は緩められない。勉強方法での支援しかできない」と話す。大学が今年度中に実施するTOEFLの検定は、今月16日と2月の2回のみだ。
     ◇
 〈キーワード:TOEFLとTOEIC〉 TOEFLは64年に始まり、世界で毎年約80万人が受験する。入学判定などに使う大学は5千以上に上る。インターネット版もあるが、横浜市立大学が使っている団体向けのペーパーテスト、TOEFL―ITPは最高点が677点。79年から始まったTOEICは英語のコミュニケーション能力を評価するテストで、最高点は990点。世界で年間約450万人、国内でも約150万人が受験し、約2600の企業や学校が採用条件や単位認定などに使っている。


引用ここまで

いかがですか?生徒の皆さんの苦労が伝わってきますよね。もちろん条件の決め方などに問題はあるでしょうが、少なくとも中学、高校とコミュニケーションを意識しない英語の勉強を続けていると、その後の修正が難しいということは、この記事からも読み取ることができるのではないでしょうか。

現行のTOEFLではスピーキングとライティングも測られるため、アウトプットの能力を向上させるための努力もしなくてはなりませんが、TOEIC600点ならば、最初から音読を中心としたトレーニングを積んで、リスニングの下地を作っておけば十分にクリアできるはずです。

受験が終わってからまったくゼロからリスニングを勉強し直すよりも、現在の勉強を将来に生かす工夫をして欲しいのです。ここまで書いてきたことをぜひ実践してみてください。「頭で理解したことを正しい発音で何度も口に出すことで体で覚える」が基本です。スピードの意識もお忘れなく。

「中高生に音読を」キャンペーンも次回で終わります。どうぞみなさん、応援ください。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

.10 2007 受験英語を実戦英語に comment11 trackback0

comment

Lily
昨日から2日かけて全部読みました。
内容がすばらしいです。2日ともポチッと押しておきました。

1年前にネットで「効果のある勉強法」を知ろうとかなり検索して調べたことがあります。
(FENをひたすら聴いて効果がなかった経験があるので)
日本人が英語が苦手な理由や、色々なサイトの情報を総合して到達したのは

1. 最初に正しい発音を身につける
2. 中学レベルの文法知識を身につける
3. 自分のレベルに合わせた素材を利用する
4. 内容が分かっているネイティブスピードの英語を何度も聴く
 (サイレント・シャドーイングする)
5. 英語を英語のまま理解する
6. 発音とリズムに気を付けながらスラスラ言えるまで(20回以上)真似して繰り返す
7. 音に慣れたら英作をやるとリスニングにも効果的

というものでした。

大抵のサイトは伏字だらけで有料情報を売ろうというものだったので、
「自分がもし成功したら無料で情報提供しよう。日本の英語教育を変えられたら。」
と思っていました。
同じことを考えている人がいて、嬉しくなってしまいました。
しかも自分が作ってもこんな良い内容には到底できません。
これから勉強する人で、このブログに出会えた人は幸せ者です。

「ディクテーション&シンクロ読み」良いですね。
書き取ったものを英譜にするという無駄のなさ。
手法はシンプルで効果的、かつ自分流にアレンジする柔軟性もある。
この手法はなんて美しい・・・。
(やってることは泥臭いですが)

シンクロ読みは普通にやっていました。普通に思いつく練習法だと思います。
しかしネーミングが素晴らしいし、「メソッド」と言える高いレベルまでしっかりとまとめられているのがさらに素晴らしい。
さらにディクテーションと組み合わせたこのシンプルな手法は、自分が知る限り最も良いものに思えます。

「やる気」に重きをおいているのがまた良いです。
歴史上最大の成果を挙げた外国語学習法はASTPというそうです。
http://www.howtoeigo.net/astp.html
そりゃ命にまで関わるとなれば必死になりますって。
このASTPの成功とこのブログの主張って、すごく共通点があると思いませんか?

1年前に過労で退職しまして、疲れちゃいけないってことでダラダラやってきたのですが、やっと回復してきたので3ヶ月間本気で勉強しようと思います。
逆戻りしないようにストレスと疲労をコントロールしなきゃいけないのがもどかしいのですけど、気合いだけは失わないように頑張ります。

長いコメントですいません。
2007.05.10 23:00
maiko
始めまして。とても充実したブログですね。参考になる勉強方のアイデア満載!じっくり時間をかけてすべて読むつもりです。集中独学三ヶ月でTOEIC900越えはすごいです。説得力ありすぎ。数ヵ月後に初TOEICを受ける予定なので、このサイトを励みとして頑張ります。これからも応援してます~。
2007.05.11 05:59
かいちゃん
ディクテーション、高速読み、シンクロ、そして付け加えさせていただければ、高校2年生以上であればロングマンを使った教科書の読解と語彙増強。

この4本柱が定着すれば、日本の受験英語の質が根底から変わっていくように思います。これからもシンクロ普及委員会のメンバーとして周りに声をかけていきますね。英語の虎さんもできるだけ長くこのブログを続けられるようにがんばってください!
2007.05.11 07:04
英語の虎
Lilyさま

熱いメッセージをありがとうございます。二日間で全部!とは大変だったのではないでしょうか。

「美しい」とまで言っていただけるなんて、嬉しいような面映いような…。僕もここで自分が紹介している勉強方法はとてもオーソドックスなものだと思っています。そのコンセプトを理解してもらいやすくなるのでは、との思いから「シンクロ読み」や「英譜」という名前をつけました。共感いただけて幸いです。

ASTPについては初めて知りました。教えていただきましてありがとうございます。そうなんですよね、「やる気」をどう持ってもらうか、ここには本当に苦心しています。ATSPのように外的要因で追い込むのではなく、内的動機を高めてもらいたいと思っていろいろ言葉を尽くしています。

おかげさまで元気をいただきました。お体に気をつけてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。
2007.05.11 09:06
英語の虎
maikoさま、はじめまして。コメントをありがとうございます。

説得力ありましたか?そう言っていただけると嬉しいです。かなりの量になってしまいましたので、全部読むのは大変だと思います。参考になる部分があるといいのですが。

初TOEIC受験、がんばってくださいね。そして今度はその体験記をmaikoさまが書いてください。
2007.05.11 09:21
英語の虎
かいちゃんさま、いつもコメントありがとうございます。

その通り、このブログではまだ語彙増強について触れていませんが、その折にはかいちゃんさまのその方法を取り入れさせていただくつもりです。

「できるだけ長く」、そうですよねぇ。以前に比べて更新の頻度も落ちています。何しろ遅筆なもので、ブログを書くための時間をどう捻出するかが今の大きな課題です。その言葉を励みにがんばりたいと思います。
2007.05.11 09:27
Lily
かいちゃんさま

実は項目の8番目に「重要語彙は必死で覚える」と書いた後、あえて消しました。
というのも、うちの嫁さんの例を見ているからです。

嫁さんは高校の時にアメリカ留学していて英語が話せます。
しかし語彙力は私よりかなり低いです。
にも関わらず、一緒に海外旅行すると相手に「綺麗な英語だ」と褒められるほど、日常会話レベルならペラペラです。

彼女はホテルマンと英語で話しながら、こっちを向いて日本人である私に対し英語で質問してくることが多々あります。
まるでスイッチで日本語と英語を切り替えているようです。

脳味噌に英語文法(機能語)を操る回路をハードウェア的に叩き込まないと、そういう芸当は出来なさそうです。
俗に言う英語脳ですね。
下記の連載が、科学的に説明されていて面白いです。

英語が苦手の日本人、真の原因はコレだ!
http://allabout.co.jp/study/bizenglish/subject/msubsub_series_bzenglish07.htm

嫁さんは難しい語彙を使わず簡単な語彙で言い替えています。
そういうやり方を覚えるのに英英辞典を使う癖をつけるのは有効だと思います。

最近英英を使うようにしていますが、英英だと理解に自信が持てないor説明に使われている単語自体がわからない場合が多々あるので、英英で引いた後に英和を引くようにしています。
(電子辞書なのでボタン一発です)
正確な意味がわからないのでは意味がありませんから。

「30歳からの英検1級」これから読んで参考にさせて頂きます。
2007.05.11 10:57
セーナ
本当に本当に 感動しました。
私は子ども3人もいる おばさんですが 現在 英語学習にすごく 興味をもっています。 一年半前から 勉強をしています。今までこんなに打ち込めるものが あったのかという位 英語にのめり込んでます。 毎日は英語にはたずさわっていますが、良い 勉強法はないかと いつもネットや 本屋に言って検索しています。そして こちらのブログに出会いました。
前から 音読が良いと聞いて 毎日行ってはいたのですが、どうも効果はみられず、こちらのブログを拝見して わかったのです。発音など真似をしてなるべく近くなるようにとやっていたと思っていましたが、全然 真似にはなっていなっかたですね! それにディクテーションもプラス これは絶対 いい!と思いました。
何より 本当に損得なしでこんなに丁寧に教えてくれる方に 出会ったことなかったです。 信じて頑張ろうと思っています。
現在 えいご漬けのDIALOGUEをやり始めたばかりなのでそちらで やり始めました。まだ 5日なのですが、なんか 向上してる感じします。 ただ えいご漬けなので ノートが作れないから駄目ですよね! 発音は一応 1ヶ月位 練習しました。これから頑張っていきたいと思っていますので宜しくお願いします。
2007.05.11 22:09
かいちゃん
Lilyさん

当方のブログのコメントをいただきましてありがとうございます。

私も同感です。英単語は必死に覚えるものではないというのが私の自論です。

語彙を増やすコツは「来るものは拒まず、去るものは追わず」の姿勢の中にあると思います。当方の一連のロングマンの使い方にも書きましたが、私はボキャリノートというのを使って毎日「筋力トレーニング」をしています。英語の短文を読む訓練をする過程で「ついでに」英単語を覚えるようにしてきました。この方法だと自然に覚えられます。

よく市販の単語帳を使って「必死に」英単語を覚える人がおります。この方法は短期的には効果があると思いますが、長期的に見るといずれは忘れていってしまうと思います。なぜ忘れてしまうかは、当方のブログ「ボキャブラリーを増やすコツ」http://kaichan.cocolog-nifty.com/diclongman/2006/week41/index.html を参照下さい。

語彙を増やすもっともよい方法はタイムの定期購読だと思います。タイム誌を毎週、表表紙から裏表紙まで読んで、ボキャリノートに書き取り、毎朝筋力トレーニングをすると2~3年でかなりの語彙がつきます。

かつて空手バカ・故大山倍達氏が3年の山篭りの修行から下山して全日本空手道選手権大会に出たときに、相手の選手の動きがスローに見えたように、3年間のタイムという山篭り修行を終えたあとで英検1級などの試験を受けると、長文問題などは「こんなに読みやすい文章だったんだ!」って思えるようになります。

英語の虎さん

虎さんのブログを掲示板のように使ってしまい申し訳ありませんでした。お許し下さい。
2007.05.12 06:07
英語の虎
セーナさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

英語に対する情熱がよく伝わってきます。僕がブログに書いてきたことが、セーナさまの英語学習のお役に少しでも立てるなら嬉しいです。

子育てをしながらの勉強は大変でしょうが、がんばってくださいね。人生の中でそこまで打ち込めるものってなかなか出会えないと思います。

このところ忙しくてなかなかブログの更新ができませんでしたが、コメントを読んで元気が出ました。こちらこそありがとうございます。


2007.05.12 21:51
ひろき
TOEICをキーワードにとんできました。
あしあと残しておきます。ではまたぁ~。
2007.05.21 11:50

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/118-4b4d9215

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索