英語独学虎の穴  リスニングを左右するインプット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リスニングを左右するインプット

あしたのためにその11 「長谷川投手との出会い

メジャーリーグで覚えた僕の英語」という本が僕の学習方針を決めたという話を昨日しました。
正確に言うと僕に大きく影響したのは、この本の中のたったの2,3行(もちろん全体を通して彼の生き様が伝わってくるいい本です、誤解なきよう)
でした。
メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法 メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法
長谷川 滋利 (2001/11)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


長谷川元投手は子供の頃から「将来はメジャーリーグでプレーしたい」という夢を持って、英語にも真剣に取り組んでいました。学校での英語の成績もとてもよかったそうです。大学も野球推薦ではなく、きちんと勉強して入りました。

ところが大学生になって日本選抜チームの一員として初めてアメリカを訪れたときに、相手チームの選手からかけられた"Where are you staying?"という一言が聞き取れなくて、それまで自分が持っていた英語に対する自信が砕かれてしまいます。

これは日本人なら誰でも思い当たる事柄ではないでしょうか。文字にしてみると本当に簡単な中1レベルの英語でさえも、ネイティブスピーカーの口から発せられると、緊張も手伝ってまったく聞き取ることが出来ない。でもCDなどの録音された音声でもそうなのですから、聞き取れないのには緊張ではなくもっと根本的な原因があるはずです。

大学受験では"Where are you staying?"よりも遥かに難しいレベルの英文にも当たりながら、コミュニケーションのレベルではこんな基本的な英文さえ聞き取れないのはなぜか。その原因に思いを巡らせているうちに一つの仮説に到りました。

それは「日本人が英語を聞き取ることができないのは、インプットの時点で英文をカタカナ発音で頭の中に入れているためではないか。だとすればネイティブスピーカーと同等の発音でインプットすることが出来れば、ネイティブの口から発せられたときもそれを聞き取ることが出来るのではないだろうか」というものです。

単純な仮説ですが、それを自分で証明するには長く険しい道のりが待っていました。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。こちらにもいろんな方の勉強法が載っていますので参考になるかと思います。

d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへみんなの英会話奮闘記





.04 2006 DVDを使った勉強法 comment3 trackback0

comment

かいちゃん
私が今から20年前に30歳から再度英語を勉強す時に、最大の障壁はリスニングでした。今のようにシャドーといった学習方法が世間で知られていない時代でしたし、CNNなどはケーブル契約が必要で、聞き取りに関しての教材は今ほど抱負ではありませんでした。そこでどうしても読む学習に重点を置いてしまいました。

おそらく英語の虎さんとは英語の学習方法は違いますが、意気込みという点では、根っこで同じような気がしています。

英語の虎さんが30歳から再度英語を勉強して英検1級という高みまで到達した今後の経験談を楽しみにしています。
2006.12.05 21:37
リウマチばあちゃん
私もこの本は図書館で借りて読みました。
長谷川投手の野球と英語への熱い思いが伝わってきて、素敵な本でした。
私も、よし頑張ろうと思ったものでした。
私も英語を学習し始めた頃、アメリカへ旅行した時、boxが通じなくて愕然とした事があります。自分の完全なカタカナ英語を思い知らされました。

続きを楽しみにしています。
2006.12.05 21:46
英語の虎
コメントありがとうございます。

かいちゃんさま

私はてっきり同世代の方だと思っておりました。大変失礼をいたしました。
20年前と今とでは英語学習の環境が全く違いますよね。
その中で志を持って英語に取り組まれ、現在の英語力を獲得されるに到った道のりを想像すると、身が引き締まります。
訪れてくださってありがとうございます。

リウマチばあちゃんさん

そうなんです、長谷川投手の本、引き込まれてどんどん読めちゃうんですよね。
自分が日本人メジャーリーガーの第一号になりたくて、そのために英語も学びもしたのにも関わらず、野茂投手にその座を奪われたときの悔しさ、その後実際に夢を適えてメジャーリーガーになって自分の居場所を野茂投手とは違うアプローチで探ったその前向きな姿勢が飾らない書体で書かれていて、読んでいて元気が出ます。
長谷川投手編は終わりますが、これからもよろしくお願いいたします。

2006.12.05 23:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/11-ebd0e1a9

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索