英語独学虎の穴  普段のトレーニングで必要なもの、それは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

普段のトレーニングで必要なもの、それは…

あしたのためのその109 「スピード命

今回のアメリカ滞在の間に、多くの方とお話する機会を持ったのですが、彼らと会話をする中で再確認したものがあります。それはスピードの大切さです。

当たり前の話ですが、実際の会話はTOEICや英検のリスニングテストのレベルを遥かに超えています。僕はこれを十分に覚悟して、普段からスピードを意識したトレーニングをしていますが、それでも中には悪魔にとりつかれたかのようにまくし立てる方もいらっしゃって、聞き取りに苦労する場面もありました。

スピードに対応できなければ会話はできません。なぜなら会話では相手の話を理解しつつ、それに対する応答を考えて、自分で英文を作って返事するというプロセスを必要とするからです。単にリスニングをしているだけのときよりも遥かに余裕がなくなるのです。

普段の英語学習の際に自分にとって心地よいスピードでインプットしていては、上に書いたようなプロセスを経る実際の会話のシーンでは、情報処理のスピードが追いつかずにオーバーフローしてしまうはずです。

学校の英語のテストではじっくり考えて答えを出すのに十分な時間が与えられているため、ほとんどの日本人はゆっくり考える習慣がついていますよね。しかし現実のコミュニケーションでは、ただ理解するだけでなく速く理解することが求められるのです。

ですから「時間をかけても正確に理解できればいい」を脱却して「スピードの中でいかに理解するか」というふうに意識をシフトしなければなりません。現実の英語運用力の高さスピードで測られます。

TOEICで大量の問題を短い時間で答えることを求められるのは、情報を処理するスピードこそが実際のコミュニケーションでは大切である、ということを考慮してのことだと思います。

シンクロ読みの項で「WPM190を目標に読むべし」と書きましたが、それに対し「何と無茶なことを」と感じた方もいらっしゃったと思います。

しかし会話を想定するのであれば、それぐらいはやはり必要です。常に余裕がないシチュエーションを想定して、スピードをつける練習をして下さい。シンクロ読みでも十分に苦しいでしょうが、そこで負けずに高速読みまで進むのは、会話に必要なスピードを養うのに最適なトレーニングだと思います。

音読トレーニング、やはり使えます。皆さんもがんばってください。

今日も長くなってしまいましたが最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。よっしゃスピードつけるぞ!と思われた方はクリックをお願いいたします。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.25 2007 究極の音読を目指して comment2 trackback0

comment

Wakana
スピードは私も大切だといつも感じていますね。スピードと強弱さえしっかりしていれば結構通じてしまうということさえありますもんね。
よくいう、「ほったいもいじるな」What time is it?「ねいちゃん氷水(こおりみず)!」Nature calls me.なんか良い例だなぁと思います。

色んなサイトがあるんですね。興味深く見させて頂きました。
2007.04.27 11:05
英語の虎
Wakanaさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

「ねいちゃん氷水(こおりみず)!」Nature calls me.とは初めて聞きました。ジョン万次郎も真っ青の空耳フレーズですね。

スピードと強弱、こちらから発信する際にももちろん大切ですが、受信する際にスピードの中で理解する練習を積むことも大切だと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.04.28 01:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/109-b1f59274

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索