英語独学虎の穴  TOEICとディクテーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEICとディクテーション

あしたのためのその102 「シンクロ読み VS ディクテイション 3

それでもまだディクテーションに踏み切れない、いまいち虎になりきれぬ方々に、ここで一つ大きなお知らせが。

以前、TOEICのスコアとディクテーションで書き取れる単語の語数との相関関係を調べる実験が行われたんですって。具体的には英語音声を聞かせて、被験者にそれをディクテーションしてもらい、書き取れた単語数の多い順に被験者を並べてみたんだそうです。

するとどうなったと思います?その順番は、TOEICのスコアの高い順で並べた順番とほぼ一致したんですって!

しかもですよ、リスニングのスコアがディクテーションと関係ありそうなのは、まぁ予想がつくじゃないですか。音を「聞き取れて」いるわけですから。それがなんとリーディングのスコアで並べた順番とも高い相関関係があったというんです。

実際に英語ができる人は、純粋に音だけで判断するのではなく、文法的知識などを(無意識に)使って聞き取れない部分をある程度補いながら理解しているわけです。ここではこれを文法の運用力と呼びます。単なる知識ではなく、実戦で無意識のうちに使えるまでに高めたものです。

たとえば正確には聞き取れなかったけれど、動詞が二つ続くのはおかしいから途中に「to」が入っていたんじゃないかというように。予測しながらと言ってもいいかもしれません。

つまりそういう文法の運用力がある人が、より多くの単語を書き取れるわけです。これがディクテーションの成績がリーディングセクションのスコアとも高い相関関係を示した理由ではないでしょうか。

文法の運用力が低い人は、このように「聞こえていない部分を知識で補う」ということができないため、書き取れる単語数が増えないのです。ディクテーションのように考える時間がたっぷりあるところでこれが出来なければ、TOEICや実際の会話でできるわけはありません。

音を分析できる耳+文法の運用能力、この二つの能力が、ディクテーションをする際に書き取れる単語数を決めるんだと思います。そしてこれはTOEICで求められるものと重なりますよね。

ということは・・・・次回に続きます。

どうです?ちょっとディクテーションやってみようかなって思いません?思ったという方は応援のクリックをお願いいたします。思わなかった方、次回はこのあたりにもっと突っ込んだ話をしますので、クリックしてからしばしお待ちください。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

.11 2007 猛虎十番勝負 comment12 trackback0

comment

suplik
初めまして。
毎日このブログを読みながら参考にさせていただいています。

これからシンクロ読みを始めてみようと思っているのですが、DVDを使った勉強法で書かれているように、まずディクテーションをしてからそれをシンクロ読みするのか、それとも3月6日辺りで書かれているようにディクテーションせずにシンクロ読みをすればいいのか分からなかったので、教えてください。

僕はディクテーションは時間がかかるので、その分シンクロ読みの時間に回したほうが効率がよいのではないかと思うのですが、ぜひご意見を聞かせてください。
2007.04.11 09:26
bonchuckstory
初めまして。
私もディクテーションを頑張っています。
英語圏で生まれ育っていない私達にとっては、
一番いい勉強方法かな?と私も思っています。
先は長いですが怠らずに頑張りたいと思います。
ディクテーションしていると初めて聞く文章の中には必ず知らない言葉がたくさんあります。
その言葉を色々な可能性を考えながら、
必死に探してことばが見つかった時は、嬉しいですね。「お~なるほど~」っと思わず声を上げてしまうくらいに。^^
また、ディクテーションをしたあと、
読み直して、意味を考えてみた時に、
意味が通らない物を見つけた時も。^^
そう、何かが足りなかったのに気付けるからです。
リスニングは、生の声(その人の言いたいこと)なので、
話しているの文章の抑揚を感じるだけでも、
何がいいたいか分かるようになりますので、
それが身につくと、リーディングにも反映して、読解力もつきますね。
2007.04.11 12:59
英語の虎
suplikさま、はじめまして。

僕は毎日ディクテーションをやってからシンクロ読みをしていました。1月1日のメニューでは音読について軽く触れるにとどめていたので、改めてシンクロ読みのやり方を詳しく説明したわけです。

確かに時間はかかりますが、ディクテーションのもたらす効果は大きいです。もし今までにやったことがないのであれば一度挑戦してみることをお勧めします。

たとえば2時間半の勉強をするのならば最初の1時間をディクテーション・答え合わせ・内容の把握に費やし、残りの1時間半をシンクロ読みにかけるというようにしてみてはいかがでしょうか。

ご参考になさってくださいね。
2007.04.11 20:48
英語の虎
bonchuckstoryさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

ディクテーションがんばっていらっしゃるんですね。

>必死に探してことばが見つかった時は、嬉しいですね。

これ本当によくわかります。苦労すればするほど、出来ていたときは気分いいですよね。

今はアメリカにいらっしゃるんですね。英語環境の中でもそうして努力するというのが大切なんですね。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.04.11 21:11
skykrt
はじめまして!
人気ブログランキングからきました。

私も独学で英語学習法を模索していますが、このブログを見つけてとても共感しました。

まだ、「あしたのためにその15」までしか読んでいませんが、私のブログで紹介させていただきました。

もしよろしければ、お気に入りリンクに追加したいと思います。

よろしくお願いします。
2007.04.12 18:49
ママコ
この間はありがとうございました♪最近ディクテーションを始めました。まだまだなのですが、きっとこのコツコツが身を結ぶだぁと断固たる決意で頑張ろうと思います!!そして久しぶりに家にあるスラムダンクを読破してしまいました(笑)
あとよろしければリンクさせていただいてよろしいでしょうか??
2007.04.12 22:18
まき@ケイティクス
こんばんは。私も初めてのコメントです。
学生時代に授業でディクテーションをしたことがあります。ただ漠然と聞くよりも手を動かした方が頭の中に入ってくる(染み込んでくる?)感じがしたことを、この記事を読んで思い出しました。
次回、楽しみにしています。
2007.04.12 22:20
英語の虎
skykrtさま、はじめまして。

独学でがんばっていらっしゃるんですね。僕のブログを紹介していただきましてありがとうございます。

もう100回を超えていますので、読むのだけでも大変だとは思いますが、くじけないでくださいね。わかりにくいところがありましたらおっしゃってください。

こちらからもリンクさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
2007.04.13 00:02
英語の虎
ママコさま、こんばんは。

とうとうディクテーション始めたんですね!そうですよ、断固たる決意ですよ。あきらめたらそこで試合終了ですから。がんばってくださいね。

リンクの件、了解です。こちらからもリンクさせていただきますね。
2007.04.13 00:07
英語の虎
まき@ケイティクスさま、はじめまして、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、ディクテーションで手を使って書いたものって、頭に残りますよね。その上で音読すると効果倍増です。辛いけれど効果抜群のこの組み合わせをなんとか広めようと奮闘しています。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.04.13 00:10
skykrt
こんにちは

ブログを見に来てくださって、ありがとうございます。

今日は「あしたのためにその44」まで読ませていただきました。

「英語の虎」さんの精神力はすばらしいと思っています。

ランキング応援していますので、これからも頑張ってください。
2007.04.13 14:38
英語の虎
skykrtさま、こんにちは。コメントありがとうございます。

44までですか!一気にいきましたねぇ。お疲れのことと思います。

僕の精神力はたいしたことありません。本当です。ただ、「好きなことは本気でやらないと楽しめない」という覚悟だけはあります。これは何をするにしたって一緒ですよね。

これからも応援していただけるとうれしいです。お互いがんばりましょうね。
2007.04.14 10:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/102-33665643

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索