英語独学虎の穴  ディクテーション上等!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ディクテーション上等!

あしたのためのその101 「シンクロ読み VS ディクテイション 2

今までに仕上げたディクテーションノートは10冊以上になります。

まずは四年前、英語学習を再開したときに一番最初にやった「You've got mail」。これを一月で終わらせて、二月から「いつでもラジオ英会話」(NHKラジオ英会話の過去放送分を集めたもの)、そして三月は「やさしいビジネス英語」(同様にNHK人気番組の過去放送分を集めたもの)とこなしていきました。

英語学習を再開した最初の3ヶ月間は毎日ディクテーションをしていたことになります。シンクロ読みと同様に負荷の大きいトレーニングなので、さすがにスタートダッシュ期間以降はしばらくはできませんでした。以下の教材は、自分がなまってきたと思ったらやりました。

「Shrek」(アニメは英語学習に向かないと言う方もいますが、これは聞き取りやすくてディクテーション向きです。)
「Spider-Man」(心優しいピーター・パーカー。彼の声はとても聞き取りやすいです。)
「The Negotiator」(唯一途中で挫折。サミュエル・L・ジャクソンの英語わからなすぎでした)
「The School of Rock」(ジャック・ブラック最高!!)
「AFNニュースフラッシュ」(ニュースはあまり面白くありません。)
「ラリーキング・ライブ」(ラリキンをこなせたら本物です。)

などなど。どうですか、まさかびびっていないでしょうね?これぐらい当然です。だって虎ですもの。これを読まれている皆さんもすでに英語の虎ですよね?やりましょうよ。そして自分の字でびっちりになったディクテーションノート見ながらにやにやしましょうよ。

やってみた感想。一番最初にやった「You've got mail」が一番難しかったです。だれですか、あれが英語学習に向いていると言ったのは!僕は色んなサイトであれを薦めていたからやったのですよ。

ああいう評価って、たいがいすでに英語がばりばりにできる人がしてますよね。学習者の気も知らずに。自分は実際にそれ使って勉強して英語を上達させたわけでもないでしょうに。

だからもし学習者の視点で、実際にディクテーションに使ってみてよかったという教材のデータベースみたいなものを作れれば、それは英語学習者にとって大きな助けになると思うんですが。もしお勧めの教材がありましたらぜひご一報ください。

基準はナチュラルスピードでありながら聞き取りやすいものです。スラングが多すぎるものは避けましょう。苦労して書き取った言葉が、相手を口汚くののしるためのものだとわかったときのむなしさと言ったらありません(口調でわかりますけどね)。心が汚れます。あんまり使う機会ないでしょうし。

次回はディクテーションとTOEICの意外な関係についてお話しします。これを聞いたらきっとディクテーションやりたくなりますよ。読んでみたいという方は応援のクリックをお願いいたします。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.09 2007 猛虎十番勝負 comment10 trackback0

comment

shigeru
ノート10冊というのにびっくりしました!

ディクテーションはキツイので今までやってこなかったのですが、記事を読んで、ビジネスの講演会のCDのディクテーションを始めました。

まだまだ、ひよこですが、ニワトリ目指してがんばります。
2007.04.10 02:50
かいちゃん
ディクテーションの教材の紹介いただき、ありがとうございました。

英語学習初心者から見た教材の書評は、非常に参考になります。私は映画の会話が特に苦手なのですが、ディクテーションを今までやったことがない「ど素人」なので、聞きなれているAFNからやってみたいのですが、どんなもんでしょうか。私自身はAFNで伝えられる世界情勢などにはむしろ興味があるので、続けられるような気がするのですが…。

ディクテーションとTOEICの意外な関係、早く聞いてみたいです!
2007.04.10 06:45
Mojo
10冊以上ですか。さすが「虎」さん!!

The Negotiator は、私は過去に5回は見ていますが、ディクテーションにチャレンジしようとは思わないですねー。だって難しいのは明白ですもん(笑)
あ、こんなことだからまだ「虎」にはなれないのかも(^_^;;

自分は、ヒストリーチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネルなどで放送されるような、ドキュメンタリー番組のディクテが取り組みやすくて好きです。
もともと関心があって見ているわけですから苦になりませんし、番組の性質上、スラングも皆無に等しく、“正しい言葉”でゆっくりと語られますから、映画と比べると断然書き取りやすいです。

しかし、いつまでもこれに甘んじていてはいけないですよね。今度、ラリーキングに挑戦してみます......かね??
2007.04.10 16:08
英語の虎
shigeruさま、コメントありがとうございます。

ビジネスの講演会のCDのディクテーション、題材として面白そうですね。自分が興味が持てるというのは、教材選びの際の大切な要素だと思います。

がんばってくださいね。またその感想をお教えいただけるとうれしいです。
2007.04.10 20:29
英語の虎
かいちゃんさま

「ニュースはおもしろくない」というのは語弊がありますね。僕の場合は、会話形式のものを使ってしっかり勉強すれば、会話での受け答えのバラエティーも学べると思っていました。

また、ニュースに比べて実際の会話のほうが抑揚も激しいので、そこも同時に学べるのではないかと。そういう意味で、モノローグよりもダイアローグのほうが学べるものが多いのではないかと判断したわけです。

しかし慣れている教材で負荷の大きいトレーニングをするのもちろんいいと思います。とっつきやすいかどうかというのも、心理的障壁を取り払うのに大きな役割を果たしますからね。
2007.04.10 20:45
英語の虎
Mojoさま、コメントありがとうございます。

なるほど、「ヒストリーチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネル」ですか。それなら確かにスラングとは無縁ですもんね。

でもさすがに英語学習に使えそうなものを色々と研究されていらっしゃいますね。「謙虚な虎」のMojoさまらしいです。

ラリキンもやっつけちゃってください。
2007.04.10 20:54
ママコ
はじめましてママコです☆ブログ拝見させていただいて本当そのとおりだ!!と思う内容ばかりで、自分が英語がなかなか上達できないことや自分に甘さがあること。たくさん考えさせていただきました。またこれからもいろいろと参考にさせてください。
2007.04.10 21:23
英語の虎
ママコさま、コメントありがとうございます。

かなり厳しいことを書いておりましたので、驚かれたのではないでしょうか。くじけることなく読んでいただき、コメントまで残してくださいましてありがとうございます。

このブログが少しでもママコさまの英語学習のお役に立てれば嬉しいです。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.04.10 21:31
クライストチャーチウォーカー
私はシンプソンよくみます
英語の笑の基本はここにあり
ってかんじですw

クライストチャーチの今~ニュージーランド~
http://christchurch-nz.blogspot.com/
2007.04.11 05:30
英語の虎
はじめまして。コメントありがとうございます。

ニュージーランド、行ったことはないですけどいい所なんでしょうねぇ。のんびりしてて。

シンプソンですか。僕は見る分にはサウスパークのほうが好きです。

でも残念ながらどちらもディクテーション向きとは言えませんけどねぇ。



2007.04.11 08:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/101-157c75f5

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索