英語独学虎の穴  2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

おすそわけの輪

自分で勉強していたときは
たった一人でしたからね

いつかこういう
学習者のよりどころとなる
ようなものができればと
ずっと考えていました。

そしてそこでは、
一人一人が自分のために
やっていることが、

知らぬうちに回り回って
他の誰かの役に立っている
ような好循環の輪が作られ

そしてその輪は
どんどん大きくなり

いつか社会をも変える
ような力を持つ


もちろんこんなことを
一人で言っているだけ
では何も変わりません。

それぐらい大きな変化を
もたらすには

賛同してくださる方を
どれぐらい集められるか
にかかっています。


実は今回のことは
自分にとって、大きな
賭けでもあります。

ここまでブログには
相当な時間を捧げてきました。

かなり少なく見積もっても
3時間×388で1100時間は
ゆうに超えています。

自分で書いてて思いましたが
1100時間っていったら
凄いですよね

自分のためにこの時間を
全部使っていたら

例えば今の言語学習に関する
知識をもって、新しい言語の
習得に挑んでいたら

今頃、簡単な会話が
できるぐらいには
なっているかも知れない

その時間をすべて、
後に続く方への「おすそわけ」
に使ってきました。

これもいつか自分の思いが
伝わると信じてとのことです。

そのためにはまず自分から
持っているものを
人に与えないとと

だから「何もしないで、
ただお願いしている」という
のとは違うと思うんです。


ただ、一方的に情報を
発信しているだけでは

そういう輪が勝手に生まれる
ことはないということに
ようやく気づき

今こうして新しい一歩を
踏み出そうとしています。


ここまでやってきて
人の心を動かせないなら

アプローチの方法を
変えなくてはならないと
思っています。

ブログには見切りをつけて
あるいはかなり比重を落として

空いた時間をそれ以外の
活動に充てる。

これまでブログにかけていた
集中力で挑めば結構なことが
できると思っています。


ここまでの話を聞いて、
賛同して下さるという方、

コミュニティーにぜひ
参加したいという方

いっちょ手伝ってやろうか
という方は

ぜひメールでご連絡下さい。
お待ちしています。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


スポンサーサイト
.20 2010 今度こそ英語をものにするために comment1 trackback(-)

常識作り

-前回からの続きです。

予定としては
これからアウトプットの
第三部に入ることに
なっていますが

そうなると音読からは
完全に離れてしまいます。

正直に言うとそれが心配で、
なかなか先に踏み出せずに
いたのですが

もしそのコミュニティーが
しっかり機能すれば

そちらで音読に関することは
発信していけますので

どんどん前に進んでいけます。


そしてその輪の中で

今度はあなたが何か
新しいものを加えることで

それは質問という形かも
知れないし

あるいは、自分が見つけた
ことのおすそわけという
形かも知れない

そうして参加者が
少しずつ何かを加えて
いくことで

音読トレーニングも
もっととっつきやすく
もっと効果が出るように
改善されていき

その輪をどんどん大きく
しつつ、受け継いでいけば

後の世代には

「英語ができるのは特別な人」

「使えるようになりたいが
 どうすればいいかわからない」

ということはなくなり、

大変ではあるけれど
どうしたら英語ができるように
なるかはもうはっきりしていて

労を惜しまず取り組めば
なんとかなるもの

が常識になっているかも知れない

「~だけで」系の教材は
「幸運をもたらすなんとか」
と同じような、

「あんなの未だにひっかかる奴
 なんているの?」と言われる
ような扱いになっていて

「英語ができない」という人は
「あぁ本気でやる気がないのね」
って言われてしまうような

ぜひその新しい常識作りに
参加してください。

そのためにあなたの助けが
どうしても必要です。

-続きます。

次回で計画についてのお話は
終わります。もしかすると
本当にそれで終わりになるかも
知れませんが。詳しくは次回に。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.18 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

草の根運動

お願いしたいことは
まだあります。

今まさに勉強中の方々は

勉強をする中で気づいた
不便に感じることや

「こういうものがあればいいのに」
というリクエストがあれば
ぜひ聞かせてください。

なんとかそれを解消できるよう
その輪の中で知恵を絞る
ということもやっていきたい
と思っています。


そしてもう一つ、
これから英語を始めよう
というお知り合いがいたら

音読トレーニングのことを
ぜひ紹介してください。

口コミに勝るものは
ありませんからね。

「六次の隔たり」を
ご存知ですか。

ある人の知り合い、
そのまた知り合いをと
たどっていくことで

だいたい6人を介せば

世界中の人と「間接的な知り合い」
になれるいう仮説です。

SNSはこの仮説に基づいて
作られたと言われています。

それぐらい一人一人が
持っている「つながり」の力
というのは凄いということ、

ですからぜひその力を
この輪を大きくすることに
貸していただきたいのです。

そうすることで
巨大広告に負けずに

「これから英語を始める」
という方に、最初に目に留まる
ものにしたいのです。


その他にも「こういうことが
できるけど必要ない?」という
お申し出もお待ちしております。

どんな助けでもありがたいです。

とにかく今の
「あなたブログ書く人」
「わたしそれ読む人」

という一方的な関係を超えて

できるだけ多くの方に
積極的に参加していただきたい

一人一人が
「その輪を支えているのは自分だ」
という意識を持って

それが前にお話しした
「英語が使える日本人」を
増やすための「草の根運動」に
つながっていくと思うんです。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.16 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

好循環の輪

-前回からの続きです。

まだ人に教えるところまで
行っていない

今まさに挑戦中という方
あるいはこれから始めるという方
にお願いしたいのは

ぜひコミュニティーに
参加してほしいということです。

そして本気で英語学習に
取り組んでください。


これはまだ構想段階のお話ですが、

そこでは勉強を進める上での
ヒントとなるような情報を
随時発信していくつもりです。

学習者の質問に対して
先輩が答える
Q&Aコーナーも設けて、

そこでの質問とそれに対する
回答が、新たな上達のヒントとして
どんどん集積されていく


さらに参加者がそれぞれ
自分のページを持てるように
したいと思っていますので

ぜひそこに日々の学習記録を
残していただきたいんですね。

記録をつけることで
自分の積み重ねが一目で
わかるようになる

これが継続の助けになると
いうことは、行動心理学でも
認められているそうです。

しかも人の目に触れる形
ですからね。

これは挫折防止に大いに
役立つと思うんですよ。

また、他の参加者の歩みを
目にすることが刺激になる
ということもあるでしょう。

そうしてたくさんの方が
日々残す記録が
新たなデータベースとなり

それがまた、後に続く方への
励みとなるでしょう。


もちろんみんながみんな
「人のために」なんて
純粋な気持ちで取り組む
必要ありません。

「自分のために」で
本気になれるのなら
それで十分です。

そうして自分のために
頑張った人が

「使える」ところまで
たどりついたら

それが後に続く人にとっては
大きな励みになるんですから。

これからの人生に大いに役立つ
スキルが身について、

さらに自分が残した
歩みの記録が、今度は
知らない誰かを励まして

まったく意図して
いなかったところで
他人からも感謝もされる

一石二鳥でしょ

そういう好循環がどんどん
後に続いて行くような輪を

なんとか作りたいと
夢見ているんですが、
甘いですかね。

賛同してくださるという方は
クリックで教えてください。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ



.14 2010 今度こそ英語をものにするために comment5 trackback(-)

先輩の声

-前回からの続きです。

それともう一つは
できるだけ詳しく声を
聞かせて欲しいのです。

どうやって取り組んで
どういうところで苦労したか

その結果どういうものが
もたらされたかなど

実際にトレーニングに
取り組んでみて気づいた

実践者としての声を。

それは後に続く方にとって

困難にぶち当たったときの
道しるべにも

心強い励み・目標にも
なるでしょう。


教えていただきたいのは

①音読を始めたのはいつ頃か

②学生時代を含む、
それまでの英語に対する取り組み
開始時の自分の英語力

③一日どれぐらいの時間
どれぐらいの期間に渡って
取り組んだのか

④どういう効果があったか

⑤進める中で苦労したこと
乗り越えるために工夫したこと

⑥お勧めの音読教材

⑦これからの人に対する
アドバイス

などなどです。

ぜひメールでお知らせください。

他にもこういう項目が
あるといいんじゃないかという
ご提案もお待ちしています。


こういうことをお願いしても
「自分なんてとても」と思われる

謙虚な方が多いとは思うんですが

例えば勉強をしていて、

自分と同じところで
苦しんだ人がいるんだと
いうことを知るだけで

あぁ自分だけじゃないんだと
安心できて、前に進める人
だっているかも知れません。


そう思って僕も、ここまで
自分が苦労したことを
なるべく詳しく書いてきては
いますが、

読んでいる方の境遇も
それぞれ違いますから

それで全ての悩みをカバー
できるはずはありません。


ですから色んな立場からの
声があればあるほど

後に続く方にとっては
役に立つと思うんです。


まだまだやるべきことは
たくさんあるけれど、

音読に集中して取り組む
段階はとりあえず終わった

あるいはまだ取り組みの中に
いるが、ある程度めどがついた
光は見えた

だから今度は後進に、
自分が苦労したことを伝える
というスタンスで

どうかよろしくお願いいたします。

-続きます。

ここしばらく「計画」の話が続いていますが
一人でも多くの方の目に留まるよう、
応援お願いいたします。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.12 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

計画

その「場」のあり方に関して

地理的な条件にとらわれずに
日本全国の方に
参加していただくためには

ネット上にSNS
(ソーシャルネットワークサービス)
を作るのがいいのではないかと
思っています。

できればオリジナルの

もちろんそれをきっかけに
実際に集まるというのもあり

ただ、えらそうに「SNSを」
なんて言っても

そのための知識ゼロの自分が
一から勉強して作っていたら
時間がかかりますし

できたものも理想とは
ほど遠いことでしょう。

ですからまずはこういう
技術的なことを相談できる方
webのことに詳しい方を
探しています。

もしこれをお読みの中に
いらっしゃいましたら
ぜひご連絡ください。

こういう形にしたらどうか
というご提案なども
お待ちしています。


ではその「場」ができたとして
実際に皆さんにどう手伝って
いただきたいかと言いますと

本当にこれをお読みの全ての方に
お願いしたいことがあって

まずは

もう音読トレーニングを
散々やってきて聞き取りの力も
上がったという方

そういう方はぜひ教える側
にまわっていただきたいんですね。

「先輩」として、悩んでいる
「後輩」にアドバイスを

僕も質問を頂く度に
なるべく学習者の視点から
のアドバイスをしようと
心がけていますが

さすがに時間が経ちすぎている
部分は否めません。

それよりも
苦労したての方のほうが

今まさに苦労している学習者
の立場にもっと近いところから

臨場感のある、具体的な
アドバイスができると思うんです。

人に教えようとすることによって
新たな学びも必ずありますから

この経験はあなたにとっても
プラスになるはずです。

-続きます。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.10 2010 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)

「場」作り

-前回からの続きです。

ここまで自分なりに
できることはやってきた
つもりなんですね。

全然足りんわと思われる
かも知れませんが

こうしてブログを書き続けること
の他にも、音読の診断・アドバイス

毎日届く学習者からの質問への回答

見えないところで結構な時間を
割いているのですが、
報われないと感じることも多く

それぞれの負担が
大きくなってきていて
このまま続けていくのは
難しいと感じています。

何より所詮一人の力でできること
には限界があって

他の方の力を
借りることができれば、

動かせるものも
もっと大きくなりますよね。

ですからできるだけ
たくさんの方に手伝って
いただけたらと思うんです。


一番の目標は
成功者の数を増やすことです。

今は「面倒なのはいやだ」
と言っている層も

たくさんの成功例を
目の当たりにすれば

そして

本当に使えるようになるには
まともに取り組むしかない
ということがわかれば

「よしやるか」
となるかも知れません

ただ、今のように
方法を提示するだけで

自分できちんとペースを作って
勉強を継続し、うまくいく人
というのは限られている
と思うんですね。

最大の敵は、途中で歩みを
止めてしまうこと

そこで、挫折者を
一人でも減らすための
「継続の仕組み」作り
ができないかなと


今考えているのは
音読を使って学ぶ人のための
「場」を作ることです。

独学は色々と不安が
つきませんが、
一緒に進む仲間がいる
という意識があることで

それが継続の励みになることも
あるでしょうし

他にも学習者同士の
情報交換や悩み相談など

英語学習を進める上で
学習者のよりどころとなる
ような「場」を作りたい

そこに

もうここまで散々音読やってきた
という方も

これから始めるという方も

ぜひ参加していただきたいのです。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.08 2010 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)

限界

-前回からの続きです。

もちろん誰もが英語を使えるように
なんてことは思っていません

英語の習得には
物凄い時間とエネルギーを
捧げることが必要となりますからね。

それがどうしても嫌ということなら
それはもうどうしようもありません。

努力するのは嫌だけど、
もしラクラク簡単にできる方法が
あるならやってもいいかな

という層はいるでしょうが

そういう方に言えるのは

「そんな方法はない」ということ、

本気でやらないのであれば
お金と時間の無駄になるだけだし

それどころか、挫折の体験を
一つ増やすことになるだけだから
やらないほうがいい

限られた時間は
もっと有効なことに使うべきだ

ということぐらいですかね。


そうではなくて

本当に英語を身につけたい、

大変なことも覚悟しているし
それ相応の時間とエネルギーを
捧げるつもりでもいる

でも情報がありすぎて
何をしたらいいのかわからない

それで、
「これだけ売れてるならもしかして」
と思って、わらにもすがる気持ちで

それを選ぶ方にこそ道を示したい。

(実際にこれまでメールを頂いた方
 の中にもそういう人が多くいます)

そのために自分が選んだのが
ブログで声を発信するということ

ランキングで上位にいれば
多くの人の目に留まると
思ってのことでした。

しかしそれでも巨大な広告の力
にはとてもかなわない

かと言ってそれに対抗して
あれほどの広告費を捻出する
こともできない

とにかくこのままじゃ全然だめで

やり方を劇的に変える
必要があります。


ここまでやってきて最大の反省は

あまりにも一人でなんとかしよう
としすぎたこと

助けて欲しいのです。

今これをお読みのみなさん
一人一人の手を貸して
いただきたいのです。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.06 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

無力感

先日ある二人の方と
(バラバラにですが)
話す機会があったんですね。

偶然にもその二人とも
最近英語の勉強を始めたというので
どうやって勉強しているのかと
訪ねたところ

なんとその二人とも
テレビなどでも大々的に
CMを展開しているあの教材を...

どちらも聡明な方で、
英語がラクラク身につけられる
とも思っていない

でも、いざ英語をとなったときに
何をしたらいいかわからない

だから結局、宣伝でよく目にする
あの教材をやろうかという流れ


「~だけで」英語が溢れ出す
方法なんてないということは

このブログを読んでいる方
にしたら、そんなもの
常識だと思うんですよ

よく雑誌の広告で見る
「幸福になるなんとか」
レベルのオカルト的なものだと

遠回しにではありますが
しつこく言ってきたので

もうとっくにそんなことは
常識になっているだろうと

自分の中で勝手に勘違い
していたところがあって

だから今はわざわざ
口にすることもなく

そういうことは
当然の前提として
このブログも書いていました。

でもそんな「常識」なんて
国民全体からしたら
所詮ごくごく一部の話に過ぎず

CMの影響力の大きさの前には
自分がやっていることなんて
ケシツブみたいなもんだ
ということを、

改めて思い知らされました。

そういうものが
まかり通る世の中を変えたい

まともに使えるようになる
方法を伝えたい

そう思ってここまで
やってきたんですが
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.04 2010 今度こそ英語をものにするために comment6 trackback(-)

課題

-前回からの続きです。

このときの経験が

「英語が使える人を増やす」ために
自分ができることをやろう

というところに
つながっています。

きれいごとばかり言いやがって
と思われるかも知れませんが

これも「人生が終わっていたかも」
と考えることで

自己中心的な自分が
奇跡的にたどりつけたこと


ただ、もちろん事故の直後の
純粋な気持ちがずっと続けば

それは今頃聖人になれて
いるんでしょうが
そんなはずもなく、

時の流れとは残酷なもので
ついついあのときに学んだ
大切なことを忘れがちで

最初の決意はどこへやら
くじけそうになることも
しばしばで

皆さんからのメールや
応援のクリックで支えられて
どうにかここまで続けてくる
ことができました。


ただ、実はここに来て
大きな課題を感じています。

声を発するにあたって
心がけてきたのは
「一つのことを言い続ける」
ということ

英語は楽にはいかない
でもそれを覚悟して
真剣に取り組む気があるのなら
使えるようになる道はある

そしてその手段としての
音読トレーニングについて

手を替え品を替え
もうこれでもかというほど
繰り返してきましたよね。

これは
「声に出して読みたい日本語」
の著者の齋藤孝さんが

「私塾のすすめ」という本の中で

ある方法を本当に
定着させるためには

「あの人まだやっている」
「馬鹿じゃないの」

と言われるまで
言い続けなくてはならない

ということをおっしゃっていて
その言葉に強く
感銘を受けてのことです。

声を発し始めてから
もう四年になろうとしています。

ところが最近ショックな
できごとがありました。

それは...

-続きます。

お前の課題なんて知らんわなどと冷たいこと
言わずにお付き合いください。
ブログのこれからにも大きく関わることです。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.02 2010 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)
 HOME 

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索