英語独学虎の穴  「続けること」と「上達すること」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

内因動機

-前回からの続きです。

高い目標を持つと。そしてもう一つ大切なのがそれを
思い続けることです。

池に大きな石を投げ込んだと思ってください。
大きな水しぶきが立ちますよね。これが最初の決意です。
その直後は大きな波が立っているはずです。
これがやる気に満ちた状態です。
本やブログを読んでやる気になったと言ってくださっている
方は今ここにいます。

でも最初は力強かった波も、少しずつ勢いをなくして
いきますよね。そしてしばらく放っておいたら以前と同じ
石を放り込む前の静かな状態になります。まるで何も
なかったかのようにシーンと。これがモチベーションが
失われた状態です。

心の中に波がある状態を保つには、石を投げ込み続ける
しかないんですね。つまりなるべく頻繁に自分の目標を
意識するということです。英語が使えるようになって夢が
かなった自分の姿を明確にイメージすることです。

いつまで精神面の話してるんだと思われるでしょうけど、
諦めずに続けられるか、そしてどこまで上達できるか
結局全てはここにかかっていると思うんですよ。

歴史上もっとも成功したと言われるアメリカ陸軍の兵士に
対する外国語学習プログラムでは、いい成績を収めたら
昇進という報酬が、逆に成績が悪いと前線に送られると
いうペナルティがあったそうです。まさにアメとムチですよね。

このように外から自分を行動に向かわせるものを外因動機
と言います。外因動機は強力ですが、長続きしないという
欠点があります。また、これだけに支えられているとその
行動自体が虚しくなります。義務感に追われ続けている
状態ですからね。バーンアウトを起こしやすいのです。

これに対して自分の内側から行動に向かわせる欲求が
内因動機です。内因動機に支えられていれば、同じ行動を
していても心持ちがまったく違います。誰かに強制されて
やっているわけではないですからね。

試合前のアスリートのようなもので、きついトレーニングにも
前向きに取り組めるんですよ。だってその目標はワクワク
するものであるはずですからね。「おっしゃここでまた壁に
挑戦してやろうか」っていうテンションになるんです。

「やらなきゃならない」よりも「やってやる」という気持ちで
取り組めるわけですから燃え尽きることもありません。

いいこと尽くしでしょ?だから皆さんも誰に遠慮することなく、
ワクワクするような高い目標を立てて英語学習に臨んで
いただきたいのです。そしてその思いを強く持ち続けて
いつかその場所に立ってください。

この長いシリーズで僕が伝えたかったのはこれに集約され
ます。ここまで書いてきたことを、どうしたら諦めずに続け
られるのか、どうしたら上達できるのかということを考える
きっかけの一つにしていただければと思います。


-ひとまずここで終わりにしたいと思います。
 ここまで読んでくださってありがとうございました。


英語学習 ランキング
スポンサーサイト
.07 2009 「続けること」と「上達すること」 comment29 trackback(-)

常識の罠


目標を高く設定するにあたって常識が強敵になるという
お話をしました。

もしあなたの周りに英語にまったく縁のない33のおっさん
がいて、そいつが「これから英語を勉強するつもりなんだ」
って言ったら「まぁ頑張れよ」ぐらいは言うでしょう。

でもそいつが「使える英語の勉強の仕方」を考え出して
それを世に広める。その手段として本の出版も考えている
なんて大それたことを言い出したら、「はぁそんなの無理だし」
って口では言わないにせよ、つっこみたくなると思うんですよ。

さらに「3ヶ月でTOEIC920取る」なんて言ったら(そこを目指した
わけじゃないですけどね)、さすがに「現実的に言ってそれは
不可能だよ」って「常識的」にアドバイスすることでしょう。

そうしたら僕なんて素直なもんですから、「あぁ経験者が言う
ぐらいだからやはり無理なのか、それなら30過ぎてからでも
もっと楽に取りやすい資格を…って考えを変えていたかも
知れません。

そうなっていたら最初から挑戦すらしなかったかも知れない
ですよね。

でも僕は最初からそう思っていましたし、今もそう思い続けて
います。そしてまだ道は半ばですけど、本を出すところまでは
かなったんですよ。人に言わなかったからよかったんです。

だから皆さんも常識にとらわれずに、誰に遠慮することなく
大きな目標を持っていただきたいのです。だってここまで
見て来たように、最初から目標を低く設定することにメリット
なんてないですからね。

自分自身に対する過小評価も無視してください。「どうせ自分
なんかでは無理に決まってる」という思い込みはあなたから
可能性を奪ってしまいます。

もちろん他人に言う必要はありませんよ。得意の「常識攻撃」
にさらされてくじけちゃいますからね。

ただし英語を始めたことを人に言うのはオッケーです。オッケー
どころか「今度こそ英語を使えるようになる」と、周りの人に
がんがん言って引っ込みがつかない状況を作ってください。
誰にも知られることなくこっそり始めるのが一番やめやすい
ですからね。

「三冠とる」って宣言することで、自分を言い訳できないところに
置いこんでおいて裏で死に物狂いで練習するっていう、現役時代
の落合博満のやり方ですね。

-続きます。


応援していただけますと更新の励みになります。

英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記人気blogランキングへ
.30 2009 「続けること」と「上達すること」 comment2 trackback(-)

TOEICの向こう側

-前回からの続きです。

「高い目標」を持つことの大切さについてはわかって頂けた
と思います。ただし目標の設定にも注意が必要です。

本を読んで感想をくださった方の中でも、かなり多くの方が
「TOEIC900を目指します」と書いてくださっているんですけど、
その先をしっかり見ることが大切だと思うんですよね。

だって所詮TOEICの点数は小目標にしかなりえませんからね。
点数を上げるためだけに自分の貴重な時間を使っていると、
長引けば長引くほど虚しくなっていきますよ。

テストはあくまでも自分の夢の実現に必要な英語力をつける
過程で上達度のチェック、ペースメーカー、継続のための道具
でしかありません。

つまり利用するものであって、それに振り回されてしまっては
いけないということです。TOEIC900と言えども所詮は通過点
でしかないのですから。

「自分がしたいことを実現するために最低900は必要」というなら
わかります。TOEIC900取って、そのあと何をしたいのか、ここを
はっきり描いておく必要があると思うんです。

例えば自分の場合でも、最初から900点台というのを最終目的に
していたとすれば、TOEICはどういうものかという分析から入って
いたでしょうし、得点技術を追い求めるあまり肝心な基礎力の
育成を怠り、結果的にもっと時間がかかったかも知れません。

そして目標の達成に時間がかかってしまうと、どうしても自分の
中でTOEICの存在が大きくなり過ぎてってしまうんですよね。
こうなると長い挑戦の末にようやく達成できたとしても、そこで
燃え尽きていたかもしれません。

もっと遥かに先を見ていたからあっさり越えることができ、その後も
続けられたと思うんです。

だから先を明確にしておく、これは必須です。それはテストの点数
なんかじゃありえない。高い目標をというのはそういうことです。
考えるだけでテンションが上がるような目標を。もちろんその実現
を強く信じることも大切です。

そうして高い目標を設定しておいて、そこから逆算して実現可能な
小目標を置くと。

よくありがちなのが、目標を立てる際に自分の現状ではとても無理
だからなどと「常識的」に判断して、あえて低い目標を立てるという
ケースです。でも誰に遠慮する必要があるんですか?勝手に自分に
限界を作るなんてばかばかしいですよ。

実は高い目標を設定するにあたって一番邪魔になるのがこの「常識」
なのです。

-続きます。


応援していただけますと更新の励みになります。

英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記人気blogランキングへ
.29 2009 「続けること」と「上達すること」 comment2 trackback(-)

意識が低いと…

-前回からの続きです。

壁にぶつかってそこで本気で取り組めば、その度にレベルが
アップしていきます。そしてレベルが上がれば上がるほど、
得られる喜びも広く深くなっていくのです。

逆にレベルアップしないと味わえる楽しみがずっと変わらない
んです。そうするとマンネリになって、やっていてもあまり面白く
なくなってしまう。

だからこれをお読みの皆さんも、どうせ英語をやるなら目標を
なるべく高いところに置いていただきたいのです。

いや、そんな大それた目標なんて持てない、別に英語で飯を
食べるわけじゃないんだからって言う方もいらっしゃるでしょう。

でも最初から目標が低いと、挑戦する気も生まれなくなって
しまって、結局それさえも達せられないということもあると思う
んですよね。そもそも最初の集中トレーニングさえ億劫に
なるでしょう。

もう一つ英語の場合怖いのは、自分では大したことないつもり
で言っていて実はとんでもなく高い目標を置いてしまっている
ケースがあるんですよね。

例えば「日常会話を楽しめれば十分」とかね。

でもこのブログでも以前お話したことがありますけど、本当に
日常会話を楽しめるようになろうと思ったら大変なんですよね。

だって話題があちこちに飛びますからついていくのがまず大変
です。飼い犬の話していたと思ったら急に昨日行ったレストラン
の話になったりと。さらにその話題に応じたボキャブラリーも
幅広く持っていなくちゃならないですし。

見ようによってはビジネス英語のほうが日常会話よりもまだ簡単
だとさえ言えます。ある程度話の流れや着地点が決まっていて、
必要なボキャブラリーも限られていますからね。こちらのほうが
遥かに対策が立てやすい。

それをわかった上で「あの」日常会話をこなせるようになりたい
って言っているならいいですけど、そうじゃないですよね。

恐らくは「あたしみたいなもんはそこまで大それた目標なんて
持っていませんから」って意識で言っているんだと思うんですよ。

そうすると自分では低い目標のつもりで言ったところに、いつまで
経ってもたどり着けないってことになり、がっかりして途中で諦めて
しまうっていことだってあり得ます。

だから始めるにあたって、自分でも「高い」ときちんと認識している
目標を最初から持つと。でもそれだけでは漠然としていて現実感
がないでしょうから、身近な小目標を設定すると。ここでTOEICを
利用するのもいいでしょう。3ヵ月後の海外旅行で英語を使うって
いうのだっていいですよね。

そしてできれば年に一度は一段階高いレベルの何かに挑戦する
機会を持つのが理想です。こうするとスムーズに上達していける
はずです。


-続きます。

英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記人気blogランキングへ

.28 2009 「続けること」と「上達すること」 comment0 trackback(-)

意識の高さ

*ここしばらく自身が身につけた二つのスキルである
英語とサーフィンの上達の度合いの違いに注目することで
上達に必要なものとは何かということについて書いています。
ぜひご自身の英語の場合と重ねてお読み下さい。

----------------------------------------------------

-前回からの続きです。

サーフィンだって、例えば大会に出場するとかいう
状況になれば集中特訓をするでしょうし、その中で
レベルアップも図れると思うんですよ。

まぁ大会に出るにしても、「一度出てみようかな」って
いうのと、心底勝ちたいと思ってしっかり対策を講じて
から出場するのとでは、もたらされるものはまったく
違いますけどね。

いずれにせよ、そもそもそんな必要を感じていない
わけですから、「面倒くさい」という気持ちがどうしても
先に立ってしまいます。

もともと趣味として楽しめるようになりたいと思っていて、
それは達成できたのですから。

もちろん「もっとうまくなりたい」という気持ちはあります
けど、「どうしても必要」っていう状況に追い込まれないと
なかなかやりませんよね。

だって集中トレーニングって辛いじゃないですか。
どうしたって人間は楽なほうに流れますからね(このブログ
で「人間は」と言うときは、常に自分のことを言っていると
お考えください)。

ここですでにお話した「意識の高さ」とつながるわけです。
つまり意識が高くないと、そもそも挑戦することさえ難しく
なるんですよ。

これに対して英語の場合は(長いのでいちいち書きません
けど)なにしろ目指すところが高いですから、自分自身
もっとレベルアップせねばと常に思っています。

そしてこれまでにいくつも壁がありました(中には緊張感
を持たせるためにあえて自分で作ったものもあります)。

最初はTOEICや英検といった試験が壁となりました。

英語を使う職に就いてからは日々の仕事に応えようとする
中でずいぶん鍛えられました。

その後教えることに専念するようになってからは、今度は
自分以外の方の英語力を伸ばすにはどうすればいいか
について知るために、上達のプロセスを一から客観的に
見直す必要にも迫られました(それがブログにつながった
わけです)。

さらに「英語を英語で学ぶ」とはどういうことか、そして英語
環境に身を浸すことで得られるものとは何なのかを知るために
渡ったカナダでは、逆に「英語を英語で教える」という経験も
持ちました。

そして今回の本の執筆。

そのいずれもが当時の自分の力では楽には越せないもの
ばかりでした。そしてこれらの壁に対して全力で挑む中で力
がついていったのです。

サーフィンの場合とはえらい違いでしょ?同じ人間の行動とは
思えませんよね。

このように、どこまで上達するかというのは自分のレベルより
高いものに挑戦する機会を持つことによって決まり、そして
どれだけ挑戦できるかは、最初にどこに目標を置くかによって
ある程度決まってしまうと思うんですね。


-続きます。


英語学習 ランキング  みんなの英会話奮闘記人気blogランキングへ
.27 2009 「続けること」と「上達すること」 comment0 trackback(-)
 HOME 

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索