英語独学虎の穴  出版への道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

三読法


今日はコーヒーブレイクで軽いものを一つ。

本を読んでいて「凄くいいこと書いてあるなぁ」と思って
いても、読み終わったときにそれを思い出そうとすると、
「はて、一体何がよかったんだっけ」と全く浮かばない
ということはありませんか?

これは僕だけなのでしょうか?

もしかしたら自分の記憶の回路に重大な問題があるだけ
なのかも知れませんが、こういう状況を防ぐためにいつも
同じものを最低3回は読むようにしています。

もちろん最初から最後までを3回読んでいては時間が
かかってしょうがないので、少々工夫をしています。

恐らくごく少数派だとは思いますが、同じような悩みをお抱え
の方に、そんな極度に忘れっぽい自分でもこれなら大丈夫
という、「感銘を受けたことを忘れない」ための読み方をここで
ご紹介したいと思います。ただし主に実用書向けです。

まずは普通に読みますよね。そして「なるほど」という箇所に
ぶつかったとき、そのページの耳を折ります。

この一回目に折るかどうかで結構葛藤があります。もしかして
一冊読み終わったときに、折ったのは結局その一箇所だけ
だったらどうしようって。

折り目をつけていなければ人にあげることも可能ですし(まぁ
自分にとってつまらなかった本を人にあげるのもどうかと思い
ますけど)、あるいはブックオフに持って行くという選択肢も
あるでしょう。

だから一回目は用心してしおりをはさむぐらいにしておき、
二回目に感銘を受けたときに「ああ、この本なら信じても
大丈夫だ」と安心しながら最初のところとあわせて折ります。

この調子で一読目が終わったら、今度は折り目がついている
ページだけ読みます。でも当然のことながら、そのページの
中のどこで自分が感動したかまでは覚えていませんから、
その感動したと思われる部分を探しながら読みます。

そして「これだ!」という文(何箇所でも可)に今度は線を
引いていきます。

この要領で二読目を終えます。

三読目は締めくくりとして、折り目がついたページの、線を
引いた文だけを通して一気に読むのです(ここで一度目・
二度目にその文を読んだときに考えたことを思い出そうと
するとより深く記憶に刻まれます)。

こうすると、「いい」と思った部分に3回触れることになります
よね。自分の場合、ここまでしてようやく頭に入ります。

また、そういうしるしがついていたら後になってその一文を
参照したいときも「どこに書いてあったっけ」と、いちいち全部
読む必要ありませんし

それとは関係なく時間を置いてからもう一度その本を読むとき
にも、「どうしてあのときここに線を引いたんだっけ」などと記憶
をたどりながら読むことで、新しい考えが浮かんだりすることが
あるのです。

ぜひ試してみてください。

でもこれがなかなかそういう本にはめぐり合わないものです。
どんなに忙しくても週に3冊は読んでいますが、線をたくさん
引けるものは稀です。

最近では一箇所でも線を引けたら、それだけで自分には
得るものがあったと思うようにしています。

だから逆に感銘を受ける部分がたくさんある本に出会うと、
嬉しくてがんがん引いちゃうんですけどね。

ちなみにたくさん線が引いてある本というのは自分にとって
それだけ共感が持てるものだということですから、その作者
が書いた本をまとめ買いして古い順に読んでみることで、
その人の考え方の変遷をたどり、理解を深めるという楽しみ方
もできます。

僕の本を買ってくださったという方も、線を引きながら読んで
みてください。二箇所以上線を引きたくなる部分が見つかる
ことをそっと祈っています…


さぁて今日は何位かな?あれ、見つからないぞ。

 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ


スポンサーサイト
.14 2009 出版への道 comment0 trackback(-)

あ、Amazonにて…

今朝二位になったという記事を投稿したばかりですが、
さきほどいつもブログを読んでくれている知人から
「大変だ」と電話がありました。

その剣幕からして、「これは朝青龍が一転休場を表明
したか」と思っていましたら、僕にとってはもっと驚くべき
ニュースでした。一体どうなっているのでしょうか。

「どうせまたすぐに落ちるだろう」と今回はスケベ心を一切
封印していたのがよかったのでしょうか。

これも送料という重いリスクを背負ってまで(あるいは
他に本命の本があって)Amazonで買っていただいた
方々のおかげです。

せっかくですから二位ではなく、こちらの画像を家宝と
させていただきます。

本当にありがとうございます。

amazon1位
.11 2009 出版への道 comment0 trackback(-)

Amazonにて…

なんとAmazonの「TOEIC必勝法」というカテゴリーで
二位になっていました。

わざわざ「送料がかかってしまうのでamazonでは
買わないでください」という注釈までつけていましたので、
ランクインすることなどまったく期待していませんでした。

と言いながら実は二位になったのはこれが初めてでは
ありません。

先週中にも一度二位になっていたのです。そのことを
小野田さんから知らせいただいて、すぐにブログでお知らせ
しようと思ったのですが、

「いや待てよ。今の時点で二位ということは、もう少し
待ったらもしかして、い・・一位になるんでは!」という
スケベ心を持って待っていたところ一気に落ちました。

それはもう見事なほどに。

また瞬間最大風速で終わるでしょうが、まさか名だたる
参考書と自分の本が並べるとは。買ってくださった方、
ありがとうございます。

二位になった瞬間の画像は家宝とさせていただきます。

.11 2009 出版への道 comment0 trackback(-)

平積み…その麗しい響き

画像-0016

なんと横浜の有隣堂(横浜駅西口トーヨー地下街店)で
平積みで売られているのを発見してしまいました。

自分が書いたものが実際に売られているのを見るのは
不思議な気分でした。英語本売り場で顔のにやけを
必死で抑えようとしている挙動不審の人間を見かけたら
それは僕です。通報しないでください。

他の本よりも低くなっているということは買ってくださった方
がいるということでしょうか。

写真を撮るために、人がいなくなるまで本棚の陰から
元広島の古葉監督のような体勢で見守っている間
(とても怪しかったと思います)、何人かの方が手に取って
くださりました。

そのたびにどきどきしながらその反応を見ていましたが、
結構長い立ち読みの末に首を振りながら本を元の場所に
戻すところを目撃したときには、まるでこの世の終わりの
ような気持ちになったものです。

学生らしき二人組が僕の本を手にして「こういうのってどうせ
続かないんだよな」という話をしているのを聞いて、「せめて
第二章だけでも読んでみてくれないか、そういう君のために
書いた本なんだ」と思わず口に出しそうになりましたが、寸前
で思いとどまりました。

もうあんまり本屋さんには行かないほうがいいのかも知れません。
あれは心臓に悪すぎます。

他の本と並んでいるのを見て今さら気づいたのですが、
本のサイズが小さめなんですよね。白くて小さいので、
棚に並んでいては少し見つけづらいような…そういう場合は
さりげなく平らな場所に置いていただくと嬉しいです(冗談です)。

各地に派遣した偵察員(本当は友人と知人の皆さん)の情報
によりますと、

丸善 津田沼店
文教堂 新橋店
丸善 ラゾーナ川崎店
ジュンク堂 藤沢店
紀伊國屋 広島店 
ジュンク堂 福岡店

でも平積みで売ってくださっているということです。
(少し前の情報もありますので、もう他の本にとって代わられて
いることもあるかも知れません。)

店長様、売り場担当者様、ありがとうございます。

これも明日香出版社さんのネームバリューと、営業の方の
努力のおかげです。ありがとうございます。

近所の本屋さんで見つからないという声も届いていますので、
このように平積みで大々的に売ってくださっているありがたい
書店が他にもあるのをご存知という方はどうぞお知らせください。


 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ




.06 2009 出版への道 comment0 trackback(-)

仕上げ

11月には原稿作成の最終段階に入りました。

「ここはどういう意味か」「この説明はわかりにくい」などと
小野田さんからの細かいチェックが入り、指摘された部分を
修正して戻すというやり取りを何度か繰り返しました。

本来は10月の原稿がほぼ完成形で、11月の最終段階で
許されるのは誤字脱字の修正と、わかりにくい部分の補足
だけなのですが、この期に及んでも新しいアイディアが
浮かんで、それを書き加えるという病気は治まりませんでした。

本当にご迷惑をおかけしたと思います。

なお、この直したい病は締め切り後も続き、「どうしてこれを
入れなかったんだろう」と後悔するようなアイディアもたくさん
思いつきました。現在プレゼント中のレポートにはそれを
収めていますので、興味があるという方はこちらからどうぞ。
プレゼント

特に「どうして最初にリスニングの向上に集中すべきか」(P.33~)、
「音と文字の結びつきに関する話」(P.49~)、「知識の自動化」(P.55~)
「技術の基本講習」(P.59~)はぜひ読んでいただきたいです(本を
買っていただいた方には読者プレゼントと一緒にお送りしています)。

11月末になって最終の原稿チェックが終わりました。

もう手を加えたくても加えられません。ここに至ってやっと
精神的に解放されました。

とにかくこの一年半、本のことが24時間頭から離れることは
ありませんでした。

寝ている最中に突然目が覚め、自分が書いた文章が頭を
ぐるぐるよぎり出すということもしばしばでした。

「あれだけじゃわかりにくいから、この説明が必要だな」などと
様々なアイディアが浮かび、そうして夜中に思いついたことを
すぐに書き留められるように、いつもメモ用紙を枕元に置いて
眠っていたほどです。

気になって眠れなくなり、結局深夜にまた起きだして推敲を
始めるということも一度や二度じゃありません。一時は不眠症
に陥ったこともあります。

でももうその必要はないのです。長きに渡って自分の全てを
捧げてきた仕事がようやく終わったのですから。

もうしばらくなにも考えたくありませんでした。



 みんなの英会話奮闘記英語学習 ランキング 人気blogランキングへ

.29 2008 出版への道 comment0 trackback(-)
 HOME 

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索