英語独学虎の穴  今度こそ英語をものにするために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ブログ移転しました。

ブログを移転して新たに始めることにしました。

新しいブログのタイトルは 「大人のやり直し英語部」です。

ぜひ遊びにきてください。




スポンサーサイト
.04 2014 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)

3ヶ月でTOEIC920点までの道のり

大学卒業後、長いブランクの後に33歳で英語の勉強を始め、
3ヶ月でTOEIC920点を取るまでの道のりをまとめました
(以前書いたものに加筆して、前編・後編に分けました)。

ノウハウはもちろん、大きな成果を出すために欠かせない
取り組み方についても言及しています。

英語学習を開始するにあたってこれを読むことで、これから
どう進めばいいかがよくわかると思います。

初めてこのブログを訪れて、記事が多すぎてどれから読んで
いいかわからないという方は、ぜひこちらをお読みください。

読みたいという方は、下のボックスにメールアドレスを入力して
「送信」ボタンを押して下さい。
ご入力いただきましたアドレス宛にすぐにお送りいたします。


メールアドレス


※5分経っても届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

画像-0016

.13 2014 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

上級者になれる人、初級者に留まる人 その3

「より良い外国語学習法を求めて」(竹内理著 松柏社)に学ぶ、上級者になれる人の共通点をもう一回。

より良い外国語学習法を求めて―外国語学習成功者の研究より良い外国語学習法を求めて―外国語学習成功者の研究
(2003/12)
竹内 理

商品詳細を見る


⑥準備をした上で会話の機会を持つ

闇雲にただ会話の機会を増やすのではなく、使える表現などのリソースを増やす努力をしてから会話の機会を持つと。つまりきちんと準備をしてから臨んでいるということですね。

自分の「英語の引き出し」にものを入れる作業をしているということ。それが空なら出しようがありませんから。

初級者に留まりたければこの反対を、つまり準備なしでただ会話に臨めばいいということになります。


⑦英語の必要性を認識している 

英語を使う必要性がなければ、モチベーションを保って勉強するのは難しいですからね。それがない場合でも、英語を使わざるを得ない状況に自分を追い込むなどして、人工的にその必要性を作り出す工夫をしている人が上級者には多いのだそうです。

ここは大切なところなので、また詳しくお話します。


⑧前向きに取り組む

いやいややる人よりも、困難なことへの挑戦を楽しみ、さまざまに創意工夫を重ねて試行錯誤する人がより成功に近づける。これは当然ですよね。いやいややっていては、ちょっとした困難に当たったらすぐに諦めてしまうでしょうから。


⑨寝ても覚めても取り組んだという時期がある

どれほど効率を追求しようと、結局は「どれほど時間を捧げられるか」がものを言いますので、やっぱりそういう「英語漬け」になる時期は必要です。

そうとは頭ではわかっていても、なかなかできないという方も多いでしょうが。


⑩「成果は熱中と努力の賜物(たまもの)」だと理解し、日常を犠牲にして取り組む

何かを手にしようと思えば、何かを犠牲にしなくてはなりません。1日は24時間と決まっているのですから、あれもこれも全部というのはやはり難しい。

今まで時間を費やしていたことをやめるなどして、時間を捻出し、それを英語に充てると。


いかがだったでしょうか。こうして見ると、成功のカギは「まっとうに努力」することなんだとわかりますね。最後の「成果は熱中と努力の賜物」という言葉の、なんと重いことでしょう。

「ラクラク簡単」に上達した人なんていないということです。

ぜひご自身のこれまでの取り組みに重ねて考えてみてください。


応援のクリックを更新の励みにさせて頂いています。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.01 2012 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

続 最後の授業から 

引き続きランディ・パウシュの言葉から。

以前にも一度ご紹介しましたが、この動画の中で一番よく登場する言葉です。言い方を変えつつ繰り返し何度も。この言葉に触れられただけで、この動画に巡り会ってよかったと思いました。

「物事がうまくいかないときは、自分の決意が試されていると思いなさい」

The brick walls are there for a reason. The brick walls are not there to keep us out; the brick walls are there to give us a chance to show how badly we want something. The brick walls are there to stop the people who don't want it badly enough.

壁があるのには理由がある。壁は私たちを閉め出すためにあるのではない。私たちが何かを望む気持ちが、どれだけ本気かを示すチャンスを与えるためにあるのだ。壁は本気ではない人を止めるために存在する。


26:08
"I don't know!"
"Well, I don't have much information, but one of my star faculty members is here, and he's all excited, so I want to learn more."

They are both ways of saying "I don't know", but boy, there's a good way and a bad way.

「知らない!」「まだ情報が足りないが、うちの名物教授の一人がやってきて、なにやらとても興奮している。だからもっと詳しく聞かせて欲しい。」

これらは両方とも「知らない」ことの伝え方だが、いい言い方と悪い言い方があるものだね。


62:16
Never lose the childlike wonder. It's just too important. It's what drives us.

子供のような好奇心を失ってはいけない。それは私たちを動かす、とても大切なものだ。


これはパウシュの言葉ではありませんが、言いよってくる男にどう対処するかについての、女性に対するアドバイスです。

65:55
Just ignore everything they say, and only pay attention to what they do.

男の人が言う全てを無視して、彼らがすることにだけ注意を払いなさい。


次の言葉には彼の人生に対する向き合い方が表れています。

(学長に「楽しむ」ことについて話してほしいと頼まれたことに対して)
61:35
I can do that, but it's kind of like a fish talking about the importance of water. I mean, I don know how to not have fun, I'm dying and I'm having fun. And I'm gonna keep having fun every day i have left because there is no other way to play it.

もちろんできるけれど、それは魚が水の大切さについて語るようなものだ。というより「楽しまない」方法がわからない。私は死に向かいつつあり、楽しんでもいる。そしてこれからも残された日々を楽しみ続けるつもりだ。なぜならそれ以外に方法はないから。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。

まだ五位に入っているでしょうか?
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.10 2012 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

最後の授業から

本を読んでいて「いい」と思っても、読み終わる頃には何がよかったか頭に残っていないという経験をしたことはありませんか?

僕はいつも本を読むとき、心に残った言葉があったページの耳を折ります。そして二度目はそうして耳が折られたページだけを読み、その中で心に残った文に線を引きます。三度目は線が引かれた文の中のキーワードを丸で囲みます。

覚えが悪いため、そうやって三回読んでやっと頭に入るのです。

特に心に残ったものは、ページの下にも折り目をつけます。そうすることで、「あれどこに書いてあったっけ」という時に見つけやすくなるわけです。

時々もう折り目だらけになって、途中で折るのを諦める本もあります。もうきりがないと。


これは動画なのでできませんが、本だったらきっとそうしてページを折るのを諦める類のものでしょう。

だいぶ前にもご紹介しましたが、ランディ・パウシュの「最後の授業:子供の頃の夢の実現」です。





その中から心に残った言葉を書き出していきます(一応訳もつけますが、参考程度になさってください)。


1:10
We cannot change the card we are dealt, just how we play the hand.

我々は配られたカードを変えることはできない。(変えられるのは)その手札でどうプレーするかだけだ。


3:25
As you get older, you may find that enabling the dreams of others thing is even more fun.

歳をとるにつれて、(自分の夢を叶えるより)他の人の夢を叶えることのほうがより楽しいことに気づくだろう。


9:30
You've got to get the fundamentals down, because otherwise the fancy stuff isn't going to work.

基本に本気で取り組まなくてはならない。そうでなくては、すごいことなんてうまくいかないから。


9:57
When you are screwing up, and nobody's saying anything to you anymore, that means they gave up.

もし失敗したのに誰もあなたに何も言わなくなった時、それはその人たちがあなたのことを諦めたということを意味する(厳しく言われるうちが花)。


11:26
Experience is what you get when you didn't get what you wanted.

経験とは、欲しかったものが得られなかったときに手に入るものである。



Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。

なんとかまだ5位にとどまっています。応援お願いいたします。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.07 2012 今度こそ英語をものにするために comment5 trackback(-)
 HOME 

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索